アトランタオリンピックにおけるサッカー競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アトランタオリンピックオリンピックにおけるサッカー競技
大会概要
日程 7月20日 - 8月3日
チーム数 24 (6連盟)
開催地数 (5都市)
大会結果
優勝  ナイジェリア (男子)
 アメリカ合衆国 (女子)
準優勝  アルゼンチン (男子)
 中国 (女子)
3位  ブラジル (男子)
 ノルウェー (女子)
4位  ポルトガル (男子)
 ブラジル (女子)
大会統計
試合数 48試合
ゴール数 143点
(1試合平均 2.98点)
1992
2000
1996 アトランタオリンピック
サッカー競技

Football pictogram.svg
大会詳細
男子  女子
選手
男子  女子

1996年アトランタオリンピックにおけるサッカー競技は男子競技が7月20日に開幕、8月3日に決勝戦が行われ、ナイジェリアが金メダルを獲得した。女子競技は7月21日に開幕、8月1日に決勝戦が行われ、アメリカ合衆国が金メダルを獲得した。

この大会は女子競技が正式種目に採用された最初の大会である。

概要[編集]

試合はアトランタ他、アラバマ州バーミングハムワシントンD.C.フロリダ州オーランドマイアミの5会場で実施された。

大会は今大会から実施された女子競技ではアメリカ合衆国が前評判通りの活躍を見せる一方で、男子競技では優勝候補の筆頭であったブラジルがグループリーグ第1戦の日本戦に敗れる(マイアミの奇跡)波乱含みのスタートとなり、その後準決勝では、グループリーグで破ったナイジェリアに延長戦の末敗れ結果銅メダルに終わった。

一方で準決勝でブラジルを破ったナイジェリアは、決勝のアルゼンチン戦にも快勝し、オリンピックにおけるサッカー競技としてはヨーロッパ、南アメリカ以外からの初となる金メダルを獲得し注目を集めた。

この大会は、スター選手を出場させたいIOCの思惑から、オーバーエイジ制度が導入された初めての大会であり、この枠を活用する強豪国も目立った。主なオーバーエイジ選手としては、ディエゴ・シメオネ(アルゼンチン)、ジャンルカ・パリュウカ(イタリア)、ベベットリバウドアウダイール(以上ブラジル)らがいる。

また、23歳以下の選手では、ロベルト・アジャラハビエル・サネッティエルナン・クレスポアリエル・オルテガクラウディオ・ロペス(以上アルゼンチン)、ラウール・ゴンサレスガイスカ・メンディエタフェルナンド・モリエンテス(以上スペイン)、ロベール・ピレスクロード・マケレレパトリック・ヴィエラシルヴァン・ヴィルトール(以上フランス)、マーク・ビドゥカ(オーストラリア)、崔龍洙尹晶煥(以上韓国)、サミュエル・クフォー(ガーナ)、アレッサンドロ・ネスタファビオ・カンナバーロジャンルイジ・ブッフォン(以上イタリア)、中田英寿川口能活松田直樹(以上日本)、ロナウドロベルト・カルロスジュニーニョ・パウリスタジーダ(以上ブラジル)、ヌワンコ・カヌ(ナイジェリア)など、その後のサッカー界のスターダムに昇る選手が多数参加していた。

会場一覧[編集]

試合は5つのスタジアムで開催された。

オーランド マイアミ バーミンガム
シトラス・ボウル オレンジボウル リージョン・フィールド
収容人数: 65,438人 収容人数: 74,476人 収容人数: 71,594人
Citrus Bowl aerial view.jpg 20 August 2006 Legion Field - Alabama.jpg
ワシントンD.C. アセンズ
アトランタオリンピックにおけるサッカー競技 (アメリカ合衆国)
RFKスタジアム サンフォード・スタジアム
収容人数: 56,692人 収容人数: 86,117人
RFK Stadium aerial photo, looking towards Capitol, 1988.jpg SanfordStadium.jpg

男子競技[編集]

女子競技[編集]

各国メダル数[編集]

国・地域
1 ナイジェリア ナイジェリア 1 0 0 1
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 1 0 0 1
3 アルゼンチン アルゼンチン 0 1 0 1
中国 中国 0 1 0 1
5 ブラジル ブラジル 0 0 1 1
ノルウェー ノルウェー 0 0 1 1

脚注[編集]

外部リンク[編集]