ローラシア獣上目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ローラシア獣上目
Laurasiatheria.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
下綱 : 真獣下綱 Eutheria
階級なし : 有胎盤類 Placentalia
階級なし : 北方真獣類 Boreoeutheria
上目 : ローラシア獣上目 Laurasiatheria
学名
Laurasiatheria Waddell et al., 1999[1]
[2]

ローラシア獣上目(ローラシアじゅうじょうもく、Laurasiatheria)は、哺乳類真獣下綱の現生群(有胎盤類)の4つの下位タクソン(分類群)の1つ。ローラシアテリアとも。

DNA配列を解析してレトロトランスポゾン有無データによって定義された。「ローラシア獣」の名前は、これらの動物が、パンゲア超大陸の分裂時にゴンドワナ大陸と分かれたローラシア大陸で進化したという説によるもの。姉妹群真主齧上目で、あわせて単系統ボレオユーテリア(北方真獣類)をなす。

分類[編集]

現生[編集]

現生6が含まれる[2]

系統[編集]

ローラシア獣類の系統関係には、次のようなものが推定されている(ハリネズミ形目、トガリネズミ形目、鱗甲目以外をNishihara et al., 2006によった)。

北方真獣類
ローラシア獣上目
真無盲腸類 Eulipotyphla

ハリネズミ形目 Erinaceomorpha

トガリネズミ形目 Soricomorpha

Scrotifera

鯨偶蹄目 Cetartiodactyla

ペガソフェラエ Pegasoferae
広獣類 Ferae

鱗甲目 Pholidota

食肉目 Carnivora

奇蹄目 Perissodactyla

翼手目 Chiroptera

真主齧上目

これは2006年に新しいレトロトランスポゾンの解析で得られたものを元にしている。ただし、真無盲腸類と広獣類の単系統性はあるていど受け入れられているが、レトロトランスポゾンでは結論が出ていない。Pegasoferae はこの研究で新しく単系統性が支持されたグループで、それ以前はほとんど予想されていなかった。

ほかに、次のような単系統を置く説がある(あるいはあった)。

  • 猛獣真有蹄類 Fereuungulata = 広獣類 + 奇蹄目 + 鯨偶蹄目 : この系統を支持する証拠も多い
  • 友獣類 Zooamata = 広獣類 + 奇蹄目 : 現時点では否定も肯定も難しい
  • 有蹄類 Ungulata = 奇蹄目 + 鯨偶蹄目 : 近年[いつ?]は否定されつつある

絶滅[編集]

以下の絶滅目が含まれる。

出典[編集]

  1. ^ Waddell, Peter J.; Okada, Norihiro; Hasegawa, Masami; Olmstead, R. (1999). “Towards Resolving the Interordinal Relationships of Placental Mammals”. Systematic Biology 48 (1): 1–5. doi:10.1093/sysbio/48.1.1. ISSN 1076-836X. 
  2. ^ a b Connor J. Burgin, Jane Widness & Nathan S. Upham, “Introduction,” In: Connor J. Burgin, Don E. Wilson, Russell A. Mittermeier, Anthony B. Rylands, Thomas E. Lacher & Wes Sechrest (eds.), Illustrated Checklist of the Mammals of the World, Volume 1, Lynx Edicions, 2020, Pages 23-40.

参考文献[編集]

  • William J. Murphy, Eduardo Eizirik, Mark S. Springer et al., Resolution of the Early Placental Mammal Radiation Using Bayesian Phylogenetics,Science, Vol 294, Issue 5550, 2348-2351 , 14 December 2001.
  • Jan Ole Kriegs, Gennady Churakov, Martin Kiefmann, Ursula Jordan, Juergen Brosius, Juergen Schmitz. (2006) Retroposed Elements as Archives for the Evolutionary History of Placental Mammals. PLoS Biol 4(4): e91.[1] (pdf版)
  • Kitazoe Y, Kishino H, Waddell PJ, Nakajima N, Okabayashi T, et al. (2007) "Robust Time Estimation Reconciles Views of the Antiquity of Placental Mammals." PLoS ONE 2(4): e384. doi:10.1371/journal.pone.0000384
  • Nishihara, H., Hasegawa, M. & Okada, N. (2006), Pegasoferae an unexpected mammalian clade revealed by tracking ancient retroposon insertions. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 103, 9929-9934.[2]