アンシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンシャルまたはアンシャール (英語:Anshar) は、バビロニアの神話、エヌマ・エリシュ等に登場する天の
名前は「天の中心」を意味する。

キシャルと共に生まれた、その兄(または弟)にして夫。
アンシャルとキシャルはともにラハムラフムの子で、アヌ(伝承によっては、エンリルをも)産んだ。
アンシャルはニンリルの配偶神とされることもある。

アッシリア時代、サルゴン2世により、アッシュールを世界創造以来の神とする目的でアッシュールと習合された。

関連項目[編集]


参考文献[編集]

  • 「Gods, Demons and Symbols of ancient Mesopotamia」Jeremy Black & Anthony Green, University of Texas Press
  • 「筑摩古典文学大系1 古代オリエント集」 筑摩書房