ティラコレオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティラコレオ
Thylacoleo BW.jpg
ティラコレオ(想像図)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
下綱 : 後獣下綱 Metatheria
上目 : 有袋上目 Marsupialia
: カンガルー目 Diprotodontia
: フクロライオン科 Thylacoleonidae
: ティラコレオ属 Thylacoleo
学名
Thylacoleo
Owen1859
和名
フクロライオン
英名
Marsupial Lion
  • T. carnifex

ティラコレオ (Thylacoleo) は新生代漸新世から更新世(約2,400万 - 約5万年前)にかけてのオーストラリア大陸に生息していた有袋類の捕食者。カンガルー目 - ティラコレオ科に属する絶滅したである。属名は「有袋ライオン」の意味。和名フクロライオン英名では Marsupial Lion と呼ばれる。

獰猛な肉食獣であったとされるが、草食動物である現生のクスクス(ユビムスビ)に近縁である[1]

形態[編集]

T. carnifex の頭骨断片のスケッチ。リチャード・オーウェンによる。

頭胴長1.2 - 1.3メートル、頭骨長約25センチメートル、[2]体重は100キログラム程[3]。小型のヒョウほどの大きさと体格であったと推定されている。強力なと発達した前肢を持った逞しい体形で、前肢の親指は他の指と対向でき、太く、出し入れできる鉤爪があった[4]。また上下のには切歯が発達した鋭いと、上下第三小臼歯及び下顎第一大臼歯からなる大型の裂肉歯を持っていた[2]。咬む力は強く、オーストラリアニューキャッスル大学の研究によれば、ブチハイエナの約2.5倍に達したと推定されている[4]。植物食のクスクスと近縁である事からくる先入観と[4]、裂肉歯の噛み合わせの形状が中生代白亜紀ケラトプス科の持つ頬歯列に類似している事などから[5]、これを果実を食べるおとなしい植物食の動物だったとする学説も存在した。しかし発見されたの咬面の磨耗の状態は肉食によるものであることが明らかで、植物食とは考えられず、現在では活発な捕食者だったと考えられている。鋭い切歯が他の多くの肉食性哺乳類の犬歯の役割を果たし、これによって獲物に致命傷を与えたものと思われる。

生態[編集]

森などに生息していたと推定される[6]。速く走ることができなかったため、獲物に忍び寄るか、木に登って待ち伏せをして飛び降り、大型草食動物を襲撃したと推定されている。

[編集]

近年オーストラリアを騒がせている未確認生命体「Marsupial Tiger Cat」を、この動物の生き残りとする研究者もいる[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『絶滅巨大獣の百科』 122頁
  2. ^ a b 『絶滅哺乳類図鑑』 49頁
  3. ^ 『地球を支配した恐竜と巨大生物たち』 126頁
  4. ^ a b c 『地球を支配した恐竜と巨大生物たち』 129頁
  5. ^ 『絶滅巨大獣の百科』 123頁
  6. ^ 『地球を支配した恐竜と巨大生物たち』 128頁

関連項目[編集]

参考文献[編集]