アンソニー・アルフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンソニー・アルフォード
Anthony Alford
トロント・ブルージェイズ #30
Anthony Alford (33999473583).jpg
2017年5月24日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシシッピ州コロンビア英語版
生年月日 (1994-07-20) 1994年7月20日(25歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2012年 ドラフト3巡目
初出場 2017年5月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国代表

アンソニー・ジョセフ・アルフォードAnthony Joseph Alford1994年7月20日 - )は、アメリカ合衆国ミシシッピ州コロンビア英語版出身のプロ野球選手(外野手)。現在は、MLBトロント・ブルージェイズに所属している。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2008年にU-14のアメリカ合衆国代表に選出されている[1]

高校時代は野球アメリカンフットボールの両方をプレーしており[2]、アメリカンフットボールではアメリカ合衆国軍オールアメリカンボール英語版に出場したことがある[3]

プロ入りとブルージェイズ時代[編集]

2012年のMLBドラフトで1巡目相当で指名されると思われていたが、アルフォード自身がアメリカンフットボールを続けたいのは明確だったため、どの球団も指名には至らなかった[4]。その中でトロント・ブルージェイズからドラフト3巡目指名され[5]、6月11日に$750,000で大学でフットボールをプレーすることを許可し、夏には野球をプレーすることを条件に契約を結びプロ入りを果たした[4]

6月18日に傘下ルーキー級のガルフ・コーストリーグ・ブルージェイズに配属され[6]、5試合に出場し、打率.167、1本塁打、1打点、3安打、4盗塁を記録した[7]。6月23日に傘下A級ランシング・ラグナッツに配属されたが[8]、9月27日にテンポラリー・インアクティブ・リストに登録され[8]、出場することは無かった[7]

アメリカンフットボールではサザン・ミシシッピ大学英語版でプレーしていたが、乱闘を起こしてミシシッピ大学へ転校した[3]

2013年4月12日に傘下ルーキー級のガルフ・コーストリーグ・ブルージェイズへ配属された[6]。ここでは6試合に出場し、打率.227、2打点、9安打、2盗塁を記録した[7]。7月に傘下A級ラングナッツに配属されるが、またしてもテンポラリー・インアクティブ・リストに登録され[8]、出場することは無かった[7]。9月にテンポラリー・インアクティブ・リストから解除された[8]

2014年4月1日に傘下ルーキー級ブルーフィールド・ブルージェイズへ配属された[9]。ここでは9試合に出場し、打率.207、1本塁打、2打点、6安打、1盗塁を記録した[7]。7月1日に傘下A級ラグナッツへ配属されたが、7月10日にテンポラリー・インアクティブ・リストに登録された[8]。9月18日にテンポラリー・インアクティブ・リストから解除された[8]。最終的に5試合に出場し、打率.320、1本塁打、3打点、8安打、4盗塁を記録した[7]

アメリカンフットボールではセイフティの役割を任され、4試合で6回のタックルを記録している[3]

オフの9月30日にアメリカンフットボールからの引退と、これからは野球に専念することを発表した[4] 。そういったこともあり、オーストラリアン・ベースボールリーグに参加し、キャンベラ・キャバルリーに所属した[10]。37試合に出場し、打率.207、3本塁打、9打点、28安打、9盗塁を記録した[11]

2015年開幕前の1月28日にメジャーのスプリングトレーニングに招待された[12]

開幕は傘下A級ラグナッツで迎えた。4月6日に7日間の故障者リストに登録されたが、21日には解除された[8]。。ラグナッツでは50試合に出場し、打率.293、1本塁打、16打点、55安打、12盗塁を記録した[7]。6月25日に傘下A+級ダニーデン・ブルージェイズへ配属された[13]。ここでは57試合に出場し、打率.302、3本塁打、19打点、68安打、15盗塁を記録した[7]

2016年開幕前の1月12日には前年同様にメジャーのスプリングトレーニングに招待された[14]が、3月12日にマイナーのキャンプに返された[15]

開幕は傘下A+ブルージェイズで開幕を迎えた[16]。4月10日に7日間の故障者リストに登録された[13]。5月2日に解除された[13]。6月10日の外野手のチームメイトと交錯した際に負傷し[17]、6月11日に7日間の故障者リストに登録されたが、6月22日に解除された[13]。同年は92試合に出場し、打率.236、9本塁打、44打点、80安打、18盗塁を記録した[7]

オフにアリゾナ・フォールリーグへ派遣され[18]メサ・ソーラーソックスに所属した[19]。10月31日にアリゾナ・フォールリーグのオールスターに選出された[20]。23試合に出場し、打率.253、3本塁打、15打点、19安打、8盗塁を記録した[19]。また、11月18日にルール・ファイブ・ドラフトから阻止するためメジャー契約を結んだ[21]。アリゾナ・フォールリーグ終了後に、アリゾナ・フォールリーグのライジングスターに選出された[22]

2017年3月17日に傘下AA級ニューハンプシャー・フィッシャーキャッツへ配属され[23]、球団のプロステクト上位30位[24]、MLBのプロステクト100人中70位で開幕をで迎えた[25]。ここでは33試合に出場し、打率.325、3本塁打、11打点、40安打、9盗塁を記録した[7]。5月19日にダレル・セシリアーニが負傷したため[26]メジャーに昇格[27]し、同日のオリオールズ戦でメジャーデビューを果たし、2打数0安打だったが、守備ではJ.J.ハーディの本塁打級の打球を好捕している[28]。5月24日のミルウォーキー・ブルワーズ戦でロブ・スケーヒルからメジャー初安打を記録した[29]が、左有鈎骨を負傷したため、同日中に故障者リスト入りした[30]

