フサイチゼノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フサイチゼノン
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1997年3月2日(20歳)
死没 (現役種牡馬)
サンデーサイレンス
エリザベスローズ
母の父 ノーザンテースト
生国 日本の旗 日本北海道千歳市
生産 社台ファーム
馬主 関口房朗
調教師 田原成貴森秀行栗東
ニール・ドライスデールアメリカ
競走成績
生涯成績 6戦3勝(中央競馬
2戦0勝(日本国外)
獲得賞金 77,982,000円(日本)
68,000ドル(日本国外)
テンプレートを表示

フサイチゼノン英語: Fusaichi Zenon1997年3月2日 - )は日本中央競馬会に登録されていた元競走馬で、現在はアメリカニューメキシコ州のウェザーリー・ファームに繋養されている種牡馬である。全弟アグネスゴールドリミットレスビッドらがいる。

競走馬時代[編集]

栗東田原成貴厩舎に入厩したフサイチゼノンは1999年12月21日にデビュー戦を飾り、2戦目で重賞シンザン記念に挑戦したが、折り合いを欠いてダイタクリーヴァの5着と敗退。3戦目の自己条件のこぶし賞を6馬身差で圧勝すると、4戦目の弥生賞では1番人気に押され、早め先頭からエアシャカールラガーレグルスの追撃を抑え重賞初制覇。この時点で牡馬クラシックの最有力候補となった。

そして最初のクラシック皐月賞へ駒を進めるのだが、レース数日前に脚部不安が生じて、田原が万全な出走ができないとして関口に十分な説明がないまま4月12日の記者会見で皐月賞を回避すると発表した。翌日ゼノンは右腕節炎が判明して皐月賞への出走は不可能となるが、関口は自分には無断で記者会見を開き、その内容に激怒してゼノンを田原厩舎から森秀行厩舎へと転厩させる処置を行なった。のちに関口は「出走回避については事前に連絡を受けており承諾していた。ただし、その後記者会見をする際の仕切りが自分の意に沿うものではなかった。それに対して田原から一切謝罪が無かったことが関係悪化の原因」と説明している。さらに田原はゼノンの距離適性から東京優駿を回避する方向で決めており、これに対しても関口は強い不満を示したと言われている。

12月27日山元トレーニングセンターから栗東トレーニングセンターへと帰厩したゼノンは翌年アメリカニール・ドライスデール厩舎に転厩させ、サンデーサイレンスの子をアメリカの地で走らせたいという関口の希望を、共同馬主の社台ファームと森調教師の了解を得て正式決定した。 古馬になった翌年2001年に復帰。2月の白富士ステークスが5着、3月の大阪城ステークスが12着。そしてアメリカへと渡り異国の地で競走生活を送ることとなった。しかし、脚部不安により満足にレースが使えず、アローワンス競走が2着、マンノウォーステークスが4着となり、これが最後のレースとなって翌年2002年11月に引退。アメリカで種牡馬生活に入った。

種牡馬時代[編集]

2003年からカルフォルニア州のマガリファームで種牡馬生活に入り、2007年からニューメキシコ州のウェザーリーファームに移動した。現地の種付け料は2008年現在で800ドル(約9万円)。15頭の繁殖牝馬と種付けを行なった。

エピソード[編集]

  • 皐月賞回避に対する田原の言動やその行動に馬主の関口やマスコミからも不信が極まった。脚部不安を発症しているにも関わらずゼノンを調教させたり、ゼノンの故障に対しても「俺の方が正しかった」と威張った発言したと言われている。
  • 一つ下の全弟のアグネスゴールドも皐月賞の最有力候補になりながらも、故障で回避。引退後に兄と共に同じアメリカの地で種牡馬になるなど、その境遇は似ている。

血統表[編集]

フサイチゼノン血統サンデーサイレンス系 / (Almahmoud 4×5=9.38%、Lady Angela 5×4=9.38%) (血統表の出典)

* サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason
1958 黒鹿毛
Turn-to
Nothirdchance
Cosmah
1953 鹿毛
Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well
1975 鹿毛
Understanding
1963 栗毛
Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower
1964 鹿毛
Montparnasse
Edelweiss

エリザベスローズ
1989 栗毛
* ノーザンテースト
Northen Taste
1971 栗毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Lady Victoria Victoria Park
Lady Angela
* ノーベンバーローズ
November Rose
1982 黒鹿毛
Caro * フォルティノ
Chambord
Jedina What a Pleasure
Killaloe F-No.16-a
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

外部リンク[編集]