小林登志子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小林 登志子(こばやし としこ、1949年[1][2] - )は、古代オリエント歴史学者。専門はシュメール[2]

千葉県生まれ[2]中央大学文学部史学科西洋史専攻を卒業し、同大学院を修了[1][2]。大学時代には古代ギリシアに憧れて太田秀通[3]の講義に出席するが、その講義を通じてシュメールに興味を持ちはじめ[4]、卒業論文ではギルガメシュをテーマにする[5]シュメール語尾崎亨(五味亨)より手ほどきを受ける[4]。1982年に第4回日本オリエント学会奨励賞を受賞[1][2][6]。1986年より立正大学文学部に奉職する[1]。1988年よりNHK学園「古代オリエント史」講座講師を務め[7][1]、NHKラジオ第2「カルチャーラジオ[8]NHK文化センターのカルチャー講座[9]でも講師を務める。

古代オリエント史学者の山田重郎は小林を「(シュメール学に関して)学識と語り部の能力を兼備」と評している[10]

著書[編集]

共著[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 山田重郎「書評 小林登志子 『シュメル-人類最古の文明-』」、『史學雜誌』第115巻第10号、2006年、 1787-1788頁、 NAID 110004837807

関連項目[編集]