オーストラリア有袋類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オーストラリア有袋類
Sumpfwallabycele4.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
下綱 : 後獣下綱 Metatheria
上目 : 有袋類 Marsupialia
大目 : オーストラリア有袋大目 Australidelphia
学名
Australidelphia
Szalay, 1982
和名
オーストラリア有袋類[1]
豪州袋類[2]
現生目

オーストラリア有袋類(オーストラリアゆうたいるい、Australidelphia)または豪州袋類(ごうしゅうふくろるい)は有袋類の系統群。有袋類のおよそ4分の3が含まれる。チロエオポッサム南アメリカ)を除き、オーストラリアに分布する。南アメリカのチロエオポッサムの系統は最も基盤的であることが遺伝子の解析からわかっている[3][4]。この分類群に対してはEuaustralidelphiaという名前も提唱されている[4]

有袋類の中では南アメリカ大陸に分布するオポッサム形目少丘歯目が基盤的であることがわかっている。このことから、オーストラリア有袋類は他の現生有袋類の系統とともに南アメリカで誕生し、ミクロビオテリウム目が分岐した後に、一度の移動で南極を経由してオーストラリアに至ったと考えられる[3][4]

系統[編集]

May-Collado, Kilpatrick & Agnarsson 2015[5] にBlack et al. 2012[6]による絶滅分類群を加えた分岐図。

オーストラリア有袋類
ミクロビオ
テリウム目

Woodburnodontidae

ミクロビオテリウム科 Microbiotheriidae

Microbiotheria
Eometatheria
Polyprotodontia
フクロモグラ形目

フクロモグラ科 Notoryctidae

Notoryctemorphia
バンディクート形目

Yaralidae

ミミナガバンディクート科 Thylacomyidae

バンディクート科 Peramelidae

ブタアシバンディクート科 Chaeropodidae

Peroryctidae

Peramelemorphia
フクロネコ形目

フクロオオカミ科 Thylacinidae

フクロアリクイ科 Myrmecobiidae

フクロネコ科 Dasyuridae

Dasyuromorphia
双前歯目
ウォンバット型亜目

コアラ科 Phascolarctidae

ティラコレオThylacoleonidae

?†Wynyardiidae

Ilariidae

Maradidae

ウォンバット科 Vombatidae

Palorchestidae

ディプロトドンDiprotodontidae

Vombatiformes
Phalangerida
クスクス型亜目

ブーラミス科 Burramyidae

クスクス上科

クスクス科 Phalangeridae

?†Pilkipildridae

Ektopodontidae

Miralinidae

Phalangeroidea
Phalangeriformes
カンガルー型亜目
フクロモモンガ上科

チビフクロモモンガ科 Acrobatidae

フクロミツスイ科 Tarsipedidae

フクロモモンガ科 Petauridae

リングテイル科 Pseudocheiridae

Petauroidea
カンガルー上科

?†Balbaridae

ニオイネズミカンガルー科 Hypsiprymnodontidae

ネズミカンガルー科 Potoroidae

カンガルー科 Macropodidae

Macropodoidea
Macropodiformes
Diprotodontia
Australidelphia

脚注[編集]

  1. ^ 遠藤秀紀「第1章 有袋類の多様性」『有袋類学』東京大学出版会、2018年、1-25頁。
  2. ^ 冨田幸光『新版 絶滅哺乳類図鑑』伊藤丙雄・岡本泰子イラスト、丸善出版、2011年、15, 53, 60-61頁。
  3. ^ a b Schiewe, Jessie (2010年7月28日). “Australia's marsupials originated in what is now South America, study says”. Los Angeles Times. 2010年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月1日閲覧。
  4. ^ a b c Nilsson, M. A.; Churakov, G.; Sommer, M.; Van Tran, N.; Zemann, A.; Brosius, J.; Schmitz, J. (2010-07-27). Penny, David. ed. “Tracking Marsupial Evolution Using Archaic Genomic Retroposon Insertions”. PLOS Biology 8 (7): e1000436. doi:10.1371/journal.pbio.1000436. PMC 2910653. PMID 20668664. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2910653/. 
  5. ^ May-Collado (2015). “Mammals from 'down under': a multi-gene species-level phylogeny of marsupial mammals (Mammalia, Metatheria).”. PeerJ 3 (e805): e805. doi:10.7717/peerj.805. PMC 4349131. PMID 25755933. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4349131/. 
  6. ^ Black (2012). “The Rise of Australian Marsupials: A Synopsis of Biostratigraphic, Phylogenetic, Palaeoecologic and Palaeobiogeographic Understanding”. Earth and Life. Springer Netherlands. pp. 983–1078. doi:10.1007/978-90-481-3428-1_35. ISBN 9789048134274