ぼくのなつやすみ3 -北国篇- 小さなボクの大草原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ぼくのなつやすみシリーズ > ぼくのなつやすみ3 -北国篇- 小さなボクの大草原
ぼくのなつやすみ3 -北国篇- 小さなボクの大草原
ジャンル なつやすみアドベンチャー
対応機種 PlayStation 3
開発元 ミレニアムキッチン
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
ディレクター 綾部和
デザイナー 綾部和
シナリオ 綾部和
音楽 鵜飼秋子
シリーズ ぼくのなつやすみシリーズ
人数 1人
メディア BD-ROM
発売日 2007年7月5日
2008年7月3日廉価版
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
デバイス SIXAXIS(6軸検出システム対応)
売上本数 日本の旗約7万本
その他 メモリーカード 520KB以上
予約特典「ジャポニカ学習帳(ぼくなつ版)」
テンプレートを表示

ぼくのなつやすみ3 -北国篇- 小さなボクの大草原』(ぼくのなつやすみ3 -きたぐにへん- ちいさなぼくのだいそうげん)は、ソニー・コンピュータエンタテインメントから2007年7月5日に発売されたPlayStation 3ゲームソフト。『ぼくのなつやすみシリーズ』3作目。

発売当時のキャッチコピーは「カミサマ、あの夏に、返してくれないか。

ハードウェアPlayStation 2からPlayStation 3に移り、PLAYSTATION Storeでは、プロモーションムービーや「ボクくん」が着る「Tシャツ」の無料配布などが行われた。

2007年7月3日 - 8月20日には、デイリーヤマザキSCEタイアップ企画「わくわくなつやすみキャンペーン」の一つ「ぼくのなつやすみ 絵日記コンテスト開催!!」も行われた[注 1][1][2]

概要[編集]

1975年(昭和50年)の北海道、架空の町「花詩」が舞台。母親が臨月のため、8月の間北海道のおじの家に預けられた小学4年生の「ボクくん」を操作して、広大な北国の自然の中で夏休みを楽しむゲーム。。

日本国内でSL(蒸気機関車)が活躍した最後の時代の物語[3]

夕方に鳴いているのは「エゾハルゼミ[3]

オープニングのムービーの蒸気機関車でよく見るとぼくのなつやすみ2で出てきた芳花姉ちゃんがいる[3]

モデル[編集]

北海道虻田郡喜茂別町花丘 - 今回の舞台「花詩」のモデル。

羊蹄山北海道後志地方南部(胆振国北西部)) - 作中で登場する「ウーテイ山」のモデル[4]。同山地の麓は、ゲームデザイン・脚本を担当した綾部和の故郷でもある。

尻別岳 - ウーテイ山(羊蹄山)の南側にある。「ヒリヒリ岳」のモデル。

倶多楽湖 - 「ウッタラ湖」のモデル。

喜茂別町 - 花詩の隣町、「猪茂別町」のモデル。

ニセコ駅 - オープニングとエンディングで登場する駅のモデル。

ガラス工房 - 内部イメージは、オアフ島のハレイワにあるガラスショップ[3]

草滑りのすぐ下にある建物は、綾部さんの奥さんの実家の近くにあった床屋さんがモデル。

前作からの強化項目・追加項目[編集]

追加項目[編集]

  • 草すべり:ダンボール入手後遊べる。
  • ゴムとびアルプス一万尺:歌やタンバリンの音にタイミング合わせて遊ぶ。
  • 俳句作り:俳句を作り、採点してもらえる。
  • 水切り:楽しんでいるほど跳ねる回数が多い。
  • 乳しぼり、子牛の世話:乳しぼりをして、子牛にミルクをあげれる。
  • ガラス工芸:何かを達成することでもらえる。
  • 七夕:夏にある。
  • 水泳大会:緑ちゃん、勇人、礼くんと対戦できる。
  • お気に入りファイル:ゲームクリア後、お気に入りファイルを作ると、次回以降のプレイにお気に入りの甲虫たちを連れて行くことが可能。
  • キング戦:お気に入りファイル経由で持ち込んだ甲虫の種類によって、ボス敵の種類が変わる。

強化項目[編集]

昆虫
昆虫図鑑に登場する昆虫は128種類、虫相撲で出せる虫が26種、技の種類が86種になった。

虫相撲

カミキリ系、オサムシ系、カナブンなどが加わり、試合の途中で虫の背中を押すことができるようになった。

王冠

今作は国旗シリーズ。全部で50個になった。

登場人物[編集]

ボク
- 千葉翔也 (音声収録は2007年1月、小学5年生)
本作の主人公。小学4年生。前作までと同じく母親が臨月のため、8月の間北海道のおじの家で過ごすことになった。また、ウーテイ山に大人になったら登る約束をする。また東京に住んでいて、東京に帰った後、夏休みだけ帰ってきている同じ東京住まいの未知と幾度か遊ぶ。終盤では家に帰る直前に初めておばちゃんに抱っこしてもらった。

吉本家[編集]

