キコ・ルーレイロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キコ・ルーレイロ
Kiko Loureiro
20170804 Wacken Wacken Open Air Megadeth 0073.jpg
メガデス - ドイツ公演 (2017年8月)
基本情報
出生名 ペドロ・エンリケ・ルーレイロ
Pedro Henrique Loureiro
生誕 (1972-06-16) 1972年6月16日(46歳)
出身地 ブラジルの旗 ブラジル リオデジャネイロ州
リオデジャネイロ
ジャンル パワー・メタル
プログレッシヴ・メタル
スラッシュ・メタル
ジャズ
担当楽器 ギター
活動期間 1988年~現在
共同作業者 アングラ
Legalyze
A Chave
メガデス
公式サイト kikoloureiro.com.br
著名使用楽器
Tagima K1
Santo Angelo Kiko Loureiro Signature
ヴァン・ヘイレン
イングヴェイ・マルムスティーン
ブラック・サバス
スティーヴ・モーズ
アラン・ホールズワース
ジョージ・リンチ
ヴィヴィアン・キャンベル

キコ・ルーレイロKiko Loureiro、本名:ペドロ・エンリケ・ルーレイロ Pedro Henrique Loureiro, 1972年6月16日 - )は、ヘヴィ/パワーメタルバンド・アングラギタリスト2015年からはアメリカスラッシュメタルバンド・メガデスのギタリストとしても活動。ブラジルリオデジャネイロ州出身。

ラファエル・ビッテンコートと共にアングラの中心人物である。日本語表記ではキコ・ルイーロと表記される事もある。

略歴[編集]

1991年11月にブラジルパワーメタルバンド「アングラ」結成。その後もギタリストとして、ソロ音楽も並行して活動[1]

2015年メガデスの新作のレコーディングに参加していることが報道され、メガデス側は正式メンバーとして加入したことを発表[2]。なお、キコはアングラでの活動も継続しているが、交代もあり得るとバンド側は示唆している[3]

音楽性[編集]

スタイル
  • アングラのアルバムで聞けるようなHR/HM系のプレイも当然得意であるが、ボサノヴァジャズなどの演奏にも長けており、幅広い順応性を持っていると言える[1]
  • ギタープレイとしてフルピッキングによる速弾きからレガートなどのテクニカルなプレイも難なくこなす。真骨頂は両手を駆使したタッピングであり、ギターソロなどで指板を縦横無尽に駆け巡る彼のタッピングは彼の大きなトレードマークになっているとも言える。また単にテクニカルなだけでなく、バラードの曲で伴奏としてタッピングを使用してキーボードのような音を奏でるという発想も出来るアイデアマンでもある。
  • ピックの持ち方が変わっていて、テクニカル系のギタリストとしては珍しく大きめのティアドロップ型のピックを使用し、さらにその端をつまむようにして持つ。

使用楽器[編集]

愛用のギター Ibanez『KIKO100』
  • メインギターはブラジルのギターメーカーの「TAGIMA」のギターを愛用している。2005年頃からESP製のキコ・ルーレイロモデルのギターも使用するようになった。ESPとの契約は数年で終わり、一時TAGIMAに戻るが、2013年Ibanezとエンドースメント契約を締結、同社のSAシリーズをベースに開発された自身のシグネイチャーモデルが登場した。TAGIMAとESPのギターはハイポジション側のみ指板が延長された27フレットで、フロントピックアップにシングルコイルサイズのハムバッキングピックアップ、リアピックアップにハムバッキングピックアップという構成であったが、Ibanezのギターでは24フレットでフロント/リアピックアップにハムバッキングピックアップ、センターピックアップにシングルコイルピックアップという構成に改められている。ハムバッキングピックアップのコイルを片側のみキャンセルするコイルタップスイッチによって、より多彩な音色が得られるようになっている。またいずれのギターも高音部の指板がスキャロップド指板になっている。
  • ギターケーブルはブラジルのSanto Angelo(サント・アンジェロ)社より自身初のモデルが発売されている。抵抗が小さい18金メッキのコネクターを採用し良い信号伝達を実現するため銀ろうで接続している等の特長がある。1本1本シリアルナンバーが付けられておりプラグにはサイン付というプレミアムアイテムである。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ[編集]

  • ノー・グラヴィティ No Gravity (2005)
  • ウニヴェルソ・インヴェルソ~キコ・ルーレイロのブラジリアン・ジャズ・グループ的観点の紹介 Universo Inverso (2006)
  • フルブラスト Fullblast (2009)
  • サウンズ・オブ・イノセンス Sounds of Innocence (2012)

セッション参加作品[編集]

Execution (2005)
Execution – Live Reunion (2007)
TRICK DISC (2007)
My Winter Storm (2007)
The Seer (EP) (2008)
  • Neural Code
Neural Code (2009)
  • Paco Ventura Black Moon
Arabestia (2015)

出典[編集]

外部リンク[編集]