アトラ・ハシース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アトラハシス叙事詩から転送)
移動先: 案内検索

アトラ・ハシースまたはアトラハシス / アトラ・ハーシス < Atra-Hasis > は、紀元前18世紀に3枚の粘土版アッカド語で記された叙事詩(邦訳例『アトラ・ハシース神話』、或いは『アトラ・ハシース叙事詩』)の主人公[1]。 いわゆる『大洪水伝説』に登場する、『旧約聖書』の「創世記」6章~収録『ノアの方舟』の主人公ノアに当たる人物[2]

呼称[編集]

アトラ・ハシースはアッカド語で「賢き者[3]」「最高の賢者[2]」の意で新語系であり、元来はアトラム・ハシース < Atra-m-hasis > と呼ばれた[4]。『アトラ・ハシース叙事詩』以外にも各神話や伝承に名前を変えて登場するが、以下に示す者は基本的に同一人物として描かれる。

例として、『ギルガメシュ叙事詩』における彼は古バビロニア語のウタナピシュティム < Uta-napistiim >(「生命を見た者」の意[5])の変形名と解されたウトナピシュティム英語版 < Ut-napishtim >と述べられている他、シュメール語の大洪水伝説では「永遠の生命[6]」「永続する生命[5]」の意であるジウスドラまたはジウスドゥラ < Ziusu-dra >と呼ばれた。なお、ジウスドゥラについては近年、「ジウドスラ」と読むべきであるとの説が出されている[6]

ヘレニズム時代にはベロッソス著ギリシア語版『バビロニア史』において、ジウスドゥラのギリシア語化であるクシストロスの名で伝わった[7]

概要[編集]

年表[編集]

あらすじ[編集]

上述の粘土板3枚について。

粘土版 1[編集]

アヌ(天)、エンリル(風)、エンキ(水)による宇宙の創造(創造神話

エンリルは、下位の神々に農業、治水を命じる[13]。40年後、下位の神々は反乱を起こす。エンキは、人間をつくって農業と治水を行わせることを提案。 

母神ニンフルサグ(マミ)は、死んだ知恵の神ゲシュトウーエ(Geshtu-e)の肉と血を混ぜた粘土で人間をつくる[14]。神々は粘土につばを混ぜる。10か月後、人間が誕生。 

粘土版 2[編集]

人間の過剰人口、エンリルは人口を減らすために飢餓旱魃を1200年毎にもたらす。 エンリルは、人間を破壊するために洪水を起すことを決める。

粘土版 3[編集]

ギルガメシュ叙事詩:粘土版 11にて改めて記載。

エンキは、シュルッパクのアトラ・ハシースに、家を解体して船を造り、エンリルが起そうとしている洪水から避難する術を話す。 アトラ・ハシースは、彼と彼の家族、動物と船に乗り扉を閉め避難。 嵐と洪水が起こってから7日後、アトラ・ハシースは神々に生け贄を捧げる。エンリルは、エンキが計画を漏らしたことを咎めるも、エンキとエンリルは和解。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Lambert and Millard, pages 8–15
  2. ^ a b 矢島(1982)p.129
  3. ^ 矢島(1998)p.128
  4. ^ 月本(1996)p.148
  5. ^ a b 月本(1996)p.106
  6. ^ a b 岡田・小林(2008)p.52
  7. ^ 岡田・小林(2008)pp.67-68
  8. ^ http://www.archive.org/details/thechaldeanaccou00smituoft The Chaldean Account of Genesis, New York: Scribner, Armstrong & Co., 1876. From Internet Archive.
  9. ^ Dalley, ed. and trans. Myths from Mesopotamia (New York: Oxford University Press), 1991
  10. ^ Lambert and Millard, Cuneiform Texts from Babylonian Tablets in the British Museum, London, 1965.
  11. ^ Lambert and Millard, Atrahasis: The Babylonian Story of the Flood, Oxford, 1969
  12. ^ Burkert, The Orientalizing Revolution: Near Eastern Influence on Greek Culture in the Early Archaic Age (Harvard) 1992, pp 88–91.
  13. ^ The Akkadian determinative dingir, which is usually translated as “god” or “goddess” can also mean “priest” or “priestess” (Margaret Whitney Green, Eridu in Sumerian Literature, PhD dissertation, University of Chicago [1975], p. 224) although there are other Akkadian words (e.g. ēnu and ēntu) that are also translated priest and priestess. The noun “divine” would preserve the ambiguity in dingir.
  14. ^ On some tablets the under-god Weila or Aw-ilu, was slain for this purpose.

参照[編集]

  • W. G. Lambert and A. R. Millard, Atrahasis: The Babylonian Story of the Flood, Eisenbrauns, 1999, ISBN 1-57506-039-6.
  • Q. Laessoe, “The Atrahasis Epic, A Babylonian History of Mankind”, Biblioteca Orientalis 13 [1956] 90–102.
  • Jeffrey H. Tigay, The Evolution of the Gilgamesh Epic, University of Pennsylvania Press, Philadelphia, 1982, ISBN 0-8122-7805-4.
  • 『メソポタミアの神話』 矢島文夫 、筑摩書房1982年7月
  • 『ギルガメシュ叙事詩』 矢島文夫(訳)、筑摩書房、1998年2月

外部リンク[編集]