アグネスゴールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アグネスゴールド[1]
欧字表記 Agnes Gold[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 1998年4月10日(21歳)
登録日 2000年6月22日
抹消日 2003年8月29日
サンデーサイレンス[1]
エリザベスローズ[1]
母の父 ノーザンテースト[1]
生国 日本の旗 日本北海道千歳市[1]
生産 社台ファーム[1]
馬主 渡辺孝男[1]
調教師 長浜博之栗東[1]
厩務員 吉田弘行
競走成績
生涯成績 7戦4勝[1]
獲得賞金 1億3410万7000円[1]
 
勝ち鞍
GII スプリングS 2001年
GIII きさらぎ賞 2001年
テンプレートを表示

アグネスゴールドとは日本競走馬で、現在はブラジルにて繋養されている種牡馬である。

1998年の当歳セレクトセールにおいて8,000万円で取引された。現役当時は長浜厩舎の僚馬アグネスタキオンとともに2001年クラシックロードを歩み、きさらぎ賞スプリングステークスと2つの重賞を優勝している。

競走馬時代[編集]

僚馬アグネスタキオン(以下タキオン)が新馬勝ちを飾った翌日アグネスゴールド(以下ゴールド)も新馬戦を勝ち、2頭揃ってデビュー戦を勝ち上がる。明け3歳初戦の若駒ステークスを「イマイチの内容」(河内洋)ながら制し2連勝となったゴールドはきさらぎ賞へと駒を進める。

管理調教師長浜博之はきさらぎ賞当時「ゴールドが力を発揮できるのはマイル以下かも」と話し、きさらぎ賞優勝時にも皐月賞でのタキオンとの対決に関し明言を避けるほどゴールドの進路には慎重になっており、両馬の主戦騎手を務めた河内洋も2頭の実力を「甲乙つけがたい」と評した。

続くスプリングステークスではここまで後方からの追い込みで勝ち星を重ねてきた内容から一転し、中団から差す競馬で重賞2連勝。多頭数が予想される本番皐月賞を見据え「後方一気のパターンだけでは心配、前で競馬ができるか」を課題にし挑んだ陣営を安堵させた。

この勝利により長浜はゴールドの皐月賞参戦を明言。また河内がタキオン・ゴールドのどちらを選択するかは「河内に委ねる」とし、皐月賞の焦点は同厩舎・同生産者・同馬主による無敗馬同士の対決となった。しかしその勝利の翌日の3月19日、右前脚の橈骨遠位端骨折が判明しクラシック戦線から離脱。この故障により河内はタキオンへの騎乗が決定、同馬で皐月賞を制覇している。しかし、タキオンもこのレース後に左前浅屈腱炎を発症し日本ダービーへの出走を断念、その後復帰することなく現役を引退した。

ゴールドは半年の休養を経て秋に復帰、一時は菊花賞を回避し天皇賞(秋)へと向かうプランもあったなか、結局菊花賞に参戦となるが成果なく敗退。河内はこの敗戦を「やっぱり距離」と振り返り、以後は中距離路線へと転進することとなった。その初戦となる鳴尾記念で3着と結果を出し「いい頃の感じに戻ってきた。これからが楽しみ。」(河内)と復活の兆しを見せたものの次走に予定していた京都金杯を右飛節に軟腫が認められたため回避し、1年以上に及ぶ長期休養に入ることとなる。

当初は2003年札幌記念で復帰予定だったが、僚馬のタキオンが引退に追い込まれた左前浅屈腱炎を発症し、現役を引退した。

競走成績[編集]

以下の内容は、netkeiba.com[2]およびJBISサーチ[3]の情報に基づく。

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2000 12. 3 阪神 新馬 11 2.7 (2人) 1着 河内洋 54 芝1600m(良) 1:37.2 (33.9) -0.1 (エアセンス)
2001 1. 22 京都 若駒S OP 9 2.0 (1人) 1着 河内洋 55 芝2000m(良) 2:02.6 (34.7) -0.1 (ダイイチダンヒル)
2. 11 京都 きさらぎ賞 GIII 12 1.9 (1人) 1着 河内洋 55 芝1800m(良) 1:47.9 (34.4) -0.1 ダンツフレーム
3. 18 中山 スプリングS GII 16 1.4 (1人) 1着 河内洋 56 芝1800m(良) 1:50.1 (35.2) -0.1 シンコウカリド
9. 23 阪神 神戸新聞杯 GII 12 7.1 (4人) 8着 河内洋 56 芝2000m(良) 2:00.3 (34.5) 0.8 エアエミネム
10. 21 京都 菊花賞 GI 15 9.8 (5人) 8着 河内洋 57 芝3000m(良) 3:08.1 (34.9) 0.9 マンハッタンカフェ
12. 9 阪神 鳴尾記念 GIII 13 3.4 (2人) 3着 河内洋 56 芝2000m(良) 1:59.9 (35.2) 0.1 メイショウオウドウ

