1987年の全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1987年の全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権
Previous: 1986 Next: 1988

1987年の全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権は、1987年4月12日鈴鹿サーキットで開幕し、11月29日富士スピードウェイで閉幕するまで全7戦が組まれたが、西仙台ラウンドが中止になり、実質全6戦で争われた。

開催カレンダー[編集]

開催日 開催地 イベント名
優勝 PP
# ドライバー - 周回数 / 車種 # ドライバー - タイム / 車種
4月12日 鈴鹿 インターナショナル鈴鹿500km
27 日本の旗 岡田秀樹
オランダの旗 マイク・サックウェル

85周 / ポルシェ・962C
27 日本 岡田秀樹

1分54秒016 / ポルシェ・962C
5月3日 富士 全日本富士1000km
36 オーストラリアの旗 アラン・ジョーンズ
イギリスの旗 ジェフ・リース
日本の旗 関谷正徳
226周 / トヨタ・87C
32 日本 長谷見昌弘

1分15秒450 / マーチ・87G/日産
7月19日 富士 全日本富士500マイル
1 日本の旗 高橋国光
イギリスの旗 ケネス・アチソン

93周 / ポルシェ・962C
27 日本 岡田秀樹

1分17秒320 / ポルシェ・962C
8月23日 鈴鹿 インターナショナル鈴鹿1000km
36 イギリスの旗 ジェフ・リース
日本の旗 関谷正徳
日本の旗 小河等

171周 / トヨタ・87C
36 イギリス  ジェフ・リース

1分53秒137 / トヨタ・87C
9月27日 富士 WEC-JAPAN
オランダの旗 ヤン・ラマース
イギリスの旗 ジョン・ワトソン


224周 / ジャガー・XJR-8
28 日本  和田孝夫

1分19秒021 / マーチ・86G/日産
10月4日 西仙台 WSPCスーパースプリント

中止



11月29日 富士 全日本富士500km 1 日本の旗 高橋国光
イギリスの旗 ケネス・アチソン

112周 / ポルシェ・962C
28 日本  和田孝夫

1分41秒075 / マーチ・86G/日産

主なエントリー[編集]

No. マシン ドライバー エントラント タイヤ
1 ポルシェ・962C 高橋国光
ケネス・アチソン
茂木和夫
アドバンアルファノバ YH
2 ポルシェ・962C 戸谷千代三
長坂尚樹
小河等
赤池卓
アルファキュービックレーシングチーム BS
3 トムス・86C/トヨタ ウィル・ホイ
星野薫
アンドリュー・ギルバート=スコット
オートビューレックモータースポーツ DL
7 LM・07/トヨタ 中子修
マウリシオ・サンドロ・サラ
佐藤浩二
ベストハウスレーシングチーム YH
16 ポルシェ・962C クリス・ニッセン
フォルカー・ヴァイドラー
オスカー・ララウリ
レイトンハウスレーシングチーム BS
23 マーチ・87G/日産
マーチ・86G/日産
星野一義
高橋健二
デイブ・スコット
ホシノレーシング BS
27 ポルシェ・962C 岡田秀樹
マイク・サックウェル
フロムAレーシング BS
28 マーチ・86G/日産 和田孝夫
アンデルス・オロフソン
パーソンズレーシングチーム YH
32 マーチ・86G/日産
マーチ・87G/日産
長谷見昌弘
鈴木亜久里
ハセミモータースポーツ DL
36 トヨタ・87C アラン・ジョーンズ
ジェフ・リース
関谷正徳
小河等
マウロ・バルディ
トヨタ・チーム・トムス BS
37 トヨタ・87C 関谷正徳
小河等
トヨタ・チーム・トムス BS
38 童夢・86C/トヨタ
童夢・87C/トヨタ
エイエ・エリジュ
ロス・チーバー
童夢 DL
50 サード・MC87S/トヨタ
佐々木秀六
デビッド・シアーズ
浅井順久
赤池卓
サード DL
99 ポルシェ・962C デレック・ベル
エイエ・エリジュ
ジェフ・ブラバム
ロスマンズ・ポルシェ・チームシュパン DL
100 ポルシェ・962C バーン・シュパン
鈴木恵一
ジェームス・ウィーバー
トラスト DL
201 マツダ・757 片山義美
寺田陽次郎
ピエール・デュドネ
マツダスピード DL
202 マツダ・757 従野孝司
デビッド・ケネディ
マツダスピード DL