1986年の全日本耐久選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1986年の全日本耐久選手権
Previous: 1985 Next: 1987

1986年の全日本耐久選手権は、1986年4月6日鈴鹿サーキットで開幕し、11月23日富士スピードウェイで閉幕するまで、全6戦で争われた。

開催カレンダー[編集]

開催日 開催地 イベント名
優勝 PP
# ドライバー - 周回数 / 車種 # ドライバー - タイム / 車種
4月6日 鈴鹿 インターナショナル鈴鹿500km
1 日本の旗 日本 高橋国光
日本の旗 日本 高橋健二

85周 / ポルシェ・962C
1 日本 高橋国光

1分54秒835 / ポルシェ・962C
5月4日 富士 全日本富士1000km
1 日本の旗 日本 高橋国光
日本の旗 日本 高橋健二

225周 / ポルシェ・962C
1 日本 高橋国光

1分34秒01 / ポルシェ・962C
7月20日 富士 全日本富士500マイル
7 オーストラリアの旗 オーストラリア バーン・シュパン
日本の旗 日本 鈴木恵一
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 ジョージ・フーシェ

180周 / ポルシェ・956
23 日本  星野一義

1分16秒87 / マーチ・86G/日産
8月24日 鈴鹿 インターナショナル鈴鹿1000km
27 日本の旗 日本 米山二郎
日本の旗 日本 岡田秀樹
日本の旗 日本 浅井順久

170周 / ポルシェ・956
23 日本  星野一義

1分56秒486 / マーチ・86G/日産
10月5日 富士 WEC-JAPAN
7 イタリアの旗 イタリア パオロ・バリッラ
イタリアの旗 イタリア ピエルカルロ・ギンザーニ


226周 / ポルシェ・956
18 日本 オスカー・ララウリ

1分16秒519 / ポルシェ・962C
11月23日 富士 全日本富士500km 7 オーストラリアの旗 オーストラリア バーン・シュパン
日本の旗 日本 鈴木恵一

113周 / ポルシェ・956
32 日本  長谷見昌弘

1分14秒685 / マーチ・86G/日産

主なエントリー[編集]

No. マシン ドライバー エントラント タイヤ
1 ポルシェ・962C 高橋国光
高橋健二
アドバンスポーツノバ YH
2 ポルシェ・956 高原敬武
戸谷千代三
都平健二
アルファキュービックレーシングチーム BS
3 トムス・85C/トヨタ 長坂尚樹
赤池卓
スティーブン・アンドスカー
オートビューレックモータースポーツ DL
5 トムス・85C/トヨタ 茂木和男
本橋敏夫
松田秀士
オートビューレックモータースポーツ YH
7 ポルシェ・956 バーン・シュパン
鈴木恵一
ジョージ・フーシェ
トラスト DL
8 マーチ・86G/日産 松本恵二
鈴木亜久里
パーソンズレーシングチーム BS
12 LM・06/トヨタ フランツ・コンラッド
森本晃生
CARAインターナショナルレーシング YH
19 サード・MC86X/トヨタ
佐々木秀六
デビッド・シアーズ
岡本靖幸
見崎清志
サード DL
20 ローラ・T810/日産
マーチ・85G/日産
柳田春人
中川隆正
セントラル20レーシングチーム DL
23 マーチ・86G/日産 星野一義
萩原光
中子修
ホシノレーシング BS
27 ポルシェ・956 米山二郎
岡田秀樹
フロムAレーシング DL
32 マーチ・85G/日産
マーチ・86G/日産
長谷見昌弘
和田孝夫
ハセミモータースポーツ DL
35 トムス・85C/トヨタ
トムス・86C/トヨタ
小河等
鈴木利男
黒澤元治
星野薫
ミノルタレーシングチーム BS
36 トムス・85C/トヨタ
トムス・86C/トヨタ
ジェフ・リース
関谷正徳
鈴木利男
中嶋悟
トムス BS
37 トムス・85C/トヨタ
トムス・86C/トヨタ
ケネス・アチソン
マイケル・ロー
チーム・イクザワ DL
38 童夢・85C/トヨタ
童夢・86C/トヨタ
エイエ・エリジュ
ベッペ・ガビアーニ
トーマス・ダニエルソン
童夢 DL
170 マツダ・757 片山義美
寺田陽次郎
ピエール・デュドネ
マツダスピード DL
171 マツダ・757 従野孝司
デビッド・ケネディ
マツダスピード DL