ウルトラス・ニッポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウルトラス・ニッポン(ULTRA' NIPPON、ULTRAS NIPPON)は、サッカー日本代表サポーター集団。通称は省略して「ウルトラス」[1]

概要[編集]

1980年代後半から植田朝日を中心とした仲間同士で国立競技場のゴール裏に集まり日本代表を応援していたのが始まり[1]で、サッカー専門誌で「ゴール裏の新人類」として紹介されていた[2]

1992年(平成4年)に広島県で行われたAFCアジアカップ1992で日本が初優勝した際に、一般観客を巻き込んだ大掛かりなサポート[3]が注目を集め、マスコミに取り上げられるようになった[1][4]。ウルトラスの応援スタイルの原点となったこの年を創立年としている[1]。以来、日本代表の試合の際にはアジアのみならず世界中の試合会場に赴き、横断幕をスタンドに揚げ応援活動を行っている[5]

1993年(平成5年)に日本代表の応援CDを発売するにあたりレコード会社からグループ名を要望され[1]、日本国外の熱狂的なサポーター集団がウルトラスを名乗っているケースが多い事[1]と、自分達が日本人であることからウルトラス・ニッポンと命名した[1]。ウルトラスの公式サイトによると「10年以上、この名称で活動しているので思い入れはあるが、気の合った仲間同士が集っているだけであって基本的には名前は何でもいい」としている[5]。また植田をリーダーや代表として紹介される事が多い[1]が、有料制のサポータークラブやファン組織ではなく非会員組織である[1]。日本国内での応援時はホームゴール側に陣取っており、かつては国立競技場開催時のみアウェイ側(12番ゲート)で応援していた[6]。2010年(平成22年)に行われた東アジアサッカー選手権以降からはホーム側に陣取っている[1][7][8]

応援スタイル[編集]

シンボルマーク[編集]

シンボルマークは2種類ある[9]1995年(平成7年)から使用されているシンボルマークは、男性の顔の周囲に「You'll Never Walk Alone」(君は決して一人じゃない)と記されている[9]2000年(平成12年)から使用されているシンボルマークは、ヨーロッパ風の盾の周囲に「Welcome to Blue Heaven」(ようこそ、青い天国へ)と記されているが、このフレーズは1993年10月にカタールドーハで行われた1994 FIFAワールドカップアジア最終予選の韓国戦で日本が勝利した翌日、10月26日の地元紙『ガルフ・タイムス』の一面で「Welcome to Blue Heaven」と題して紹介されたことに由来している[9]

主なチャント[編集]

アメリカへ行こう
1994 FIFAワールドカップ・アジア地区予選で歌われていた『リパブリック讃歌』のメロディに乗せたチャント[10]で、サビの部分を「アメリカワールドカップへ皆で行こう」というサポーターの心情に替えたもの[10]
翼をください
1971年(昭和46年)に赤い鳥により発表された『翼をください』のサビの部分を「フランスワールドカップへ必ず行こう」というサポーターの心情に替えた[11]チャントで、1998 FIFAワールドカップ・アジア予選の際に唄われた[11]。同予選で代表チームが苦戦を続けていた際に、1996年(平成8年)に経営難の鳥栖フューチャーズや、解散した同クラブの受け皿として1997年(平成9年)に設立されたサガン鳥栖のサポーターが歌っていたことや、誰もが知っていて気持ちが伝わる曲として、この曲が選ばれた[11][注 1]
アイーダ
ジュゼッペ・ヴェルディが作曲した全4幕で構成されるオペラ、第2幕第2場の「アイーダ#凱旋行進曲」の旋律を取り入れたチャントで、1992年のキリンカップの頃から唄われている[12]が、元々はイタリアのフィオレンティーナのサポーターが使用していた[12]2002 FIFAワールドカップの際、普段歌っている「バモ!ニッポン」 (Vamos Nippon) ではテンポが悪いため[13]、老若男女問わず多くの人々が知っていて簡単なもの、尚且つスタジアムの雰囲気が壊れないものとして採用した[13][注 2]
ジンギスカン
ドイツの音楽グループジンギスカン1979年に発表したヒット曲『ジンギスカン』のメロディに乗せたチャントで、2006 FIFAワールドカップ・アジア予選の際に唄われていたが、スポーツライターの宇都宮徹壱から「平和の時代の歌であって、戦時下の歌ではない。余裕のない真剣勝負には不向きだ」と批判を受けた[15]
バモ!ニッポン
バモス(VAMOS)とはスペイン語で『さあ、行こう』の意。日本代表サポーターの代表的なチャントとして頻繁に歌われている[13]が、植田は2006年(平成18年)に出版した自著の中で「バモ!ニッポンは簡単で歌いやすい反面、テンポが速くなりすぎて大学生の飲み会のような状態になってしまう。これではスタジアム全体がまとまる事はむずかしい」と記している[13]。またスポーツライターの金子達仁二宮清純との対談において「チャンスを迎えても、ピンチになってもオー・バモニッポンと変わらずに歌っているのはおかしい」と批判した[16]

