THE BEST (格闘技イベント)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
THE BEST
イベント詳細
シリーズ PRIDE(THE BEST)
主催 DSE
開催年月日 2002年2月22日
開催地 日本の旗 日本
東京都文京区
会場 後楽園ホール
試合数 全6試合
放送局 スカイパーフェクTV!
東海テレビ
イベント時系列
PRIDE.18 THE BEST PRIDE.19

THE BEST(ザ・ベスト)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。2002年2月22日東京都文京区後楽園ホールで開催された。本大会は無名選手や若手選手のPRIDEへの登竜門として開催されたイベントである。

大会概要[編集]

PRIDEを運営するドリームステージエンターテインメント (DSE) が主催。2002年に全3回の大会が行なわれた。ルールは5分2R、ロープを張った8角形のリングの中で試合が行われた。大会のネーミングは、BLOOD(血)、ENERGY(情熱)、SWEAT(汗)、TEAR(涙)の頭文字の4文字とBESTをかけたもの。

スカイパーフェクTV!が視聴料金1,500円のペイ・パー・ビューによる生中継を行なった他、地上波では東海テレビが東海3県ローカルで深夜に録画放送を行なった。解説は当時格闘技雑誌『SRS-DX』編集長だった谷川貞治高阪剛、ゲストは『PRIDE王』のナビゲーターも務めていたタレントの佐藤江梨子

東海テレビで放送されていたPRIDE情報番組『PRE-PRIDE』『PRIDE王』の番組内企画PRE-PRIDEから、江宗勲、光岡映二岡見勇信ら優勝者の活躍の舞台となった。特に江には期待がかけられ、第2回大会からメインイベントの大任を任せられている。

また、PRIDEに1度は参戦したもの、PRIDEから遠ざかっていた選手にも再浮上の機会が与えられた。高瀬大樹ジャイアント落合、今村雄介らのうち、高瀬がBESTでの活躍が認められて、2003年6月のPRIDE.26へ出場することになった。

PRIDEファンクラブの会員には2,000円と一般入場者より低価格に抑え、後楽園ホールディファ有明といった小さめの会場を選んで2002年中に3回の大会を数えた。しかし、主役に期待されていた江宗勲が第3回大会を欠場し、そのまま格闘技を引退。最後の大会も島田裕二レフェリーと選手のブッキングを担当するブッカーKこと川崎浩市がプロデュースするチーム対抗戦という路線になり、主催のDSEの体制変更に伴い新たにPRIDE武士道シリーズが設けられたことで、BESTは終了した。BESTの出場選手のうち、高瀬、光岡、岡見らがPRIDE武士道に参戦していった。

THE BESTで使用された8角形のリングは、2001年10月のPRIDE.17からPRIDEのリングに採用されていくはずだったものが、流用されたものと言われる[1]

試合結果[編集]

第1試合 5分2R
日本の旗 光岡映二 vs. アメリカ合衆国の旗 アンソニー・マシアス ×
2R終了 判定3-0
第2試合 5分2R
韓国の旗 キム・ジョンワン vs. 日本の旗 マンモス佐々木 ×
1R 0:25 フロントチョーク
第3試合 5分2R
日本の旗 高瀬大樹 vs. ブラジルの旗 ジョイユ・デ・オリベイラ ×
2R終了 判定3-0
第4試合 5分2R
日本の旗 ジャイアント落合 vs. 日本の旗 西田操一 ×
1R 2:00 KO(スタンドパンチ連打)
第5試合 セミファイナル 5分2R
日本の旗 江宗勲 vs. アメリカ合衆国の旗 アミール ×
2R 1:19 KO(右ストレート)
第6試合 メインイベント 5分2R
日本の旗 今村雄介 vs. アメリカ合衆国の旗 ジョー・サン ×
1R 0:33 スタンディング・アームロック
サンは入場後、ファールカップを装着していなかったためバックステージに戻され、装着後再入場した。

脚注[編集]

  1. ^ 北島行徳『弾むリング』文藝春秋、2002年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]