アル・ピトレリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アル・ピトレリ(Al Pitrelli, 1962年9月26日[1] - )は、アメリカ合衆国ギタリスト作曲家。2014年現在は、再結成されたサヴァタージにて活動中。

ニューヨーク市出身[1]バークリー音楽大学中退後、セッションミュージシャンとして音楽活動を開始し、マンハッタンでギターのレッスンの講師として働きながら生計を立てていた。その後、マイケル・ボルトンのサポートを務めたのを機に、様々なアーティストのサポートを中心に本格的に音楽活動を開始する。1989年から1991年までアリス・クーパーのバックバンドに在籍し、1992年よりエイジアに加入し、正式メンバーとして1994年まで在籍し、『Aqua』の収録にも参加した。

その後、交通事故で死去したクリス・オリヴァの後任として加入したアレックス・スコルニックの脱退に伴い、クリス・キャファリーと共にサヴァタージに加入する。またアルとは長年親しいポール・オニールが立ち上げたバンドであるトランス・シベリアン・オーケストラにも参加した。

2000年デイヴ・ムステインの誘いを受けて、脱退したマーティ・フリードマンの後釜としてメガデスに加入し、サヴァタージを脱退する。その後、同バンドのアルバム『ワールド・ニーズ・ア・ヒーロー』のレコーディングにも参加したが、デイヴの肘の故障によりバンドが活動停止に追い込まれ、解散する。

メガデスの解散後は、ジョー・リン・ターナーセバスチャン・バックTSOなど、HR/HMのみならずポップ・ミュージックフュージョンアダルト・コンテンポラリーなどあらゆるジャンルの様々なアーティストやバンドのサポート活動をしている。

2014年に本格的に活動を再開することになったサヴァタージに再び参加する予定であることが発表されている。

出典[編集]

  1. ^ a b Band Members - al pitrelli - guitars”. savatage.com. 2017年1月17日閲覧。