ペピ1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペピ1世
Pepi I,pepi I Meryre
PepiI-CopperStatue-Cropped.png
古代エジプトファラオ
統治期間 前2332年頃~前2283年頃,エジプト第6王朝
前王 ウセルカラー
次王 メルエンラー1世
配偶者 メリタテス4世アンクネスペピ1世英語版アンクネスペピ2世英語版
子息 メルエンラー1世ペピ2世
テティ
イプト1世英語版

ペピ1世(ペピ1せい)とは、エジプト第6王朝の3代ファラオである。

生涯[編集]

テティの子として生まれる。紀元前2332年、実質的な叛乱を起こした、弟で第2代ファラオのウセルカラーを退位させ、自らが王となった。彼はテティの政治手法を受け継ぎ、有力豪族クワイ家の娘を娶った。ウェ二英語版という名の者を登用し、パレスチナの支配権を得るなど、順調に政治を進めていった。元々ウェ二は下級官吏だったが、ペピ1世の妃による陰謀が発覚した際にそれを取調べる裁判官に任じられたことで、高官となった。こうして平和な49年間の統治を終え、紀元前2283年に崩御。現在、彼のピラミッドメンネフェル・ペピの名で知られている。

家族[編集]