アル・ピトレリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アル・ピトレリ
Al Pitrelli
Savatage – Wacken Open Air 2015 10.jpg
サヴァタージ - ドイツ・ヴァッケン公演(2015年7月)
基本情報
生誕 (1962-09-26) 1962年9月26日(58歳)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク
学歴 バークリー音楽大学(中退)
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
プログレッシブ・ロック
ポピュラー音楽
職業 ミュージシャンギタリストソングライター
共同作業者 マイケル・ボルトンアリス・クーパーエイジアサヴァタージメガデス、ほか
公式サイト Al Pitrelli - Facebook
著名使用楽器
アンペグ・ダン アームストロング
ギブソン・エクスプローラー
ギブソン・SG
フェンダー・ストラトキャスター

アル・ピトレリ(Al Pitrelli、1962年9月26日 - )は、アメリカ合衆国出身のロックミュージシャンギタリスト

主にHR/HMの分野で活躍し、著名なバンドでは「エイジア」「サヴァタージ」「メガデス」などに在籍。スタジオミュージシャンとしての側面もあり、様々なプロジェクトで活動した実績をもつ。

略歴[編集]

ニューヨーク市出身[1]バークリー音楽大学中退後、セッションミュージシャンとして音楽活動を開始し、マンハッタンでギターのレッスンの講師として働きながら生計を立てていた。その後、マイケル・ボルトンのサポートを務めたのを機に、様々なアーティストのサポートを中心に本格的に音楽活動を開始する。1989年から1991年までアリス・クーパーのバックバンドに在籍。1992年より「エイジア」に加入し、正式メンバーとして1994年まで在籍し、『Aqua』の収録にも参加した。元トゥイステッド・シスターのヴォーカリスト、ディー・スナイダーのバンド、ウィドウメーカーでも並行して活動。

その後、交通事故で死去したクリス・オリヴァの後任として加入したアレックス・スコルニックの脱退に伴い、クリス・キャファリーと共に「サヴァタージ」に加入する。またアルとは長年親しいポール・オニール英語版が立ち上げたバンドであるトランス・シベリアン・オーケストラ英語版にも参加した。

2000年デイヴ・ムステインの誘いを受けて、脱退したマーティ・フリードマンの後釜として「メガデス」に加入し[2]、サヴァタージを脱退する。その後、同バンドのアルバム『ワールド・ニーズ・ア・ヒーロー』のレコーディングにも参加したが、デイヴの肘の故障によりバンドが活動停止に追い込まれた。

その後は、「ジョー・リン・ターナー」「セバスチャン・バック」「TSO」など、HR/HMのみならずポップ・ミュージックフュージョンアダルト・コンテンポラリーなど、あらゆるジャンルの様々なアーティストやバンドのサポート活動をしている。

2014年、本格的に活動を再開することになった「サヴァタージ」に復帰した。

使用機材[編集]

ギター楽器はこれまで、「ギブソン・エクスプローラー」「ギブソン・SG」「フェンダー・ストラトキャスター」「ギブソン・EDS-1275」などのカスタムモデルを使用。近年は、希少だったアンペグ製「ダン・アームストロング」のリイシュー・モデルを扱っている。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ / プロジェクト[編集]

コーヴェン/ピトレリ/オライリー(CPR)
  • Sammy Says Ouch! (1990)
  • CPR (1992)
プレイス・コールド・レイジ
  • Place Called Rage (1995年)
O'2L
  • O'2L (2001)
  • Doyle's Brunch (2005)
  • Eat A Pickle (2007)

参加作品[編集]

デンジャー・デンジャー
  • Rare Cuts (2003年) - 1987・88年録音部分
ランディー・コーヴェン
  • Funk Me Tender (1989)
ダニー・オズモンド
  • Eyes Don't Lie(1990)- 同アルバムの収録曲、Just Between You And Meに参加
アリス・クーパー
  • 『クラシックス』Classicks (1995年) - 1989年ライブ音源部分
ウィドウ・メーカー
  • Blood and Bullets (1992)
  • Stand by for Pain (1994)
エイジア
トニー・ハーネル and モーニングウッド
  • Morning Wood (1994)
サヴァタージ
ヴァーテックス
  • Vertex (1996)
トランス・シベリアン・オーケストラ
  • Christmas Eve and Other Stories (1996)
  • The Christmas Attic (1998)
  • Beethoven's Last Night (2000)
  • The Lost Christmas Eve (2004)
  • Different Wings (2004)[7]
  • Night Castle (2009)
  • Letters From The Labyrinth (2015)
メガデス
  • 『キャピトル・パニッシュメント 〜ザ・メガデス・イヤーズ〜』Capitol Punishment: The Megadeth Years (2000)
  • ワールド・ニーズ・ア・ヒーロー』The World Needs a Hero (2001)
  • 『ルード・アウェイクニング』Rude Awakening (2002) - ライブ音源
  • 『スティル・アライヴ…アンド・ウェル?』Still Alive... and Well? (2002) - コンピレーション盤
  • 『狂乱の歴史〜グレイテスト・ヒッツ』Greatest Hits: Back to the Start (2005) - コンピレーション盤
  • 『アンソロジー:セット・ザ・ワールド・アファイア』Anthology: Set the World Afire (2008) - コンピレーション盤
ホットショット
  • The Bomb (2005)

出典[編集]

  1. ^ a b Band Members - al pitrelli - guitars”. savatage.com. 2017年1月17日閲覧。
  2. ^ Megadeth(メガデス)、2000年代初期にリリースした作品達が最新リマスター音源となって今ここに蘇る”. TOWER RECORDS (2019年2月4日). 2019年6月26日閲覧。

外部リンク[編集]