デイヴィッド・エレフソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デイヴィッド・エレフソン
David Ellefson
Megadeth - 2017216231516 2017-08-04 Wacken - Sven - 1D X MK II - 1149 - B70I0621.jpg
メガデス - ドイツ公演 (2017年8月)
基本情報
出生名 David Warren Ellefson
別名 Dave Ellefson
Junior
生誕 (1964-11-12) 1964年11月12日(54歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミネソタ州ジャクソン
ジャンル ヘヴィメタルスラッシュメタル
職業 ベーシストソングライターミュージシャン
担当楽器 ベース
活動期間 1982年 - 現在
共同作業者 メガデス, ソウルフライ, Avian, Temple of Brutality, F5, Killing Machine, ミニストリー, Hail!, Altitudes & Attitudes, Metal Allegiance

デイヴィッド・エレフソン(英語: David Warren Ellefson, 1964年11月12日 - )は、アメリカ合衆国出身のベーシストソングライターミュージシャン

ヘヴィメタル・バンド「メガデス」の創設メンバー。同リーダーであるデイヴ・ムステインと同じ「デイヴ」と呼ばれる事から、混同を避けるため「ジュニア」の異名を持つ。

概要[編集]

1964年11月12日にミネソタ州ジャクソンで生まれ、ノルウェー系、ドイツ系、イギリス系と多様な家系を持つ。中西部のクラブなどで幾つかのバンドを経験し、その後ロサンゼルスに移住した。

メガデス - オーストラリア公演 (2010年)

1983年、デイヴ・ムステインと共に「メガデス」を結成。この頃から「ジュニア」と呼ばれるようになる。デビューアルバムの『キリング・イズ・マイ・ビジネス』から2002年のライブアルバム『Rude Awakening』まで、メンバーの入れ替わりが激しいメガデスの中で不動のベーシストとして活動する。

2002年にデイヴ・ムステインが腕の病気によりメガデスの活動休止・解散となり、エレフソンは一度ムステインと袂を分かつ。しかし2004年にムステインがソロ活動ながらメガデス名義でアルバム『ザ・システム・ハズ・フェイルド』をリリースした。このアルバムには参加していなかったエレフソンはメガデス名義でアルバムがリリースされた事に激怒し、ムステインとの間に「メガデス」という名前を使う事への権利所有権などを巡り法廷闘争が繰り広げられた。しかし2005年にムステインが和解のためにエレフソンをディナーに誘い、お互いの関係を修復。2010年から「メガデス」に復帰を果たした[1]

メガデスを脱退していた2002年2010年の間には、「F5」というバンドを結成。「ソウルフライ」らのアルバムにゲスト参加をしたり、元「ジューダス・プリースト」のVoティム・オーウェンズ、「セパルトゥラ」のGuアンドレアス・キッサー、元「Slayer」のDrポール・ボスタフなどと共に「HAIL!」というハードロック/ヘヴィメタルのトリビュートバンドで活動していた。2010年には、元「マノウォー」のライノらと「エンジェルズ・オブ・バビロン」を結成する。同年にデビューアルバム『キングダム・オブ・イーヴル』、メガデス復帰後の2013年にエレフソンのサイドプロジェクトとして2ndアルバム『サンダーゴッド』を発表。

「メガデス」に復帰後も、2015年アレックス・スコルニックテスタメント)やマイク・ポートノイ(元ドリーム・シアター)らと共に「Metal Allegiance」というメタル・プロジェクトに参加した[2]

ディスコグラフィ[編集]

メガデス

  • Killing Is My Business... and Business Is Good! (1985)
  • Peace Sells... But Who's Buying (1986)
  • So Far, So Good... So What! (1988)
  • Rust in Peace (1990)
  • Countdown to Extinction (1992)
  • Youthanasia (1994)
  • Cryptic Writings (1997)
  • Risk (1999)
  • The World Needs a Hero (2001)
  • Rude Awakening(Live Album) (2002)
  • Thirteen (2011)
  • Super Collider (2013)
  • Dystopia (2016)

その他の活動

  • ソウルフライ - Prophecy (2004)
  • F5 - A Drug For All Seasons (2005)
  • Avian - From The Depths of Time (2005)
  • Temple of Brutality - Lethal Agenda (2006)
  • Necro - Death Rap (2007)
  • Killing Machine - Metalmorphosis (2006)
  • F5 - The Reckoning (2008)
  • Tim "Ripper" Owens - Play My Game (2009)
  • Angels of Babylon - Kingdom of Evil (2010)
  • ガスG. - I Am the Fire (2014)
  • Metal Allegience - Metal Allegience (2015)

脚注[編集]

外部リンク[編集]