あっくんとカノジョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あっくんとカノジョ
ジャンル ラブコメ
漫画
作者 杜若わか
出版社 KADOKAWA
掲載誌 月刊コミックジーン
レーベル MFコミックスジーンシリーズ
発表号 2013年7月号 - 2018年7月号
発表期間 2013年6月16日 - 2018年6月15日
巻数 全8巻
話数 全58話
ドラマCD
発売元 フロンティアワークス
販売元 KADOKAWA メディアファクトリー
発売日 2016年12月21日
収録時間 66分
話数 全5話
枚数 1枚
アニメ
原作 杜若わか
監督 片貝慎
シリーズ構成 山田由香
脚本 山田由香
キャラクターデザイン 谷口元浩
音楽 斎藤悠弥、Sound Drive
アニメーション制作 ゆめ太カンパニー
製作 あっカノ製作委員会
放送局 AT-Xほか
放送期間 2018年4月 - 9月
話数 全25話
関連作品
  • 朗読劇「あっくんとカノジョ〜松尾真砂の日常〜」
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

あっくんとカノジョ』は、杜若わかによる日本漫画作品。『月刊コミックジーン』(KADOKAWA)にて、2013年7月号(2013年6月16日発売)から[1]2018年7月号(2018年6月15日発売)まで連載された。極度のツンデレである主人公と、非常に打たれ強いヒロインの恋愛模様を描いだラブコメディ作品。

登場人物[編集]

担当声優は、ドラマCD[2] / テレビアニメ[3][4] / 朗読劇[5][6]

荘 敦大(かがり あつひろ)
声 - 福山潤 / 鈴木達央大越あみ(小学生時代) / 松田将希
本作の主人公。高校2年生。のんからの愛称は「あっくん」。中学からの彼女であるのんに対して暴言や無視などの行為を平気で行うが、その実態は重度のツンデレであり、のんがいない場ではデレながら彼女の愛くるしさを妹や松尾に語り、盗聴や尾行などストーカー紛いの行動までするほど彼女に惚れている。意識的にのんへの好意を表に見せないが、はぐれることを心配したり、無意識にのんへの好意を見せることもある。
片桐 のん(かたぎり のん)
声 - 悠木碧 / 諏訪彩花 / 最上みゆう
本作のヒロイン。敦大の彼女。愛称は「のんたん」。敦大に冷たくされてもそれが本心でないツンデレ行為であることに気づいており、付き合いの長さもあり全く気にせず接する。敦大が無意識にデレる所に至福を感じている。なお、敦大が裏で何をやっているかは知らずにいる。敦大の他にも彼女への好意を寄せている人物がいる。基本的に優しい性格だが、敦大が無理に負担のかかる行動をしようとすると怒って諌めたりする。
松尾 真砂(まつお まさご)
声 - 岡本信彦 / 植田圭輔 / 植田圭輔
荘の友人。荘のストーカー行為を知り辟易しながらも、彼との友人関係を継続している。重度のギャルゲーム好きで、敦大の家に上がりこんではゲームをプレイし、キャラクターに対して本気の恋愛をしている。また、遊びに来る関係上、千穂と絡む機会が多く、気にかけている面も多い。
荘 千穂(かがり ちほ)
声 - 内田真礼 / 香里有佐 / 長澤茉里奈
敦大の妹。中学2年生。反抗期の真っ只中でつんけんな態度が多いが、根は真面目。のんが好きで、兄とは負けず劣らずいつものんを取り合っている。松尾とはよく絡むが、その度に突っぱねている(突っぱね方にずれがあるため、関係を知らない人から恋人と誤解されやすい)。
入江 小凪(いりえ こなぎ)
声 - 小澤亜李 / 嘉陽光 / 嘉陽光
敦大たちの同級生。底抜けに明るくポジティブな性格。窪村に片思いをしており、性格もあってかことあるごとに彼に絡んでいく。頭はいいかもしれないと言われているが、彼に絡むことを重視しているためか斜め上気味に発揮している。
窪村 匠(くぼむら たくみ)
声 - 中村悠一 / 羽多野渉 / 山内圭輔
敦大たちの担任教諭。真面目な苦労人で、彼と一緒にいるために補習すら敢行しようとするほど猛烈にアタックしてくる入江に翻弄される。
荘 櫻子(かがり さくらこ)
声 - 小林沙苗 / 藤東知夏 / 藤東知夏
敦大と千穂の母親。旧姓、和泉。荘家一の権力者。お茶目かつ掴みどころのない性格で、よく夫をからかっている。
荘 圭太(かがり けいた)
声 - 木内秀信 / 板垣優稀 / 平本雄
敦大と千穂の父親。息子とのんの交際関係を知らなかったり松尾を千穂の彼氏と誤認するなど、抜けている部分がある。
片桐 月実(かたぎり つぐみ)
声 - 中原麻衣 / 名取舞 / なし
のんの母親。夫のそっけない態度もまったく気にしないなど、のんに似て打たれ強い。原作では月実の読み方のルビが「つぐみ」の箇所と「つきみ」の箇所が存在する。
片桐 正一郎(かたぎり しょういちろう)
声 - 遊佐浩二 / 橘諒 / なし
のんの父親。ツンデレ。密かに娘を溺愛しており、似た者同士の荘とは関係が良好。名前の読み方は原作のルビでは「しょういちろう」、アニメ版では「せいいちろう」と発音されている。
日向野 優衣(ひがの ゆい)
声 - なし / 仲田ありさ / なし
千穂の同級生。イケメン好き。年相応に恋愛に興味を持っており、松尾を千穂の彼氏と勘違いしている。