選手としての特徴[編集]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 TOR 4 8 8 0 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .125 .125 .250 .375
2018 13 21 19 3 2 0 0 0 2 1 1 0 0 0 2 0 0 9 0 .105 .190 .105 .296
2019 16 30 28 3 5 0 0 1 8 1 2 0 0 0 1 0 1 11 0 .179 .233 .286 .519
MLB:3年 33 59 55 6 8 1 0 1 12 2 3 0 0 0 3 0 1 23 0 .145 .203 .218 .422
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



左翼(LF) 中堅(CF) 右翼(RF)




































2017 TOR 3 2 0 0 0 1.000 - 2 2 0 0 0 1.000
2018 7 11 0 0 0 1.000 1 1 0 0 0 1.000 3 2 0 0 0 1.000
2019 6 4 0 0 0 1.000 2 6 0 0 0 1.000 5 7 0 1 1 .875
MLB 16 17 0 0 0 1.000 3 7 0 0 0 1.000 10 11 0 1 1 .917
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

MiLB
MLB

背番号[編集]

ABL
  • 25 (2014-15)
MLB
  • 30 (2017年 - )

代表歴[編集]

  • 2008 U-14 アメリカ合衆国代表

脚注[編集]

  1. ^ USA Baseball Alumni: Players (Since 1984) USABaseball.com: The Official Site of USA Baseball: Home (英語) 2017年5月26日閲覧
  2. ^ Stephens, Mitch (2012年7月16日). “MaxPreps 2011-12 Boys Athlete of the Year: Anthony Alford of Petal”. maxpreps.com. 2017年5月26日閲覧。
  3. ^ a b c Kellenberger, Hugh (2014年9月30日). “Anthony Alford is leaving the Ole Miss program”. clarionledger.com. 2017年5月26日閲覧。
  4. ^ a b c Lott, John (2014年10月1日). “Toronto Blue Jays prospect Anthony Alford gives up football, will start immediately to catch up on baseball”. sports.nationalpost.com. 2017年5月26日閲覧。
  5. ^ Toronto Blue Jays 2012 Draft Selections MLB.com (英語) 2017年5月26日閲覧
  6. ^ a b Gulf Coast League Transactions MiLB.com (英語) (2012年6月18日) 2017年5月26日閲覧
  7. ^ a b c d e f g h i j Anthony Alford stats MiLB.com (英語)
  8. ^ a b c d e f g Midwest League Transactions MiLB.com (英語) (2012年6月23日) 2017年5月26日閲覧
  9. ^ Appalachian League Transactions MiLB.com (英語) (2014年4月1日) 2017年5月26日閲覧
  10. ^ 2014-15 Cavalry Roster Announced ABL.com (英語) (2014年10月22日) 2017年5月26日閲覧
  11. ^ Anthony Alford stats ABL.com (英語)
  12. ^ Blue Jays Transaction MLB.com (英語) (2015年1月28日) 2017年5月26日閲覧
  13. ^ a b c d Florida State League Transactions MiLB.com (英語) (2015年6月25日) 2017年5月26日閲覧
  14. ^ Blue Jays Invite 14 to Spring Training”. bluebirdbanter.com (2016年1月12日). 2017年5月26日閲覧。
  15. ^ Ben Nicholson-Smith on Twitter”. Twitter (2016年3月12日). 2017年5月26日閲覧。
  16. ^ Rosenbaum, Mike (2016年4月7日). “Where the Blue Jays' Top 30 prospects are starting the season”. MLB.com. 2017年5月26日閲覧。
  17. ^ Kennedy, Brendan (2016年6月11日). “Blue Jays’ top prospect Anthony Alford suffers concussion”. thestar.com. 2017年5月26日閲覧。
  18. ^ 2016 Arizona Fall League Rosters”. baseballamerica.com (2016年8月31日). 2017年5月26日閲覧。
  19. ^ a b Anthony Alford Baseball Reference (Minors) (英語)
  20. ^ Mayo, Jonathan (2016年10月31日). “Fall Stars Game rosters include 16 Top 100 prospects”. MLB.com. 2017年5月26日閲覧。
  21. ^ Chisholm, Gregor (2016年11月18日). “Blue Jays protect Urena, Alford from Rule 5 Draft”. MLB.com. 2017年5月26日閲覧。
  22. ^ Holmyard, Braydon (2016年11月21日). “Arizona Fall League wrap: Alford among top Blue Jays performers”. Sportsnet. 2017年5月26日閲覧。
  23. ^ Eastern League Transactions MiLB.com (英語) 2017年5月26日
  24. ^ MLB 2017 Prospect Watch”. MLB.com. 2017年5月26日閲覧。
  25. ^ Trezza, Joe (2017年1月28日). “Vlad Jr. leads four Blue Jays prospects on Top 100 list”. MLB.com. 2017年5月26日閲覧。
  26. ^ Blue Jays call up OF prospect Alford MLB.com (英語) (2017年5月19日) 2017年5月26日閲覧
  27. ^ Blue Jays Transaction MLB.com (英語) (2017年5月19日) 2017年5月26日閲覧
  28. ^ Prospect Alford goes 0-for-2 in MLB debut MLB.com (英語) (2017年5月20日) 2017年5月26日閲覧
  29. ^ Morales' 447-foot HR leads Blue Jays to win MLB.com (英語) (2017年5月24日) 2017年5月26日閲覧
  30. ^ Goins' slam guides Blue Jays past Crew MLB.com (英語) (2017年5月24日) 2017年5月26日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]