火獣目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
火獣目 Pyrotheria
ピロテリウム
地質時代
暁新世 - 漸新世
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
下綱 : 真獣下綱 Eutheria
上目 : †午蹄中目Meridiungulata
: 火獣目 Pyrotheria

火獣目(かじゅうもく、Pyrotheria)は哺乳類の絶滅したの一つ。新生代暁新世から漸新世中期にかけて、南アメリカに分布していた。ピロテリウム科Pyrotheriidae、コロンビテリウム科Colombitheriidaeを含む。また、異蹄目Xenungulataと統合しカロドニア科Carodniidaeをこの目に含める分類もある。

ピロテリウムのような大型種では体長3mに達する。バクサイなどにも似た短い首とがっしりした体つきを持ち、五指のある足を持つ。南米の亜熱帯ステップや森林地帯に住み草食をもって生活していたと考えられる。

南アメリカ大陸で独自に進化をとげた有蹄哺乳類、午蹄中目の一群と考えられているが、他の動物との系統関係は明らかになっていない。

火獣Pyrotheriaというユーモラスな目名は、フロレンティーノ・アメギノによる命名である。これは本目を代表するピロテリウムの化石が火山の凝灰岩の地層から発見されたことに由来するものであって、火を吐くわけではない。