ソー・ファー、ソー・グッド…ソー・ホワット!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ソー・ファー、ソー・グッド…ソー・ホワット!
メガデススタジオ・アルバム
リリース
録音 1987年
ジャンル スラッシュメタル
時間
レーベル キャピトル・レコード
プロデュース デイヴ・ムステイン、ポール・レイニ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 28位(アメリカ)
  • 18位(イギリス)[1]
  • メガデス 年表
    ピース・セルズ…バット・フーズ・バイイング?
    (1986年)
    ソー・ファー、ソー・グッド…ソー・ホワット!
    (1988年)
    ラスト・イン・ピース
    (1990年)
    ミュージックビデオ
    「In My Darkest Hour」 - YouTube
    テンプレートを表示

    ソー・ファー、ソー・グッド…ソー・ホワット![2]』(So Far, So Good... So What!)は、メガデス1988年に発表した3作目のアルバム。

    解説[編集]

    クリス・ポーランドガル・サミュエルソンが解雇された後、メガデスはジェイ・レイノルズとチャック・ビーラーを新メンバーとして迎え入れるが、リーダーのデイヴ・ムステインはレイノルズの演奏に満足できず、まずはムステイン、ビーラー、デヴィッド・エレフソンの3人でレコーディングが開始された。そして、レコーディング中にジェフ・ヤングが加入する。プロデュースはムステインとポール・レイニの共同で行われたが、ミキシングの段階でムステインはレイニと対立したため、最終的なミキシングはマイケル・ワグナーが担当した[3]

    「セット・ザ・ワールド・アファイア」は、ムステインがメタリカを脱退してから間もない頃に書かれた曲で、当初は「メガデス」という仮タイトルが付いていた[3]。「アナーキー・イン・ザ・U.K.」はセックス・ピストルズのカヴァーで、セックス・ピストルズの元メンバーであるスティーヴ・ジョーンズがゲスト参加した。「イン・マイ・ダーケスト・アワー」は、ムステインの旧友クリフ・バートンの死を悼んで書かれた曲[3]

    本作は本国アメリカのBillboard 200では28位に達し、バンドにとって初の全米トップ40入りを果たした[4]。イギリスでも初のチャート・インを果たして18位に達した。イギリスでは更に、「アナーキー・イン・ザ・U.K.」(全英45位)、「メリー・ジェーン」(同46位)といったヒット・シングルも生まれた[1]

    2004年リマスター盤[編集]

    デイヴ・ムステイン自身のプロデュースによる2004年のリマスター盤は、ポール・レイニによってミキシングされた初期ヴァージョン4曲をボーナス・トラックとして追加収録した内容。オリジナル盤収録の8曲に関しては、ムステインのリミックスにより音質が向上しており、ジェイソン・バーチマイアーはallmusic.comにおいて「メガデスが2004年に発売した再発盤は、オリジナルよりも大幅に改善されているが、特に本作は徹底的な改善がなされている」と評した[5]

    収録曲[編集]

    1.はインストゥルメンタル

    1. イントゥ・ザ・ラングス・オブ・ヘル - Into the Lungs of Hell - 3:22
      • 作曲:デイヴ・ムステイン
    2. セット・ザ・ワールド・アファイア - Set the World Afire - 5:48
      • 作詞・作曲:デイヴ・ムステイン
    3. アナーキー・イン・ザ・U.K. - Anarchy in the U.K. - 3:01
    4. メリー・ジェーン - Mary Jane - 4:24
      • 作詞:デイヴ・ムステイン/デヴィッド・エレフソン、作曲:デイヴ・ムステイン
    5. 502 - 502 - 3:29
      • 作詞・作曲:デイヴ・ムステイン
    6. イン・マイ・ダーケスト・アワー - In My Darkest Hour - 6:26
      • 作詞:デイヴ・ムステイン/デヴィッド・エレフソン、作曲:デイヴ・ムステイン
    7. ライアー - Liar - 3:20
      • 作詞:デイヴ・ムステイン、作曲:デイヴ・ムステイン/デヴィッド・エレフソン
    8. フック・イン・マウス - Hook in Mouth - 4:40
      • 作詞:デイヴ・ムステイン、作曲:デイヴ・ムステイン/デヴィッド・エレフソン

    2004年リマスター盤ボーナス・トラック[編集]

    1. イントゥ・ザ・ラングス・オブ・ヘル (ポール・レイニ・ミックス) - Into the Lungs of Hell (Paul Lani mix) - 3:31
      • 作曲:デイヴ・ムステイン
    2. セット・ザ・ワールド・アファイア (ポール・レイニ・ミックス) - Set the World Afire (Paul Lani mix) - 5:51
      • 作詞・作曲:デイヴ・ムステイン
    3. メリー・ジェーン (ポール・レイニ・ミックス) - Mary Jane (Paul Lani mix) - 4:06
      • 作詞:デイヴ・ムステイン/デヴィッド・エレフソン、作曲:デイヴ・ムステイン
    4. イン・マイ・ダーケスト・アワー (ポール・レイニ・ミックス) - In My Darkest Hour (Paul Lani mix) - 6:11
      • 作詞:デイヴ・ムステイン/デヴィッド・エレフソン、作曲:デイヴ・ムステイン

    参加ミュージシャン[編集]

    ゲスト・ミュージシャン

    脚注[編集]

    1. ^ a b ChartArchive - Megadeth
    2. ^ かつての日本語タイトルは『ソー・ファー・ソー・グッド・ソー・ホワット』だったが、2004年再発盤で、より原題に近い表記に変更された
    3. ^ a b c 日本盤リマスターCD(TOCP-67442)ライナーノーツ(デイヴ・ムステイン、訳:清水達夫)
    4. ^ allmusic (((Megadeth > Awards > Billboard Albums)))
    5. ^ allmusic (((So Far, So Good…So What! (Bonus Tracks) > Overview)))