おじちゃん(吉本武【たける】)
声 - 堀内賢雄
32歳。前作までとは違い今回はおじちゃんがボクの父親の兄弟。吉本牧場の主人。婿養子。
おばちゃん(吉本楓【かえで】)
声 - 堀越真己
29歳。数学が得意で酪農経営の効率化を考えている。なお、前作までおばちゃんの声は一城みゆ希で、見た目も大差なかったが、今作では変更されている。終盤では、列車を見送った後に涙を流して泣いた。
声 - 万代千紗 (音声収録は2007年1月、小学5年生[注 2]
吉本家の長女。小学4年生。幼い頃から牧場の仕事を手伝ってきたからか真面目で堅物、大人びている。しっかりしているように見えて、実はまだまだ幼い部分をたっぷり残している[3]
8月31日にクラス対抗合唱会があるため、冬景色をよく庭で練習している。
ボクに以前来た時に交わした約束を思い出させようとする。
シリーズ初の女性虫相撲参加者。
日向(ひなたん)
声 - 津村まこと
吉本家の次女。8月25日生まれで、まもなく1歳になる。朝のラジオ体操で体操をしている。
じいちゃん(吉本正助【しょうすけ】)
声 - 佐々木敏
59歳。おばちゃんの父親で普段は農協で働いている。
大神のおばあちゃんとは昔なじみのようで色々と気にかけている。

こどもたち[編集]

町立花詩小学校に通っている。8月20日から新学期になる。

木取勇人(きどりはやと)
声 - 斉藤恵理
小学4年生。緑のクラスメート。未知のことが好き。
虫相撲で1970年代の北海道ではめったに手に入らないカブトムシ(北海道において野生化したカブトムシが一般化したのは1980年代以降)、虫ですらないトカゲのカナチョロを繰り出してくる。ノコギリクワガタをよく使う。
また2週目のストーリーのときにお気に入りの虫でカブトムシを選択しストーリーを始めるとニホンザリガニも出してくる。
永井未知(ながいみち)
声 - 鈴木絢子 (音声収録は2007年1月、中学2年生)
小学4年生。1年前までは緑、勇人とクラスメートだったが内地の板橋区に引越しをして、夏休みの間だけ戻ってきている。
普段は話してもあまり言葉を交わさない(というより勇人が割り込んでくる)が、2人きりになると大人びた話や哲学のような理解が難しい話をしてくる。
カナヅチで虫嫌い。
山田礼(やまだれい)
声 - 津村まこと
小学6年生。子供たちのリーダー。楡杏寺の一人息子。
母親は豊島園に住んでいる。ルリボシカミキリをよく使う。

ガラス工房[編集]

花咲めぐみ
声 - 弓場沙織
25歳。独身。ガラス細工職人。
ボクが何かを成し遂げるとガラス細工をプレゼントしてくれる。またガラス細工作品を割ると怒り、「今度やったら…」といろんな罰を言ってくるが、何度割っても罰は受けない。
花咲はるみ
声 - 最上莉奈
17歳。めぐみの親戚で高校2年生。ガラス細工職人を目指している。
なお声優の最上莉奈ぼくのなつやすみ4以外シリーズ皆勤。

チャチャ

ガラス工房の前の木にいる。ガラス職人のめぐみさんと、仲良しのエゾリス

大神家[編集]

大神鈴(大神のおばあちゃん)
声 - 斉藤千恵子
65歳。川の向こう岸に1人で住んでいる。ボクの選択によって札幌に移り住むか、そのまま今の所に住むか分かれる。
大神良
声 - 斉藤志郎
大神のおばあちゃんの息子。40歳。
札幌で妻子と暮らしている。一人暮らしの母を心配して同居を薦めている。

その他の人物[編集]

お坊さん
声 - 藤本譲
楡杏寺の住職。礼の父親。
お墓参りの際にお経を読むが、一部を飛ばして読む。よく言えば茶目っ気タップリ、悪く言えば生臭坊主。[お経]]は、本物のお坊さんに書いてもらったウソのお経を、本物の住職の藤本譲さんに読んでもらったもの[3]
運転手
声 - くわはら利晃
吉本牧場の牛乳を出荷している。ボクに俳句を教えてくれるほか、牧場の裏手まで連れて行ってくれる。作中でも語られているが、相当ヒマなようである。俳句の階級を最高にするとガラス細工がもらえる。
船頭さん
声 - くわはら利晃
ぽんぽん船の船長。ボクを川の向こう岸へ連れて行ってくれる。
船の鍵やラジオを川に落としてしまうが、病み上がりぎっくり腰)のために自分で拾えない。ちなみにラジオは川底で元気に鳴る。かなり音量がでかいが、陸に上がると聞こえなくなる。
おとうさん
声 - 牛山茂
ボクの父親。妻の出産を手伝うため、ボクを弟一家に預けた。声優はぼくのなつやすみと同じ。
チャチャ
ガラス工房の前の木に住んでいるリス。めぐみの親友でどんぐりが好き。

