ジョン・オリヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョン・オリヴァ
Jon Oliva's Pain 5.jpg
2007年、ジョン・オリヴァズ・ペインのステージにて
基本情報
出生名 John Nicholas Oliva
生誕 (1960-07-22) 1960年7月22日(58歳)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク ブロンクス区 [1]
ジャンル ヘヴィメタルプログレッシブ・メタル
職業 歌手作曲家キーボーディスト
担当楽器 ボーカルピアノキーボードギターベースドラムス
共同作業者 サヴァタージ
ドクター・ブッチャー
トランス・シベリアン・オーケストラ
ジョン・オリヴァズ・ペイン
公式サイト www.jonoliva.net

ジョン・オリヴァ(Jon Oliva、1960年7月22日[1] - )は、アメリカボーカリストキーボーディスト(一部の作品ではギターベースドラムスも演奏)。ヘヴィメタルの分野で活動し、サヴァタージやジョン・オリヴァズ・ペインの中心人物かつリード・ボーカリストとして知られる。

来歴[編集]

ニューヨークブロンクス区で誕生。オリヴァ一家はその後カリフォルニア州に移り、1976年にはフロリダ州に移った[1]。1977年から1978年にかけて、メトロポリスというバンドでギターとキーボードを担当し[1][2]、1978年にはメトロポリスのメンバーとして初のレコーディングを経験した[1]

その後、ジョンは実弟のクリス・オリヴァ等と共に、サヴァタージの前身バンドであるアヴァターを結成。なお、ジョンはごく初期のアヴァターではドラムスを叩きながら歌っており、その後ベースを弾きながら歌っていた時期もあったが[1]、最終的にはスティーヴ・ワコルズ(ドラム)とキース・コリンズ(ベース)が加入してラインナップが固まる。そして、アヴァターはインディーズのPer Recordsからアルバムをリリースすることになるが、同名のバンドの存在が判明したため、サヴァタージと改名。サヴァタージは1983年にデビュー・アルバム『サイレンズ』を発表した。

アルバム『エッジ・オブ・ソーンズ』(1993年)では、新たにザッカリー・スティーヴンスをサヴァタージのリード・ボーカリストとして起用し、ジョンはプロデュース、作詞・作曲、キーボード演奏で参加した。以後、サヴァタージはアルバム『ウェイク・オブ・マゼラン』(1997年)までザッカリー・スティーヴンスがリード・ボーカルを担当する形となる(ただし、一部の楽曲ではジョンがボーカルを担当)。また、クリス・キャファリー(サヴァタージのセカンド・ギタリスト)やドラマーのジョン・オズボーンと共にドクター・ブッチャーというサイド・プロジェクトを立ち上げる。

1993年10月17日、実弟でありサヴァタージでの盟友でもあるクリス・オリヴァが交通事故で死去。ジョンは大きなショックを受けるが、クリスの思い出を生かし続けるためにも、サヴァタージを存続させることを決意した[3]。1994年には、ドクター・ブッチャー名義のアルバム『ドクター・ブッチャー』を発表、ジョンは同作でボーカル、キーボード、ベースを担当している[4]

サヴァタージのアルバム『ハンドフル・オブ・レイン』(1994年)のレコーディングはジョン、アレックス・スコルニック、ザッカリー・スティーヴンスの3人だけで行われ、ジョンはキーボードだけでなくリズムギター、ベース、ドラムスも演奏した[5]

1996年からは、サヴァタージの多くの作品を手がけてきたプロデューサーポール・オニールを中心としたトランス・シベリアン・オーケストラにも参加する。2000年にザッカリー・スティーヴンスがサヴァタージを脱退すると、再びジョンがサヴァタージのリード・ボーカリストとなり、アルバム『ポエッツ・アンド・マッドメン』(2001年)は、サヴァタージのアルバムとしては10年振りに、ジョンが全面的に歌った。

2003年にはジョン・オリヴァズ・ペインを結成して、ジョンはリード・ボーカル、キーボード、ギターを担当。ジョン・オリヴァズ・ペインは2004年にファースト・アルバム『タージ・マハール』を発表した。その後のジョンは、ジョン・オリヴァズ・ペインおよびトランス・シベリアン・オーケストラとしての活動を中心としている。

ディスコグラフィ[編集]

サヴァタージ[編集]

ドクター・ブッチャー[編集]

  • ドクター・ブッチャー - Doctor Butcher(1994年)
    • 2005年に新曲とデモ音源を含むボーナス・ディスク付きで再発された[4]

トランス・シベリアン・オーケストラ[編集]

  • Christmas Eve and Other Stories(1996年)
  • The Christmas Attic(1998年)
  • Beethoven's Last Night(2000年)
  • The Lost Christmas Eve(2004年)
  • Night Castle(2009年)

ジョン・オリヴァズ・ペイン[編集]

  • タージ・マハール - 'Tage Mahal(2004年)
  • マニアカル レンダリングス - Maniacal Renderings(2006年)
  • グローバル・ウォーニング - Global Warning(2008年)
  • Festival(2010年)

ゲスト参加作品[編集]

  • セヴン・ウィッチズ
    • エクサイルド・トゥ・インフィニティ・アンド・ワン - Xiled to Infinity and One(2002年)
  • クリス・キャファリー
    • W.A.R.P.E.D.(2005年)
  • トビアス・サメッツ・アヴァンタジア
    • エンジェル・オヴ・バビロン - Angel of Babylon(2010年)
  • キャメロット
    • ポエトリー・フォー・ザ・ポイズンド - Poetry for the Poisoned(2010年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]