PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦
イベント詳細
シリーズ PRIDE(PRIDE GRANDPRIX)
主催 DSE
開催年月日 2000年5月1日
開催地 日本の旗 日本
東京都文京区
会場 東京ドーム
試合数 全9試合
イベント時系列
PRIDE GRANDPRIX 2000 開幕戦 PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦 PRIDE.9

PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦(プライドグランプリにせん けっしょうせん)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。2000年5月1日東京都文京区東京ドームで開催された。

大会概要[編集]

イゴール・ボブチャンチンゲーリー・グッドリッジとの打撃戦を制しKO勝利。

桜庭和志ホイス・グレイシーとの戦いはグレイシー一族の要求したレフェリーストップなし、15分無制限ラウンドのルールを桜庭が呑んだことにより一気に世の注目を集める。試合は6R90分間の死闘の末、グレイシー陣営のタオル投入により桜庭がTKOで勝利する。

小路晃は圧倒的な体格差のあるマーク・コールマンを相手に大健闘し、敗れはしたもののファンの熱い声援を受けた。

藤田和之は今GPの優勝候補といわれたマーク・ケアーを相手に判定勝ちを収め、この日一番の大番狂わせを起こした。

準決勝は日本人2人が共にタオル投入によるTKO負け。

決勝はコールマンがボブチャンチンに勝利し、グランプリ王者となった。

試合結果[編集]

トーナメント準々決勝[編集]

第1試合 PRIDE GRANDPRIX 2000 準々決勝 15分1R
ウクライナの旗 イゴール・ボブチャンチン vs. トリニダード・トバゴの旗 ゲーリー・グッドリッジ ×
1R 10:14 KO(右フック→パウンド
ボブチャンチンが準決勝進出。
第2試合 PRIDE GRANDPRIX 2000 準々決勝 15分無制限R(特別ルール)
日本の旗 桜庭和志 vs. ブラジルの旗 ホイス・グレイシー ×
6R終了時 TKO(タオル投入)
桜庭が準決勝進出。ホイス陣営よりルールにクレームがつき、この試合のみ無制限ラウンド制へ変更された。
第3試合 PRIDE GRANDPRIX 2000 準々決勝 15分1R
アメリカ合衆国の旗 マーク・コールマン vs. 日本の旗 小路晃 ×
1R終了 判定3-0
コールマンが準決勝進出。
第4試合 PRIDE GRANDPRIX 2000 準々決勝 15分1R
日本の旗 藤田和之 vs. アメリカ合衆国の旗 マーク・ケアー ×
1R終了 判定3-0
藤田が準決勝進出。

スペシャルマッチ[編集]

第5試合 スペシャルマッチ 10分2R
アメリカ合衆国の旗 ガイ・メッツァー vs. 日本の旗 佐竹雅昭 ×
2R終了 判定3-0

トーナメント準決勝[編集]

第6試合 PRIDE GRANDPRIX 2000 準決勝 15分1R
ウクライナの旗 イゴール・ボブチャンチン vs. 日本の旗 桜庭和志 ×
1R終了時 TKO(タオル投入)
1R終了時ドロー判定。15分の延長戦となるが、開始を待たずして桜庭のコーナーから高田延彦によりタオルが投入された。これにより、ボブチャンチンが決勝進出。
第7試合 PRIDE GRANDPRIX 2000 準決勝 15分1R
アメリカ合衆国の旗 マーク・コールマン vs. 日本の旗 藤田和之 ×
1R 0:02 TKO(タオル投入)
藤田の膝の靭帯損傷のため、入場するも試合開始と同時にセコンドがタオル投入。コールマンが決勝進出。

スペシャルマッチ[編集]

第8試合 スペシャルマッチ 10分2R
アメリカ合衆国の旗 ケン・シャムロック vs. 日本の旗 アレクサンダー大塚 ×
1R 9:43 TKO(レフェリーストップ:左フック→パウンド

トーナメント決勝[編集]

第9試合 PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝 15分1R
アメリカ合衆国の旗 マーク・コールマン vs. ウクライナの旗 イゴール・ボブチャンチン ×
2R 3:09 TKO(レフェリーストップ:グラウンドでの膝蹴り)
コールマンがPRIDE GRANDPRIX 2000優勝。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]