イーグルス・グレイテスト・ヒッツ 1971-1975

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イーグルス・グレイテスト・ヒッツ 1971-1975
イーグルスベスト・アルバム
リリース
録音 1971年 - 1975年
ジャンル ロック
レーベル アサイラム・レコード
プロデュース グリン・ジョンズ
ビル・シムジク
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(ビルボード
  • 2位(イギリス
  • イーグルス 年表
    呪われた夜
    (1975年)
    グレイテスト・ヒッツ 1971-1975
    (1976年)
    ホテル・カリフォルニア
    (1976年)
    テンプレートを表示

    イーグルス・グレイテスト・ヒッツ 1971-1975』(Their Greatest Hits 1971-1975)は、1976年に発表されたイーグルスベスト・アルバム。全米1位・全英2位を記録した。

    デビューからの彼らの軌跡をまとめた最初のベスト盤で、アメリカ合衆国だけで2018年現在までに3800万枚以上を売り上げ、全米歴代1位のセールスを記録している(2位はマイケル・ジャクソンの『スリラー』)。また、1982年に発売された第2弾ベスト『グレイテスト・ヒッツ VOL.2』も、アメリカ合衆国だけで1,100万枚以上、世界では4,100万枚以上と、この2枚は2015年現在世界で最も売れたベスト・アルバムである(2位はビートルズの『ザ・ビートルズ1』)。

     当時イーグルスは、デビュー・アルバムから毎年1枚のペースでアルバムを発表していたが、1975年6月にリリースされた『呪われた夜』の次の作品が出来上がる気配が一向にバンドからあがってこなかった。これに頭を抱えたレコード会社はベストアルバムのリリースを画策した。しかし、この「時間つなぎ」的なベストアルバムは、爆発的な売り上げを記録したのである。

    1972年のデビュー曲「テイク・イット・イージー」から1975年発表のアルバム呪われた夜』までの楽曲が収録されている。いわゆる初期ベストなので、当時はかなり需要のあったアイテムだったが、現在はオールタイム・ベストなども幾つか発売されている。それでも90年代以降も確実に売上を伸ばしており、アメリカにおけるイーグルスの存在感を示している。

    収録曲[編集]

    Side 1
    1. テイク・イット・イージー - Take It Easy
    2. 魔女のささやき - Witchy Woman
    3. いつわりの瞳 - Lyin' Eyes
    4. 過ぎた事 - Already Gone
    5. ならず者 - Desperado
    Side 2
    1. 呪われた夜 - One of These Nights
    2. テキーラ・サンライズ - Tequila Sunrise
    3. テイク・イット・トゥ・ザ・リミット - Take It to the Limit
    4. ピースフル・イージー・フィーリング - Peaceful Easy Feeling
    5. 我が愛の至上 - Best of My Love