オザワ部長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オザワ部長(オザワぶちょう、1969年[1]10月6日[2] - )は、日本の吹奏楽作家である。

人物・来歴等[編集]

神奈川県横須賀市出身。神奈川県立横須賀高等学校[3]早稲田大学第一文学部文芸専修を卒業[1]

活動[編集]

全国各地の学校の吹奏楽部や吹奏楽団を取材し、書籍や雑誌、Web媒体、CDのブックレット[4][5]に執筆するほか、トークショーやラジオ番組[1][6]、吹奏楽指導者のためのDVD[7]にも出演する。

著書[編集]

  • 『みんなのあるある吹奏楽部』(2013年、新紀元社、編著)
  • 『みんなのあるある吹奏楽部 ゴールド』(2014年、新紀元社、編著)
  • 『あるある吹ペディア オザワ部長のオモシロ吹奏楽部大事典!?』(2015年、学研プラス)
  • 『オザワ部長の吹奏楽部物語 翔べ!私たちのコンクール』(2015年、学研パブリッシング)
  • 『吹部ノート』(2015年、ベストセラーズ)
  • 『きばれ!長崎ブラバンガールズ 藤重先生と活水吹部7か月の奇跡』(2016年、学研プラス、藤重佳久との共著)
  • 『中学生ブラバン天国 オザワ部長のあるある吹部訪問』(2016年、学研プラス)
  • 『吹部ノート2』(2016年、ベストセラーズ)
  • 『もしも楽器が吹奏楽部員だったら!? ある吹部での出来事』(2016年、ベストセラーズ、監修)
  • 『吹奏楽器擬人化まんが』(2017年、KADOKAWA、監修・コメント)
  • 『サヨナラノオト ブラバンガールズの約束』(2017年、学研プラス)
  • 『あるある吹奏楽部の逆襲!』(2017年、新紀元社、編著)
  • 『吹部ノート3』(2017年、ベストセラーズ)
  • 『一球入魂!一音入魂! 甲子園に響け!熱援ブラバン・ダイアリー』(2018年、学研プラス)
  • 『最強!大阪桐蔭高校吹奏楽部 梅田先生と部員170名の青春ラプソディ』(2019年、学研プラス)
  • 『吹奏楽部アナザーストーリー』上巻・下巻(2019年、ベストセラーズ)

上記のほか、全日本吹奏楽コンクールの年刊ムック『吹奏楽の星』(朝日新聞出版)にも寄稿している。

CD[編集]

  • 王様の箱 吹奏楽名曲集(キングレコード、2016年) - 選曲・ライナーノーツ
  • ゴールド、金賞! 全日本吹奏楽コンクール人気曲ベスト(キングレコード、2017年) - 選曲・ライナーノーツ
  • オザワ部長presents全日本吹奏楽コンクール名演ベスト(キングレコード、2018年) - 選曲・ライナーノーツ

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

連載[編集]

その他[編集]

