ジェットでGO!ポケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェットでGO!ポケット
ジャンル フライトシミュレーション
対応機種 PlayStation Portable[PSP]
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1人
発売日 [PSP]:2005年12月15日
[PSP]:2007年9月27日(エターナルヒッツ)
対象年齢 全年齢
テンプレートを表示

ジェットでGO!ポケット』とは、2005年タイトーが発売した、飛行機運行のシミュレーションゲーム日本航空が制作に協力している。

ゲーム概要[編集]

前作である『ジェットでGO!2』とは異なり、プレーヤーが操作できるのは離着陸のみとなっている。また、「フリークルーズモード」の削除や「タイム制」の導入等、様々な点でゲームのシステムが変更されている。

ゲームモード[編集]

  • フライトモード

離着陸を行い、先へ進んでいくゲーム。全5ラウンドをクリアすることが目的。

  • トライアルモード

機体、空港、天候、風速、時間帯を自由に設定して、着陸を行うゲーム。「リプレイモード」で再生できる。

  • フライトガイド

2005年現在現役のJALグループの旅客機の情報やゲーム内に登場する空港の情報を見ることができる。

  • リプレイモード

トライアルモードでプレイして、セーブしたものを再生することができる。カメラ切り替えで様々な視点から飛行中の機体を見ることができる。

登場機体[編集]

最初から使用できる機体

隠し機体

登場空港[編集]

前作で登場した名古屋空港(現・名古屋飛行場)中部国際空港の開港によりジェイエアを除くJALグループ定期路線の全てが新空港に移ったため、登場しない。また、ジェイエアの機材や中部国際空港自体も登場しない。

空港施設は発売された2005年当時のもので、関西国際空港のB滑走路や羽田空港のD滑走路は再現されていない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]