ジェイムズ・ロメンゾ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェイムズ・ロメンゾ
Metalmania 2008 Megadeth James LoMenzo 01.jpg
基本情報
出生名 James LoMenzo
生誕 1959年1月13日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリン
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
スラッシュメタル
ブルースロック
サザンロック
職業 ベーシスト
担当楽器 ベース
活動期間 1978年
共同作業者 Clockwork
Rondinelli
ホワイトライオン
Pride and Glory
スラッシュズ・スネイクピット
ブラック・レーベル・ソサイアティ
オジー・オズボーン
デイヴィッド・リー・ロス
HAIL!
Hydrogyn
Lynch Mob

ジェイムズ・ロメンゾ(James "JLo" LoMenzo, 1959年1月13日-)は、アメリカ合衆国出身のベーシスト。

アメリカのヘヴィメタル/ハードロックバンドであるホワイト・ライオンメガデスブラック・レーベル・ソサイアティなどを渡り歩いている。

概要[編集]

10代後半頃から、地元ブルックリンで"Empty Sky"というジャズロックを融合したバンドでヴォーカル兼ベースを担当、地元では有名なバンドであった。また、Crockworkというハードロックバンドで1980年1983年まで活動し、その後ホワイトラインへ加入した。
ホワイトライオンを脱退した後は、ホワイトライオンで一緒にプレイしたドラムのGreg D'Angeloと共に、元キッスエース・フレーリーのバンドに加入したり、ザック・ワイルドが結成したPride and Gloryに加入した。またオジー・オズボーンの7作目のスタジオアルバム「オズモシス」のレコーディングにも参加したが、ジェームスのベースの録音が使われる事はなく、その後別のベーシストで録音し直されリリースされていた。

1995年に、元ガンズ・アンド・ローゼススラッシュのソロ・プロジェクト「スラッシュズ・スネイクピット」のツアー・メンバーとして参加し、1990年代後半から2000年代前半まではデイヴィッド・リー・ロスのバンドのツアーメンバーで活動した。また、2004年にザック・ワイルド率いるブラック・レーベル・ソサイアティに加入し、2005年10月ごろまで活動した。

2006年にはメガデスに加入し、アルバム「ユナイテッド・アボミネイションズ」と「Endgame」に参加したが、2010年に元メンバーのデイブ・エレフソンが復帰したため、脱退した。

その後、元ドッケンのギターリストのジョージ・リンチ率いるLynch Mobに加入したりなど、元ジューダス・プリーストのVoティム・オーウェンズセパルトゥラのGuアンドレア・キッサー、元SlayerのDrポール・ボスタフなどと共に「HAIL!」というハードロック/ヘヴィメタルのトリビュートバンドでも活動した。

その他[編集]

ミュージシャンだけなくグラフィック・アーティストとしても活動しており、ギルビー・クラークのソロ・アルバムにも手がけ、また元ホワイトライオンのボーカリストMike Trampのソロ・アルバムにも、ジェームスが撮った写真の作品が使われている。

2012年にはアメリカで放送されたリアリティ番組「The Amazing Race:Season 21」に出演した。

ディスコグラフィ[編集]

Rondinelli

  • Wardance

ホワイトライオン

  • Pride (1987)
  • Big Game (1989)
  • Mane Attraction (1991)
  • The Best of White Lion (1992)

Pride & Glory

  • Pride and Glory (album)|Pride & Glory (1994)

ザック・ワイルド

  • Book of Shadows (album)|Book of Shadows (1996)

デイヴィッド・リー・ロス

  • Diamond Dave (2003)

Hideous Sun Demons

  • Hideous Sun Demons (album)|Hideous Sun Demons (2004)

ブラック・レーベル・ソサイアティ

  • Hangover Music Vol. VI (2004)
  • Mafia (2005)

メガデス

ティム・オーウェンズ

  • Play My Game (2009)

外部リンク[編集]