  • 学ランを着用している。OTTAVAのコンサートや公開生中継、吹奏楽のイベントには学ラン姿で出演する[26]
  • 「Bravo Brass」が『OTTAVA Salone』内のコーナーだった時期、番組ページにはプレゼンター(一般のラジオ局におけるディスクジョッキーパーソナリティにあたる)としての紹介はなかった。しかし、ともにコーナーを進行していた森雄一は、番組内で「ゲストではなく、私と一緒にやっているパーソナリティ」(2015年11月13日)、「(吹奏楽分野では)OTTAVAを代表するプレゼンター」(2016年1月8日)と説明していた。『OTTAVA Bravo Brass』の番組ページ[27]にはちゃんと紹介が掲載されている。
  • 現役当時はアルト・テナー・バリトンの3種のサックスを担当。現在はソプラノサックスとアルトサックスを吹く。所有するソプラノサックス(ヤマハ YSS-875)の名前「ヤマ和(お)」を命名したのはSKE48古畑奈和[1]。ほかに、セルマーのサックス「セル夫」[28]を所有。『OTTAVA Bravo Brass』(2017年7月15日)にゲスト出演した本多俊之と『マルサの女』テーマ曲を合奏した際は、本多のアルトサックスを借りて演奏した[29]
  • 好きな吹奏楽曲は内藤淳一『吹奏楽のためのインヴェンション第1番』、フィリップ・スパーク宇宙の音楽』とのこと[27]
  • 2017年9月17日、トーク&交流イベント「オザワ部長のあるある吹奏楽部〜吹奏楽ファン交流会〜」に出演した[30][31]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 自身の吹奏楽情報サイト「ある吹net」掲載のプロフィール
  2. ^ Twitterへの投稿(2018年10月2日)
  3. ^ Twitterへの投稿(2018年8月19日)”. 2018年8月23日閲覧。
  4. ^ ある吹net(2016年7月7日)”. 2016年12月10日閲覧。
  5. ^ ある吹net(2016年12月8日)”. 2016年12月10日閲覧。
  6. ^ 『中学生ブラバン天国 オザワ部長のあるある吹部訪問』著者紹介。
  7. ^ 部活指導者向けDVD|吹奏楽|ジャパンライム”. 2017年1月1日閲覧。
  8. ^ 番組ブログ(2014年3月5日)”. 2016年11月1日閲覧。
  9. ^ ある吹net(2015年11月5日)”. 2016年11月1日閲覧。
  10. ^ ある吹net(2016年10月1日)”. 2016年11月1日閲覧。
  11. ^ NHK大阪放送局ブログ(2016年11月2日)”. 2016年11月1日閲覧。
  12. ^ 現役の吹奏楽部員を応援し、リスナーに吹奏楽の楽しさを伝える番組。吹奏楽の最新情報、オザワ部長の吹奏楽活動(=吹活)レポートや、吹奏楽部・楽団からエントリーされた音源などを紹介する。OTTAVA Bravo Brass~ブラバンピープル集まれ!オザワ部長のLet’s吹奏楽部(OTTAVA公式サイト)”. 2016年11月18日閲覧。
  13. ^ ある吹net(2016年11月18日)”. 2017年2月8日閲覧。
  14. ^ 音楽やライフスタイルについての情報を雑誌感覚で紹介する録音番組。無料で24時間視聴可能。YouTubeで配信される。
  15. ^ OTTAVA Mall「芸劇ウインド・オーケストラ第3回演奏会~バッハから新垣隆まで~」(OTTAVA公式サイト)”. 2017年2月8日閲覧。
  16. ^ ある吹net(2017年2月8日)”. 2017年2月8日閲覧。
  17. ^ ある吹net(2017年6月15日)”. 2017年6月15日閲覧。
  18. ^ Facebookへの投稿(2017年12月30日)”. 2018年2月1日閲覧。
  19. ^ Facebookへの投稿(2018年7月29日)”. 2018年7月30日閲覧。
  20. ^ Facebookへの投稿(2019年10月25日)”. 2019年11月1日閲覧。
  21. ^ 番組公式ページ”. 2019年3月26日閲覧。
  22. ^ 『奏でるコトバ、響くココロ』一覧ページ(朝日新聞デジタル)”. 2017年7月22日閲覧。
  23. ^ ある吹net(2017年7月12日)”. 2017年7月22日閲覧。
  24. ^ OTTAVAへようこそ! Vol.4(『ぶらあぼ』2018年6月号)”. 2018年7月12日閲覧。
  25. ^ OTTAVAへようこそ! Vol.5(『ぶらあぼ』2018年7月号)”. 2018年7月12日閲覧。
  26. ^ Facebook「Ottava LFJ 2016 Special」アカウントの投稿(2016年5月5日)”. 2016年11月1日閲覧。
  27. ^ a b OTTAVA Bravo Brass~ブラバンピープル集まれ!オザワ部長のLet’s吹奏楽部(OTTAVA公式サイト)”. 2016年11月18日閲覧。
  28. ^ ブログ「【あるある吹奏楽部】オザワ部長ブログ!」のプロフィール”. 2016年11月1日閲覧。
  29. ^ ある吹net(2017年7月12日)”. 2017年7月22日閲覧。
  30. ^ ある吹net(2017年7月12日)”. 2017年8月2日閲覧。
  31. ^ オザワ部長のあるある吹奏楽部 〜吹奏楽ファン交流会〜 #あるある吹奏楽 #カルカル(Togetter、2017年9月17日)”. 2017年9月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]