アーバン・シンフォニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アーバン・シンフォニー(Urban Symphony)
Sandra Nurmsalu.jpg
アーバン・シンフォニーのリード・シンガー、サントラ・ヌラマサル
基本情報
出身地 エストニアの旗 エストニアタリン
ジャンル ポップクラシック音楽
活動期間 2007年 -
メンバー サントラ・ヌラマサル
マン・ヘルスティン
ヨハンナ・マンゲル
マリ・モルートレ
マリリン・コンゴ
ミレージャム・メサク

アーバン・シンフォニー(Urban Symphony)は、エストニアの音楽グループ。アーバン・シンフォニーはユーロビジョン・ソング・コンテスト2009年大会エストニアを代表して参加し[1]、「Rändajad」を歌った。大会では129得点を集めて6位となった[2][3]

来歴[編集]

Mirjam Mesakは既に、ヘルシンキで行われたコンテストの2007年大会にバック・ヴォーカルとして参加した経験がある。Marilin Kongoは大会のエストニア国内選考であるEurolaulの2006年大会に楽曲「Be 1st」で参加し、8位となった。

作曲者のSven Lõhmusはまた、キエフで行われた2005年大会でのエストニア代表の楽曲「Let's Get Loud」の作曲も手がけている。

メンバー[編集]

  • サントラ・ヌラマサル(ヴォーカル、ヴァイオリン)
  • マン・ヘルスティン(ヴィオラ)
  • ヨハンナ・マンゲル(チェロ)
  • マリ・モルートレ(チェロ)
  • マリリン・コンゴ(バック・ヴォーカル)
  • ミレージャム・メサク(バック・ヴォーカル)

脚注[編集]