CD[編集]

シングル・ミニアルバム[編集]

アルバム[編集]

  • HISTORY OF ULTRAS(2001年12月28日)
  • ULTRAS 2002(2002年5月16日)
  • ULTRAS 2006(2006年4月12日)
  • ULTRA' NIPPON 2000-2007(2007年7月3日)
  • ULTRAS 2010(2010年5月24日)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 植田は翼をくださいについて「ワールドカップ出場が決まった後にテレビで山本潤子(元赤い鳥のボーカル)っておばさんが「私と朝日さんがいろいろ相談して私の曲(翼をください)を選んでくれた」と主張していたが、実際に会ったこともない」と発言している[11]
  2. ^ 作家のサイモン・クーパーは自著「ナノ・フットボールの時代」の中で「凱旋行進曲」の旋律を唄う日本サポーターについて「日本のファン気質は愛国的というより国際的な印象を受ける。これがナショナリズムなら害のない休日用のナショナリズムだ」と評した[14]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 植田 2002、10-12頁
  2. ^ 日本サッカー狂会、162-164頁
  3. ^ 後藤 1996、320-321頁
  4. ^ 日本サッカー狂会、174-175頁
  5. ^ a b “WHAT'S ULTRAS”. ULTRA' NIPPON. http://ultrasnippon.com/whats.html 2011年6月16日閲覧。 
  6. ^ この間、ホーム側では別のグループがホーム側を統制していた
  7. ^ 現在、日本代表のアウェイ側ゴール裏(国立の12番ゲート)で活動しているのは「Number12」を中心とするグループであり、事実上引き継いでいる
  8. ^ 国立2連戦はホーム側 ULTRAS NIPPON Official BLOG
  9. ^ a b c 植田 2002、12-14頁
  10. ^ a b 大住良之『アジア最終予選 -- サッカー日本代表 2006ワールドカップへの戦い』双葉社、2005年(平成17年)、168-171頁
  11. ^ a b c d 日本サッカー狂会、242頁
  12. ^ a b 日本サッカー狂会、170頁
  13. ^ a b c d 植田 2006、41-43頁
  14. ^ サイモン・クーパー著、土屋晃、近藤隆文訳『ナノ・フットボールの時代』双葉社、2003年(平成15年)、210頁
  15. ^ 宇都宮徹壱 (2005年2月10日). “「ジンギスカン」は聴こえたか?(1/2)”. スポーツナビ. http://archive.sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/column/200502/at00003921.html 2011年6月16日閲覧。 
  16. ^ “浦和は善戦だったか?”. 二宮清純責任編集 SPORTS COMMUNICATIONS. (2008年1月10日). http://www.ninomiyasports.com/sc/modules/bulletin/article.php?storyid=216 2011年6月16日閲覧。 

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]