ジェットでGO!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェットでGO!
ジャンル フライトシミュレーション
対応機種 PlayStation (PS)
開発元 ラクジン
発売元 タイトー
プロデューサー 加藤敏明
ディレクター 谷口敦
デザイナー 藤渡尊浩
二宮健
松尾尚史
岡昌樹
鈴木克己
プログラマー 松尾尚史
大西憲太郎
宮嶋実
石井秀典
井川徹弥
音楽 三澤宏之
美術 二宮健
川石徹
大良直盛
山崎淑子
靄田勝輝
和田憲
大槻勇一郎
シリーズ ジェットでGO!シリーズ
人数 1人
メディア CD-ROM
発売日 PS(JAL機内販売版)
日本 200002012000年2月1日
PS(通常版)
日本 200002032000年2月3日
デバイス PocketStation対応
専用コントローラ対応
その他 型式:
SLPM-86324(JAL機内販売版)
SLPM-86323(通常版)
SLPM-86812(廉価版)
テンプレートを表示

ジェットでGO!』(ジェットでゴー)は、2000年2月3日に日本のタイトーから発売されたPlayStationフライトシミュレーションゲーム。通常版の発売前となる2000年2月1日にパッケージが異なる日本航空の機内販売限定版が発売されている[1]

空港にて飛行機運航の離着陸を行う事を目的としており、日本航空が製作協力しているため登場する空港は全て実在するものとなっている。離着陸のみのフライトモード、巡航を行うクルーズモードの他、ミニゲームを収録している。開発はラクジンが行い、プロデューサーはアーケードゲームグリッドシーカー』(1992年)を手掛けた加藤敏明、ディレクターはアーケードゲーム『プチカラット』(1997年)を手掛けた谷口敦が担当している。

同年にゲームボーイカラー用ソフトとしてアルトロンから発売された他、2001年にはWindows 98/Me用ソフトとしてアンバランスから発売された。後に廉価版が発売されており、PlayStation版が2001年に「PlayStation the Best」として、Wiindows98/Me版が2006年に「爆発的1480シリーズ」として発売された。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

プレイヤーは主に離陸着陸を行うことがゲームの目的である。

フライトモード

離陸、着陸をうまく使って操縦技術を磨いていくモード。初級は全2フライト(離着陸各1回ずつ)、中級は全3フライト(離陸1回 着陸2回)、上級は全5フライト(離陸1回 着陸4回)となっている。

クルーズモード

旅客機の離陸、巡航、着陸の運行業務を一貫しておこなうモード。

空港[編集]

離着陸する空港は、実在する空港である

ミニゲーム[編集]

ゲーム中で一定の条件を満たすことにより、「トーイングカーでGO!」「マーシャラーでSTOP!」を遊ぶことができるようになる。PocketStationに「空ちゃんのドリンクサービス」をダウンロードすることもできる(こちらは条件はない)。

登場機体[編集]

通常機体

隠し機体

ボーイング737とMD-11はボーイング767ルートに、ボーイング777はボーイング747ルートに含まれる。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考 出典
1 ジェットでGO! 日本 200010272000年10月27日
ゲームボーイカラー アルトロン アルトロン 16メガビットロムカセット CGB-BJEJ-JPN
2 ジェットでGO! 日本 200104272001年4月27日
Windows 98/Me アンバランス アンバランス CD-ROM - 専用コントローラも同時発売[2] [3]
3 爆発的1480シリーズ
ジェットでGO!
日本 200610272006年10月27日
Windows アンバランス アンバランス CD-ROM VJG-315-1 廉価版

音楽[編集]

イメージソング「FLY TO LOVE」
  • 作詞、作曲:Dr.Haggy
  • 歌:白木由美&Junkie As Machine
  • レコーディング、ミックス・エンジニア:鎌田良和 (ZTT-JAM)
  • レコーディング・エンジニア:中西宗博 (ZTT)
  • スペシャル・サンクス:TASK MASTER

スタッフ[編集]

  • ゲームデザイン:藤渡 "FJT" 尊浩、二宮健、松尾尚史、岡昌樹(ラクジン)、鈴木克己(ラクジン)
  • 2Dキャラクターデザイン:二宮健、川石徹、大良直盛、山崎淑子(ラクジン)
  • 3Dキャラクターデザイン:靄田勝輝(ラクジン)、和田憲(ラクジン)、大槻勇一郎(ラクジン)、大里浩一(ラクジン)、山本成樹(ラクジン)、白戸誠(ラクジン)
  • ソフトデザイン:松尾尚史、大西憲太郎(ラクジン)、宮嶋実(ラクジン)、石井秀典(ラクジン)、井川徹弥(ラクジン)
  • ポケットステーション・ソフトデザイン:林康高
  • ムービーデザイン:福井敏博
  • スタッフロール・ムービーデザイン:大槻勇一郎(ラクジン)
  • 空ちゃんキャラクターデザイン:川石徹、藤渡 "FJT" 尊浩
  • 音楽:三澤宏之
  • 効果音、ナレーション編集:鎌田良和、佐藤智彦(ラクジン)
  • レコーディング、ミックス・エンジニア:鎌田良和 (ZTT-JAM)
  • BGMレコーディングスタジオ:ZTT STUDIO
  • 声優:野島昭生シグマ・セブン)、中山真奈美青二プロ)、国京砂織、鎌田良和
  • ナレーションレコーディングディレクター:野口貴由(81プロデュース
  • ナレーションレコーディングエンジニア:赤堀智廣(FMサウンズ)
  • ナレーションレコーディングスタジオ:FMサウンズ
  • ソフトウェアマニュアル:石毛達也、橋爪直人
  • 協力:日本航空日航商事ジェイエアイカロス出版月刊エアライン編集部、FMサウンズ、関西国際空港広島県広島西飛行場、ラクジン
  • アルバム監修、協力:月刊エアライン編集部
  • アルバム写真提供:阿施光南、伊藤久巳、小久保陽一、松崎豊一、西山卓美、上田哲郎、上船修二
  • ディレクター:谷口敦
  • プロデューサー:加藤敏明

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通28/40点 (PS)[4]
Gamers' RepublicC+ (PS)[5]
PlayStation版

ゲーム誌『ファミ通』の「クロスレビュー」では合計28点(満40点)となっている[4]

関連項目[編集]

前身[編集]

続編[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「ジェットでGO!」JAL機内販売限定版登場。独自パッケージで通常版より早くリリース”. SOFTBANK GAMES NEWS INDEX. ITmedia (2000年1月24日). 2021年4月10日閲覧。
  2. ^ 中村聖司 (2001年4月16日). “アンバランス、ForceFeedback機能に対応した「ジェットでGO!」専用コントローラを発売”. GAME Watch. インプレス. 2021年4月10日閲覧。
  3. ^ 中村聖司 (2001年2月22日). “ジェットでGO!発売情報”. Ascii.jp×ゲーム・ホビー. KADOKAWA. 2021年4月10日閲覧。
  4. ^ a b ジェットでGO! まとめ [PS]”. ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2021年4月10日閲覧。
  5. ^ Jet de GO! for PlayStation (2000)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2021年4月10日閲覧。

外部リンク[編集]