種牡馬時代[編集]

2004年シーズンよりレックススタッドにて種牡馬となり62頭に種付けを行った。

2005年にファーストクロップとなる産駒が誕生しその後32頭が血統登録された。この年は35頭に種付けを行った。

2007年アメリカフロリダ州のラムホールサウスに移動した。初供用年の種付料は5000ドル(当時約60万円)。7月に荒尾競馬場で行われたレースで産駒のケイウンショウリが勝利し、これが地方競馬中央競馬通じての産駒初勝利となった。

2008年1月6日に中山競馬場で行われた3歳未勝利戦をコスモザガリアが制し、産駒が中央競馬で初勝利を挙げた。6月5日兵庫ダービーバンバンバンクが勝利、地方・中央通じて産駒の重賞初制覇となった。

2008年にブラジルへ輸出。2012年にこの地での初年度産駒からブラジル重賞勝ち馬を送り出し、2013年には産駒によるG1制覇を成し遂げる。

おもな産駒[編集]

  • アビジャン / Abidjan(G1ゼリア・ゴンザガ・ペイショト・デ・カストロ大賞)
  • アントネラベイビー / Antonella Baby(伯G1エンリケ・ポッソーロ大賞、伯G2カルロス・テレス&カルロス・ジルベルト・ダ・ロチャ・ファリア大賞、伯G3ジョアオ・アデマール&ネルソン・デ・アルメイダ・プラド大賞)
  • エネルジアエレガンテ / Energia Elegante(伯G2フランシスコ・ヴィエラ・デ・ポーラ・マチャド大賞、伯G3ルイス・フェルナンド・シルネ・リマ大賞)
  • エネルジアフリビー / Energia Fribby(伯G1ディアナ大賞、伯G2カルロス・テレス&カルロス・ジルベルト・ダ・ロチャ・ファリア大賞、伯G3ジョアオ・アデマール&ネルソン・デ・アルメイダ・プラド大賞)
  • サイレンスイズゴールド / Silence Is Gold(伯G1マルガリーダ・ポラク・ララ大賞)
  • バンバンバンク(兵庫ダービー、楠賞2勝、新春賞
  • ヴィクトリーパール(ローレル賞

エピソード[編集]

  • アグネスゴールド、アグネスタキオン両方を管理する長浜調教師は、スプリングステークス後「河内騎手はゴールド、タキオンどちらに乗ってくれるのか・・どっちにも乗らないとか」とジョークをとばし報道陣を爆笑させた。
  • 全兄のフサイチゼノンもアメリカで種牡馬となっている。日本生産馬が兄弟揃ってアメリカで種牡馬となっているのはめずらしいケースである。

血統表[編集]

アグネスゴールド血統サンデーサイレンス系/(Almahmoud 4×5=9.38%、Lady Angela 5×4=9.38%) (血統表の出典)

* サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
父の父
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason
1958 黒鹿毛
Turn-to
Nothirdchance
Cosmah
1953 鹿毛
Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well
1975 鹿毛
Understanding
1963 栗毛
Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower
1964 鹿毛
Montparnasse
Edelweiss

エリザベスローズ
1989 栗毛
* ノーザンテースト
Northen Taste
1971 栗毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Lady Victoria Victoria Park
Lady Angela
母の母
* ノーベンバーローズ
November Rose
1982 黒鹿毛
Caro * フォルティノ
Chambord
Jedina What a Pleasure
Killaloe F-No.16-a

全兄にフサイチゼノン、全弟にリミットレスビッドらがいる。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n アグネスゴールド”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月20日閲覧。
  2. ^ アグネスゴールドの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月20日閲覧。
  3. ^ アグネスゴールド 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]