ジョー・サン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョー・サン
Joe Son mugshot.jpg
基本情報
本名 손형민(ソン・ヒョンミン)
通称 キモのマネージャー
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1970年11月22日(44歳)
出身地 韓国の旗 韓国
身長 163cm
体重 107kg(2008年現在)
階級 ヘビー級UFC
テンプレートを表示

ジョー・サンJoe SonJoseph Hyungmin Son、男性、1970年11月22日 - )は、アメリカ合衆国総合格闘家プロレスラー俳優としても活動していた。韓国系アメリカ人

韓国に生まれ、アメリカ合衆国カリフォルニア州で育った[1]

来歴[編集]

1994年9月9日のUFC 3キモのマネージャーとして登場。キモは彼が主宰する「ジョー・サン・ドー」の選手で弟子という触れ込みだった。入場時の十字架を背負うパフォーマンスも話題となった。当時のキャラクター・神秘的なイメージなどは彼が考えたものであったが、実際はキモとはただの友人同士でキモが刺青を施す際には一緒に入れる約束をしたが、当日になって怖気図いてしまったため、キモだけが刺青を施した。

1994年12月16日のUFC 4では、キース・ハックニーと1回戦で対戦したがグラウンド状態からの金的パウンドとパンツ脱がせ(いずれも当大会ではルールで認められていた)に手を焼いて敗退。[2]自身もキモ同様に十字架を背負って入場した。

1995年7月16日のK-1 LEGEND 翔では、角田信朗とK-1ルールで対戦し1回ダウンを奪うもKO負けを期した。

1997年、映画オースティン・パワーズで悪役のランダム・タスク役として出演

2002年には、THE BESTでは今村雄介と、THE BEST Vol.2では柔圭と対戦したが連敗。4月22日のXtreme Pankrationではジョー・モレイラに敗退。

2003年1月19日のプロレス興行「ファンタジーファイトWRESTLE-1」で、Tバックタイツと奇抜なアイメイクで“超変態”の触れ込みで話題になるも、橋本真也と対戦し敗退、その後はハッスルにも参戦していた。

2008年DNA鑑定によって1990年に犯した銃器を用いた集団強姦罪の犯人であることが判明し警察に逮捕された。その後の調べで、この他にも多数の余罪があることが判明し現在も裁判中であるが、集団強姦罪の件では終身刑(ただし仮釈放あり)が確定している。

2011年10月10日、終身刑で収監されている刑務所内で同房者を殺害した容疑で逮捕された。その後の裁判で仮釈放のない終身刑が確定した[3]

エピソード[編集]

  • 煙草を吸いながら試合後インタビューに応じたことがある[4]
  • 2002年2月22日のTHE BESTでの今村雄介との試合においては、奇抜なアイメイクとTバックタイツ姿で入場し観客の度肝を抜いたが、金的を保護するファールカップを着用していなかったため、着用するようレフェリーに命じられ、装着したうえで試合に臨んだ[5]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
4 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0 0
4 1 3 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 柔圭 1R 0:54 TKO(左肩負傷) THE BEST Vol.2 2002年7月20日
× ジョー・モレイラ 1R ギブアップ Xtreme Pankration 2 2002年4月12日
× 今村雄介 1R 0:33 スタンディング・アームロック THE BEST 2002年2月22日
× キース・ハックニー 1R 2:44 チョーク UFC 4: Revenge of The Warriors
【トーナメント 1回戦】
1994年12月16日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 角田信朗 1R 1:40 KO(左フック) K-1 LEGEND 翔 1995年7月16日

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]