コンテンツにスキップ

ならず者 (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イーグルス > イーグルスの作品 > ならず者 (アルバム)
『ならず者』
イーグルススタジオ・アルバム
リリース
録音 ロンドン、アイランド・スタジオ
ジャンル カントリーロックロック
時間
レーベル アサイラム・レコード
プロデュース グリン・ジョンズ
チャート最高順位
イーグルス アルバム 年表
イーグルス・ファースト
(1972年)
ならず者
(1973年)
オン・ザ・ボーダー
(1974年)
テンプレートを表示

ならず者』(Desperado)は、イーグルスが1973年に発表したセカンド・アルバム[1]

概要

[編集]

西部開拓時代のならず者をテーマにしたコンセプト・アルバム。アルバム全体を通して、イーグルス扮するドゥーリン=ドルトン・ギャングの盛衰が描かれる。

グレン・フライドン・ヘンリーのソング・ライティングチームがこの作品から誕生。「テキーラ・サンライズ」「ならず者」等グループのスタンダードとなる曲を生み出し、今作以降のグループの主導権を握るようになる。

タイトル曲「ならず者」はシングルカットはされなかったが(このアルバムからは「テキーラ・サンライズ」と「アウトロー・マン」がシングルカットされた)、リンダ・ロンシュタットカーペンターズ(カーペンターズの邦題は「愛は虹の色」)等にカバーされた。

収録曲

[編集]

Side 1

[編集]
  1. ドゥーリン・ドルトン - "Doolin-Dalton" - 3:26
  2. 21才 - "Twenty-One" - 2:11
  3. アウト・オブ・コントロール - "Out of Control" - 3:04
  4. テキーラ・サンライズ - "Tequila Sunrise" - 2:52
  5. ならず者 - "Desperado" - 3:36

Side 2

[編集]
  1. その種の愚か者 - "Certain Kind of Fool" - 3:02
  2. ドゥーリン・ドルトン(インストゥルメンタル) - "Doolin-Dalton" (Instrumental) - 0:48
  3. アウトロー・マン - "Outlaw Man" - 3:34
  4. サタデイ・ナイト - "Saturday Night" - 3:20
  5. ビター・クリーク - "Bitter Creek" - 5:00
  6. ドゥーリン・ドルトン/ならず者(リプライズ) - "Doolin-Dalton/Desperado (Reprise)" - 4:50

パーソネル

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ William Ruhlmann. “Eagles: Desperado”. Allmusic. Rovi Corporation. 2023年7月25日閲覧。