ラジオ音

声 - 貞平麻衣子里中あや安田美香湯原麻利絵龍田梨恵 立花裕人[注 2][3]
ナレーション
声 - ダンカン
回想を語る大人になったボク。ぼくのなつやすみ4で船頭として出てくる以外シリーズを通して設定、声優が変更されていない。

主なスタッフ[編集]

企画制作 - ミレニアムキッチン

制作著作 - 株式会社 ソニー・コンピュータエンタテイメント

監督脚本ゲームデザイン - 綾部和ミレニアムキッチン

キャラクターデザイン - 上田三根子

設定 - 玖村麻子

キャラクターモデリングアニメーション - ミレニアムキッチン

背景美術

草薙KUSANAGI

背景デジタルプロセス - ミレニアムキッチン

システムグラフィック - 玖村麻子、ミレニアムキッチン

プログラム - AQURIA(旧株式会社サワノ) 、坪井哲央、天野晃久、中村大吾

草すべり・水中モデリング - AQURIA(旧株式会社サワノ)、鈴木勝晴、松田直子、可知悦子

イベントスクリプト - ミレニアムキッチン綾部和

CGムービー

サウンド - 増田延郎

音楽

音楽[編集]

主題歌(テーマソング)[編集]

ひまわり娘」(伊藤咲子カバー曲

- marhy(from DAUGHTER) / 作詞 - 阿久悠 / 作曲 - LEVY SHUKI

編曲/サウンドプロデュース - 久保田光太郎

Guitar - わたなべゆう / Piano - 藤本moz純一

録音スタジオ - i@Recording Studio/Studio FOES

挿入歌[編集]

挿入歌「虹のサイクリングロード」

/作詞 - 菜穂 / 作曲/編曲 - 富田勇

挿入歌「夏」

/作詞 - 本名数人 / 作曲/編曲 - 富田勇

挿入歌「雨の日曜日」(ゲーム内のラジオ番組『安田美香のちょっとおやすみ前』の中で流れる挿入歌[3]。)

/作詞 - 戸田和雅子 / 作曲/編曲 - 富田勇

サウンドトラック[編集]

劇中のBGMを収録したサウンドトラック。全34曲。なお、『ぼくのなつやすみシリーズ』においてサウンドトラックが発売されたのは本作のみ[5]

ぼくのなつやすみ3 北国篇 小さなボクの大草原 サウンドトラックス
サウンドトラック
リリース
ジャンル ゲームミュージック
時間
レーベル コロムビアミュージックエンタテインメント
EANコード
EAN 4988001905295
テンプレートを表示
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「野ばら」    
2. 「ぼくのなつやすみメインテーマ ~北海道篇~」    
3. 「夏」    
4. 「大地のテーマ」    
5. 「雨の日曜日」    
6. 「秋の惑星」    
7. 「アルプス一万尺 ~Slow~」    
8. 「湖底に眠るなぞの遺跡」    
9. 「虹のサイクリングロード」    
10. 「怖い森から、怖い何かがやってくる」    
11. 「冬景色 ~Practice makes perfect Version~」    
12. 「雪に迷う」    
13. 「ぼくのなつやすみメインテーマ ~北海道の秋篇~」    
14. 「ひまわり娘 ~Ending Long Version~」    
15. 「くるみ割り人形 ~葦笛の踊り・金平糖の踊り~」    
16. 「ガラス工房」    
17. 「ゴムとびの歌 ~Slow~」    
18. 「長女は結構えらい」    
19. 「冬景色」    
20. 「子供盆踊り歌」    
21. 「ぼくらの皆既日蝕」    
22. 「おやすみなさい」    
23. 「巣立ちと別れ」    
24. 「ハロウィンとはちょっと違う冒険」    
25. 「負けたねボク!」    
26. 「やったねボク!」    
27. 「かなり大失敗のテーマ」    
28. 「ぼくのなつやすみメインテーマ ~アコーディオン篇3~」    
29. 「冬景色 ~合唱会~」    
30. 「ひまわり娘 ~Opening Short Edit~」    
31. 「この広い野原いっぱい ~Game Ending Version~ (From ぼくなつ)」(ボーナストラック)    
32. 「少年時代 (From ぼくなつ2)」(ボーナストラック)    
33. 「ひまわり娘 ~Backing Track~(カラオケ)」(ボーナストラック)    
34. 「冬景色 ~合唱会 Backing Track~(カラオケ)」(ボーナストラック)    

ダウンロードコンテンツ[編集]

プロモーションムービー
Tシャツ

書籍[編集]

背景画集 草薙3 日本の風景編[注 3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ぼくのなつやすみ 絵日記コンテスト開催!!”. デイリーヤマザキ. 2016年8月閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ a b 千紗ちゃんのおとうさんは、テレビ・ラジオ等で活躍されているキャスター・レポーターの立花裕人さん。収録現場に現れたおとうさんに、ゲーム内で流れるラジオ番組のナレーションを依頼した。
  3. ^ 背景画集 草薙3 日本の風景編”. 草薙. 2016年8月閲覧。

出典[編集]

外部リンク[編集]