Bウイルス感染症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Bウイルス感染症(びーういるすかんせんしょう)とは旧世界ザル由来の人獣共通感染症感染症法における四類感染症ヒトおよび新世界ザルにおいて致死的な疾病として知られる。

歴史[編集]

1932年に米国のポリオ研究者Brebner, W.がアカゲザルに咬まれ、急性進行性髄膜脳炎で死亡したものが最初の報告とされている。Bウイルスという名はこの患者の名前に由来する。

原因[編集]

ヘルペスウイルス科アルファヘルペスウイルス亜科に属するBウイルス(en)の感染を原因とする。正式名称はcercpithecine herpesvirus 1であるが、一般的にBウイルスと呼ばれる。その他にherpes simiae virus(サルヘルペスウイルス)、cercopithecine herpesvirus 1(オナガザルヘルペスウイルス)とも呼ばれる。

疫学[編集]

主に米国における発症例が確認されており、世界中で40例程度が報告されている。Bウイルスは東南アジアに常在する。Bウイルスは日本にも存在するが、ヒトでの感染は確認されていない。自然宿主マカク属サルであり、単純疱疹様の症状を呈するが、死亡例はきわめてまれである。サル間では主な伝播経路は接触感染あるいは母子間の産道を介した垂直感染である。ヒトへの伝播はサルによる咬傷が主な感染源であり、実験室でサルの組織材料などを扱う際に傷を通して感染することもある。

症状[編集]

早期症状として接触部の激痛掻痒感、外傷部周囲の水疱潰瘍リンパ節腫大、中期症状として発熱、接触部の感覚異常などであり、晩期症状として頭痛悪心嘔吐意識障害脳炎を示す。致死率は50%程度とされる。前述のとおりサルでの死亡例はまれであるが、実験的に脳内接種すると、脳炎、脊髄炎を起こして死亡することが報告されている。

診断[編集]

皮膚病変、脊髄液血清より特異ウイルスゲノムの検出あるいは抗体の検出により確定診断を行う。

治療[編集]

感染初期におけるアシクロビルガンシクロビルの投与は発症予防に有効であるとされる。

予防[編集]

ワクチンは実用化されていない。サルを取り扱う者は飼育管理、防御衣類、消毒処置などに関するガイドラインを遵守する。 ウイルスは4 ℃では安定であるが、40 ℃を越す条件では失活しやすく、また有機溶剤で容易に感染性を喪失する。

関連項目[編集]

参考文献[編集]