書誌情報[編集]

ドラマCD[編集]

2016年12月21日にフロンティアワークスから発売された[15]

テレビアニメ[編集]

2018年4月から9月まで、AT-Xほかにて5分枠の短編アニメとして放送された[16]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 杜若わか[16]
  • 監督・音響監督 - 片貝慎[3]
  • シリーズ構成 - 山田由香[16]
  • キャラクターデザイン・作画監督・総作画監督 - 谷口元浩[16]
  • プロップデザイン - 鈴木彩乃[3]
  • 色彩設計 - 松森より子[3]
  • 撮影監督 - 松崎信也[3]
  • 美術監督 - 柴田正人[3]
  • 美術設定 - 金島邦夫、柴田正人
  • 編集 - 山岸歩奈実
  • 音楽 - 斎藤悠弥、Sound Drive
  • 音楽制作 - Sound Drive
  • 音響制作 - スリートゥリー、叶音[3]
  • プロデューサー - 杉浦綾香、瀬川昇、天野幸大、中野結衣、原田浩介
  • アニメーションプロデューサー - 加百優喜雄
  • アニメーション制作 - ゆめ太カンパニー[16]
  • 製作 - あっカノ製作委員会

主題歌[編集]

「恋のバルーン」(第1話 - 第12話)
作詞・歌 - 大島はるな / 作曲・編曲 - 斎藤悠弥
「We☆Pace!!」(第13話 - 第25話)
作詞 - 大島はるな / 作曲・編曲 - 斎藤悠弥 / 歌 - 大島はるな feat.恵比寿coffret

各話リスト[編集]

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出
第1話彼氏の実態 山田由香片貝慎
第2話手慣れた彼女
第3話咀嚼回数 大嶋博之片貝慎
第4話全ての始まり
第5話相合い傘
第6話両親たち
第7話入江さん
第8話彼なりの勉強法
第9話松尾と千穂
第10話Beach Time
第11話祭りの夜
第12話リンゴ飴ハンマー
第13話おもひで話
第14話ハロウィン!
第15話願望・無感動・至高
第16話松尾対策
第17話あっくんのお泊り会
第18話クリスマス☆
第19話謹賀新年 加百優喜雄
第20話美化活動
第21話直球の言葉 山田由香
第22話スタートライン 片貝慎
第23話ネギ人形 大嶋博之片貝慎
第24話キライ... 片貝慎
第25話あっくんとカノジョ

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[17]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [18] 備考
2018年4月6日 - 9月21日 金曜 22:30 - 22:35 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
2018年4月10日 - 6月26日
2018年7月3日 - 9月25日
火曜 1:10 - 1:15(月曜深夜)
火曜 1:00 - 1:05(月曜深夜)
TOKYO MX 東京都
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[17]
配信期間 配信時間 配信サイト
2018年4月6日 - 9月21日 金曜 22:30 更新
2018年4月7日 - 9月22日 土曜 12:00 更新 dアニメストア
土曜 23:25 - 23:30 AbemaTV
2018年4月8日 - 9月23日 日曜 0:00 更新
2018年4月23日 - 月曜 12:00 更新 バンダイチャンネル

