PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND
イベント詳細
シリーズ PRIDE(PRIDE GRANDPRIX)
主催 DSE
開催年月日 2006年7月1日
開催地 日本の旗 日本
埼玉県さいたま市
会場 さいたまスーパーアリーナ
開始時刻 午後4時
試合数 全9試合
放送局 スカイパーフェクTV!
入場者数 44,606人
イベント時系列
PRIDE 武士道 -其の十一- PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND PRIDE 武士道 -其の十二-

PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND(プライド むさべつきゅうグランプリにせんろく セカンドラウンド)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。2006年7月1日埼玉県さいたま市さいたまスーパーアリーナで開催された。海外PPVでの大会名は、「PRIDE Critical Countdown Absolute」。

大会キャッチコピーは「奈落へ昇れ。」。

大会概要[編集]

エメリヤーエンコ・ヒョードルの負傷欠場により、ヴァンダレイ・シウバがミドル級代表として急遽参戦し、ヘビー級の藤田和之と対戦。持ち前のラッシングファイトでTKO勝ちを収めた。

吉田秀彦ミルコ・クロコップにTKO負けを喫し、これにより日本勢は全滅した。

ジョシュ・バーネットマーク・ハントから秒殺の一本勝利を挙げ、一躍優勝候補の筆頭に。ファブリシオ・ヴェウドゥムは善戦するもアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに判定で敗れた。

試合結果[編集]

第1試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
ポーランドの旗 パウエル・ナツラ vs. ブラジルの旗 エジソン・ドラゴ ×
1R 4:33 腕ひしぎ十字固め
第2試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
日本の旗 中尾"KISS"芳広 vs. 韓国の旗 イ・ウンス ×
1R 4:16 TKO(ドクターストップ)
第3試合 ミドル級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 ビクトー・ベウフォート vs. 日本の旗 高橋義生 ×
1R 0:36 KO(左フック)
第4試合 ミドル級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ vs. オランダの旗 アリスター・オーフレイム ×
2R 2:13 TKO(タオル投入)
第4試合 ミドル級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
日本の旗 中村和裕 vs. ブラジルの旗 エヴァンゲリスタ・サイボーグ ×
1R 4:49 V1アームロック
第6試合 PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2回戦 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ vs. ブラジルの旗 ファブリシオ・ヴェウドゥム ×
3R終了 判定3-0
ノゲイラが準決勝進出。
第7試合 PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2回戦 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 ヴァンダレイ・シウバ vs. 日本の旗 藤田和之 ×
1R 9:21 TKO(タオル投入)
シウバが準決勝進出。
第8試合 PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2回戦 1R10分、2・3R5分
アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・バーネット vs. ニュージーランドの旗 マーク・ハント ×
1R 2:02 チキンウィングアームロック
バーネットが準決勝進出。
第9試合 PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2回戦 1R10分、2・3R5分
クロアチアの旗 ミルコ・クロコップ vs. 日本の旗 吉田秀彦 ×
1R 7:38 TKO(タオル投入)
ミルコが準決勝進出。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]