PRIDE.31

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PRIDE.31 Dreamers
イベント詳細
シリーズ PRIDE(ナンバーシリーズ)
主催 DSE
開催年月日 2006年2月26日
開催地 日本の旗 日本
埼玉県さいたま市
会場 さいたまスーパーアリーナ
開始時刻 午後4時
試合数 全8試合
放送局 フジテレビ
入場者数 22,141人
イベント時系列
PRIDE 男祭り 2005 PRIDE.31 Dreamers PRIDE 武士道 -其の拾-

PRIDE.31 Dreamers(プライド・サーティーワン ドリーマーズ)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。2006年2月26日埼玉県さいたま市さいたまスーパーアリーナで開催された。海外PPVでの大会名は、「PRIDE 31: Unbreakable」。

大会概要[編集]

元ボクサーの西島洋介がPRIDEデビュー。いきなりのメインイベントでマーク・ハント相手に果敢に攻め込み奮戦するも、KO負け。

セルゲイ・ハリトーノフマウリシオ・ショーグンが敗れる波乱。

ジョシュ・バーネット中村和裕を破り、PRIDE初勝利を収めた。

高阪剛マリオ・スペーヒーをKOで破り、引退を賭けて無差別級GRANDPRIXに参戦すると宣言。

試合結果[編集]

第1試合 無差別級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
ロシアの旗 ローマン・ゼンツォフ vs. ブラジルの旗 ペドロ・ヒーゾ ×
1R 0:25 KO(左フック)
第2試合 ミドル級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
アメリカ合衆国の旗 クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン vs. 韓国の旗 ユン・ドンシク ×
3R終了 判定3-0
第3試合 無差別級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 ファブリシオ・ヴェウドゥム vs. ノルウェーの旗 ユノラフ・エイネモ ×
3R終了 判定3-0
第4試合 無差別級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
日本の旗 高阪剛 vs. ブラジルの旗 マリオ・スペーヒー ×
1R 1:20 KO(右フック)
第5試合 無差別級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
オランダの旗 アリスター・オーフレイム vs. ロシアの旗 セルゲイ・ハリトーノフ ×
1R 5:13 TKO(レフェリーストップ:グラウンドの膝蹴り)
第6試合 無差別級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・バーネット vs. 日本の旗 中村和裕 ×
1R 8:10 裸絞め
第7試合 無差別級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ vs. 日本の旗 田村潔司 ×
1R 2:24 腕ひしぎ十字固め
第8試合 セミファイナル 無差別級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
アメリカ合衆国の旗 マーク・コールマン vs. ブラジルの旗 マウリシオ・ショーグン ×
1R 0:49 TKO(レフェリーストップ:肘の脱臼)
第9試合 メインイベント 無差別級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
ニュージーランドの旗 マーク・ハント vs. 日本の旗 西島洋介 ×
3R 1:18 KO(右ストレート)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]