リッツ (クラッカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リッツクラッカー リッツクラッカー
リッツクラッカー

リッツRitz)は、クラッカーのブランド名であり、1934年からナビスコが製造している。アメリカ合衆国外では、親会社のモンデリーズ・インターナショナルが製造している[1]。丸い形で、片面に軽く塩味がついており、縁はぎざぎざになっている。一度に食べると考えられる約5枚あたり、熱量79キロカロリー、タンパク質1g、脂質4gが含まれている。全粒粉のタイプでは、70キロカロリー、脂質は2.5gとなる。

歴史[編集]

リッツは1934年11月21日に初めて販売されたクラッカーである[2]。発売元のナビスコによると、富や魅力のイメージを呼び起こすため、ザ・リッツ・カールトンにちなんで名付けられたとされる[3]

アメリカ合衆国[編集]

販売されているリッツのタイプには、通常、低塩、低脂肪、全粒粉、シナモン味等がある[4]

アメリカ合衆国とカナダでは、2枚の小型のリッツの間に様々なフィリングを挟んだリッツ・ビッツ・サンドイッチが売られている。フィリングには、チーズ、ピーナツバタースモア等がある。1990年代初めと2000年代初めには、ピザ味が売られていた。プレーンのリッツ・ビッツも売られている。また、こんがりと焼いたリッツ・トースティド・チップスや細長いリッツ・スティックスも販売されている。

カナダ[編集]

カナダでも、通常、低塩、低脂肪、全粒粉、チェダー等、様々な味のリッツやリッツ・ビッツ・サンドイッチを入手することができる。

日本[編集]

2016年8月までヤマザキナビスコが日本向けに製造販売を行っていたリッツ。
2016年9月にモンデリーズ社製リッツが発売された当時の日本のスーパーマーケットのビスケット売り場

日本では、ヤマザキナビスコ(現・ヤマザキビスケット)の創業第1号の商品として1971年から販売が開始された。カスタードサンドリッツも販売されていたが絶販された。

また、阪神・淡路大震災後に保存食として注目が集まったことから、5年間保存可能なLサイズとSサイズの缶入りも販売されている。

ヤマザキナビスコとナビスコとの資本関係がなくなったあともナビスコ(のちにクラフトフーズモンデリーズ・インターナショナル)とのライセンス契約商品としてヤマザキナビスコが製造・販売していたが、2016年9月1日をもってモンデリーズとのライセンス契約が終了し、ヤマザキナビスコでの製造・販売が終了した。それ以降はモンデリーズの日本法人であるモンデリーズ・ジャパンから製造・販売されている。チーズサンドリッツも同社からの製造・販売になった[5][6][7][8]

ヤマザキナビスコでの製造は日本国内の工場で行っていたが、モンデリーズ・ジャパンでの製造はインドネシアジャカルタ郊外の工場で行われ、輸入販売となる[9]

パッケージはモンデリーズへの移行後はヤマザキナビスコ時代のイメージを残して新たなものに変わった。

CM出演者(日本)[編集]

ヤマザキナビスコ(1971-2016)
モンデリーズジャパン(2016-)

出典[編集]

  1. ^ Bowers, Simon (2006年7月11日). “Shake-up in ownership of food brands”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/food/Story/0,,1817629,00.html 2010年5月22日閲覧。 
  2. ^ Olver, Lynne. “Research: Ritz Crackers”. 2009年5月2日閲覧。
  3. ^ 日本のヤマザキナビスコによると、「上品な」、「高級な」という意味の英単語ritzyに由来するとされている。
  4. ^ RITZ IT UP! - NabiscoWorld
  5. ^ ライセンス契約終了に伴う商号変更等のお知らせ (PDF)”. ヤマザキナビスコ (2016年2月12日). 2016年2月12日閲覧。
  6. ^ “「ヤマザキナビスコ」、ライセンス契約終了で社名変更へ 「オレオ」「リッツ」など製造終了”. ITmedia. (2016年2月12日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1602/12/news111.html 
  7. ^ “山崎パン、ヤマザキナビスコの商号変更 米社との契約終了で”. 日本経済新聞. (2016年2月12日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL12HED_S6A210C1000000/ 
  8. ^ a b “長谷川博己が“リッツパーティー”継承!オレオ・大森南朋と新CM起用”. スポーツニッポン. (2016年9月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/06/kiji/K20160906013305600.html 2016年9月27日閲覧。 
  9. ^ “「オレオ」「リッツ」販売継承 モンデリーズ・ジャパン、9月から輸入に”. 毎日新聞. (2016年5月27日). http://mainichi.jp/articles/20160527/dde/012/020/010000c 2016年9月6日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]