BD / DVD[編集]

第1巻には後述の朗読劇のチケット優先販売申込券が封入された[5]

発売日[19] 収録話 規格品番
BD DVD
1 2018年8月31日 第1話 - 第12話 SMIB-26 SMID-12
2 2018年11月30日予定 第13話 - 第25話 SMIB-27 SMID-13

朗読劇[編集]

テレビアニメ放送期間中に朗読劇としての上演が発表された[20]。「あっくんとカノジョ〜松尾真砂の日常〜」といったタイトルで、松尾真砂を主人公に置いたストーリーとなっている。松尾真砂役はアニメ版で声優を務める植田圭輔が据え置かれた。

2018年10月25日26日の2日間、科学技術館サイエンスホールで全2公演が行われる予定[5]。演出は西原翔吾、脚本は和泉育実

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “「カゲロウデイズ」のスケジュールシールがジーン付録に”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2013年6月16日). https://natalie.mu/comic/news/92892 2018年2月3日閲覧。 
  2. ^ “ドラマCD「あっくんとカノジョ」キャスト続報、岡本信彦や内田真礼ら8名”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年10月16日). https://natalie.mu/comic/news/205579 2018年2月3日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g “アニメ「あっくんとカノジョ」キャストに鈴木達央、諏訪彩花、植田圭輔、香里有佐”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年2月15日). https://natalie.mu/comic/news/269582 2018年2月15日閲覧。 
  4. ^ “アニメ「あっくんとカノジョ」窪村先生役は羽多野渉、小凪役は嘉陽光”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年3月15日). https://natalie.mu/comic/news/273591 2018年3月15日閲覧。 
  5. ^ a b c “植田圭輔出演、朗読劇「あっくんとカノジョ」に松田将希&山内圭輔”. ステージナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年8月29日). https://natalie.mu/stage/news/297460 2018年9月21日閲覧。 
  6. ^ TVアニメ『あっくんとカノジョ』公式 [@akkano_anime] (2018-09-20). "10/25,26開催『朗読劇「あっくんとカノジョ」~松尾真砂の日常~』。のん、千穂、小凪役のキャストとビジュアル公開!" (ツイート). 2018年9月21日閲覧Twitterより. 
  7. ^ あっくんとカノジョ 1 杜若 わか:コミック”. KADOKAWA. 2018年2月3日閲覧。
  8. ^ あっくんとカノジョ 2 杜若 わか:コミック”. KADOKAWA. 2018年2月3日閲覧。
  9. ^ あっくんとカノジョ 3 杜若 わか:コミック”. KADOKAWA. 2018年2月3日閲覧。
  10. ^ あっくんとカノジョ 4 杜若 わか:コミック”. KADOKAWA. 2018年2月3日閲覧。
  11. ^ あっくんとカノジョ 5 杜若 わか:コミック”. KADOKAWA. 2018年2月3日閲覧。
  12. ^ あっくんとカノジョ 6 杜若 わか:コミック”. KADOKAWA. 2018年2月3日閲覧。
  13. ^ あっくんとカノジョ 7 杜若 わか:コミック”. KADOKAWA. 2018年2月3日閲覧。
  14. ^ あっくんとカノジョ 8 杜若 わか:コミック”. KADOKAWA. 2018年6月27日閲覧。
  15. ^ ドラマCD あっくんとカノジョ”. フロンティアワークス. 2018年2月3日閲覧。
  16. ^ a b c d e “TVアニメ『あっくんとカノジョ』放送時期が2018年春に決定! 主要キャラクター4名の設定画も大公開”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2018年2月1日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1517450507 2018年2月3日閲覧。 
  17. ^ a b 放送情報”. TVアニメ「あっくんとカノジョ」. 2018年3月28日閲覧。
  18. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  19. ^ BD&DVD情報”. TVアニメ「あっくんとカノジョ」. 2018年3月24日閲覧。
  20. ^ “朗読劇「あっくんとカノジョ」に松尾役の植田圭輔が出演”. ステージナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年7月19日). https://natalie.mu/stage/news/291752 2018年10月13日閲覧。 

外部リンク[編集]