クラフト・ハインツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クラフトフーヅから転送)
移動先: 案内検索
クラフト・ハインツ・カンパニーのロゴ

クラフト・ハインツ・カンパニー: Kraft Heinz Company NASDAQ: KHC)は、アメリカの食品持株会社。2015年に投資会社バークシャー・ハサウェイ3Gキャピタルクラフトフーズ・グループハインツの合併を発表。この合併で世界第5位の食品メーカーとなった[1]。バークシャー・ハサウェイと3Gキャピタルは77%の株式を保有する。

傘下企業[編集]

2012年以降使用されている、クラフトフーズのロゴマーク

クラフトフーズ・グループ[編集]

歴史[編集]

  • ジェームズ・ルイス・クラフト(James L. Kraft)が1903年にシカゴでJ.L. Kraft & Bros. Company(J.L.クラフト兄弟商会)を創業。
  • 1924年、クラフトチーズ(: Kraft Cheese Company)に社名を変更。
  • 1945年、クラフトフーヅ(: Kraft Foods Company)に社名を変更。
  • 1988年、フィリップ・モリスに129億ドルで買収される。
  • 1989年、フィリップ・モリス傘下のゼネラルフーヅと合併。
  • 1990年、スイスのチョコレートメーカー・ヤコブス・スシャールを買収[2]
  • 2000年、フィリップ・モリスがナビスコを買収し、クラフトフーヅと合併させる。
  • 2007年3月30日、アルトリア(フィリップ・モリスより社名変更)はアルトリアの株主に対し、アルトリア株1株につきクラフトフーヅ株0.7株を割り当て、クラフトフーヅをスピン・オフする。これにより、クラフトフーヅは再び独立企業となった。
  • 2008年9月22日AIGと入れ替わりにダウ平均株価の構成銘柄となった(2012年の北米食品部門スピンオフに伴い、2012年9月21日をもって構成銘柄から除外された)。
  • 2010年1月19日、イギリスの食品大手キャドバリーを最大約119億ポンド(約1兆7600億円)で買収することで両者が合意に達したと発表。
  • 2010年4月16日、キャドバリーの買収手続が完了したと発表。菓子メーカーとしては世界最大となった。
  • 2012年10月1日、北米食品部門をスピン・オフして「クラフトフーズ・グループ」を設立し、グローバル市場向け部門はモンデリーズ・インターナショナルに商号変更。モンデリーズ(旧クラフトフーヅ)株式3株につきクラフトフーズ・グループ1株がモンデリーズ株主に割り当てられた。

ブランド[編集]

日本国内の商品展開は、森永乳業(製造は合弁会社・エムケーチーズ)にライセンスを供与の上行われている。

ハインツ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 米ハインツとクラフトが合併へ 食品・飲料で世界5位に朝日新聞デジタル、2015年3月26日)
  2. ^ http://www.kraftfoods.co.uk/kraft/page?siteid=kraft-prd&locale=uken1&PagecRef=2242&Mid=2242[リンク切れ]

外部リンク[編集]