クフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
<
Aa1 G43 I9 G43
>

クフの ヒエログリフ表記
クフ王の像(エジプト考古学博物館蔵)
クフの大ピラミッド
復原されたクフ王第一の船

クフヒエログリフ: <-𓐍-𓅱-𓆑-𓅱->、Khufu - フーフー; 紀元前26世紀、在位紀元前2589年 - 紀元前2566年)は古代エジプト古王国時代ファラオカフラーの父。ギーザ三大ピラミッドのうち最大の大きさを誇る、いわゆるクフ王のピラミッドを造営したことで知られる。

名前[編集]

「クフ」と言う名は「クヌム神に護られしもの」を意味する「クヌム・クフ・ウイ」(khnum-khufwy)を簡略化したものとされ、ギリシア語ではケオプス(Cheops)と称される。

人物[編集]

ヘロドトスの『歴史』によれば、国民の苦しみも顧みずに大規模な土木事業を繰り返した暴君とされるが、実際にはこの事業がしばしばおこったナイル川氾濫で一時的に職を失った農民のための失業対策であったとされる。しかし、この大事業が代々繰り返されたことで国力は疲弊し、古王国時代は終焉を迎えることとなった。

参照[編集]

先代:
スネフェル
古代エジプト王
22代
紀元前2589年-紀元前2566年
次代:
ジェドエフラー
先代:
スネフェル
エジプト第4王朝
2代
紀元前2589年-紀元前2566年
次代:
ジェドエフラー