魔改造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

魔改造(まかいぞう)は、市販の美少女フィギュア、主にガレージキット (GK) やカプセルトイ食玩の服を削り取り、裸もしくはそれに近いエロチックな状態に改造すること[1][2][3]。基本的には裸に加工されるが、逆に衣服を着せる改造[注釈 1]を施すこともある。

GKフィギュアの歴史の暗部ではあるが、GK業界、フィギュア業界が現在のような発展を遂げた原動力にこれがあったことは否定できないとする意見もある[1]

シンナー等で衣服にあたる部分の塗装を剥がす程度の簡単な改造から、フルスクラッチに近い改造までその手法は多岐にわたる。レジンキャスト製フィギュアにヤスリパテで改造を施す場合と、PVC製フィギュアから溶剤を使って塗装を剥す場合に大別される。

歴史[編集]

初期の魔改造[編集]

魔改造の歴史は古く、1980年代に『機動戦士ガンダム』や『うる星やつら』や『ミンキーモモ』といった美少女をモチーフとしたフィギュアが販売されるようになったのと同時期に発生したと考えられる[誰によって?]。まず、模型雑誌や『ファンロード』誌上の投稿コーナーで、ガンダムのキャラクターフィギュア(女性キャラばかりではなかった)をベースに他のアニメ作品のキャラに似た衣類への変更などの改造が施される中で、フラウ・ボゥセイラ・マスを水着姿に改造するという記事が、他のガンプラの改造記事と共に掲載され始めた。やがてフィギュアモデルが増えてゆき、中でも『うる星やつら』のラムなどは元々ビキニ姿であるため、発売の時点で雑誌『宇宙船』別冊の記事において「ヌードのフィギュアが君の手元に」などと書かれていた。その後、小中学生向けのプラモ改造入門書の中には、その改造例として「ビキニにやすりをかけて裸にしちゃおう!」といった記事を載せているものも存在した[注釈 2]

魔改造は綿々とモデラーのリビドーの赴く限り造られてきたが、完全に個人の趣味の範疇にあり、それを公の場で公開・販売すると言った動きは見られなかった[注釈 3]

魔改造の一般化[編集]

2001年前後に魔改造を施したフィギュアがYahoo! オークションに出品され、高値で落札されたためにモデラーに注目され、一般化した[注釈 4]

同じころ、2ちゃんねる模型板のYahoo! オークションスレッドから魔改造専門のスレッド(「みんなで御魔改造」)が派生し、活動が活発化する。このスレッドの常連だったコテハン「裸族」(2009年9月13日死去)がスレッドの常連らの後押しで魔改造を専門に取り扱ったHPを作成。その中でコンスタントに作品を発表する一方、魔改造勝負や魔改造コンペを開催するなど魔改造シーンの盛況に一役買っていった。特にメディアワークス刊「フィギュアマニアックス」誌に掲載されている「魔改造への招待」では、著作権者の許可を取った上でフィギュアに魔改造を施している。

近年の動向[編集]

その後、2007年3月25日放送の「中井正広のブラックバラエティ」では著作権者の許可を取った上、公共の電波で魔改造の模様が放送された。それにより裸族のWebサイト「裸族電網空間」にアクセスが集中し、一時ダウンする事態となっている。

電撃ホビーマガジン2007年6月号において、“女性型ロボットを人間の裸体をモチーフにした状態に改造する行為”が魔改造に含まれることが、裸族によって雑誌媒体で公言され、同単語が意味する範囲が大きく広がることとなった。

尚、ガレージキットメーカーが次々とPVC製完成品へと主流商品を変更していく[注釈 5]のに伴い、レジンキャストキットの改造例が徐々に減少し、PVC製完成品を改造する例が急激に増加する傾向にある。さらにはPVC製完成品の商品自体に、最初から脱衣状態で商品化した物や、コスチュームが脱着できるキャストオフ[注釈 6]と呼ばれる物も多く発売される様になっている[3]

影響[編集]

魔改造の食玩・ガレージキットメーカーへの影響は計り知れない。その認知度が高まるにつれ、「魔改造しやすいように作りました」と(裏で)公言するメーカーや、魔改造は認めていないものの、衣服を別パーツで制作し、本体に接着してから販売するメーカーが現れた[注釈 7]

また、魔改造が普及するにつれ、違法コピーされたガレージキットを改造してインターネットオークション等で販売する業者が激増してしまうという悪影響も及ぼしている。

道具[編集]

スピンヤスリ
芸人サンダー

基本工作が、服を削るという行為だった事もあり、スピンヤスリや芸人サンダーといった「削る」ための自作工具に魔改造コミュニティが飛びつき、業界に広まった。

スピンヤスリ
一部モデラーの間で使われるにとどまっていた、電動歯ブラシの先に紙やすりを接着した新しい概念のサンディングツールであるが、ガレージキットディーラー「うさPハウス」主宰の相田和与が発表したことで多くのモデラーに広まった。2003年5月にエビス堂のホームページ上で紹介された。
芸人サンダー
複製をはじめとする、ガレージキットの様々な技術を紹介するサイト「エビス堂」芸人が発表し、広まった。金属サドルに紙やすりWクリップなどで着けた物。曲面へのヤスリがけに、威力を発揮する。
調色パテ
PVC製完成品フィギュアが一般化するにつれ、改造後に塗装するのではなく、調色したパテを使用するという作例が、雑誌媒体やヤフーオークションに登場するようになった。

語源[編集]

「魔改造」の語源はマンガ『プラモ狂四郎』の劇中、薩摩模型同人会・南郷快山が使った飛行機のプラモが変形・合体してロボットになる改造術(実は最初から合体している別のプラモをこっそり入れ、タイマーを仕込んだインチキ)であり[1][2]、フィギュアを裸に剥くこととは一切関わりがない(もとはフィギュアの用語ではなくプラモデルの用語である)。

当初は御魔改造(おまかいぞう)とも呼ばれ[2]、プラモ狂四郎における「魔改造」とは区別されていた。2001年時点では「魔改造」「淫改造」という呼び名が二分していたが2ちゃんねるの「魔改造スレッド」によって「淫改造」という言葉は廃れ、「魔改造」が定着した。

語の解釈・利用の拡大[編集]

フィギュアを脱衣させる改造のみにとどまらず、なんらかの物品に対して本質が変わってしまうほどの大幅(過剰)な改造を施す行為を指して「魔改造」と呼ぶこともある[4][要高次出典][5][6][7][8][9][10]

その例として鉄道において「魔改造」とは、多くの場合中間車を先頭車化など鉄道車両の大幅な改造を指す言葉となっている。

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 仮面ライダーカブト』の劇中用語を流用し、「プットオン」と呼ぶことがある。尚、反意語の「キャストオフ」も脱衣の別名として流用されることがあるが、こちらは改造に頼らず、元々の製品状態で衣服を脱がすことが可能な場合に使用されるのが主である。
  2. ^ 単にやすりをかけるだけではなく、熱したプラ棒を引き伸ばして乳首を作る工程も記事に掲載されていた。
  3. ^ フィギュアを販売したメーカーや、原型師が改造に不快感を示すことがあるため、一種のマナーとして公の場での公開を控える傾向があった。
  4. ^ フィギュアの改造は、著作権の侵害にあたり、処罰の対象となる危険性がある。インターネットオークション等を利用した改造フィギュアの販売は、個人間の取引として目こぼしされているのが現状である。実際に2011年に仮面ライダーWのフィギュアをフルスクラッチで製作し、東映の許諾を受けないままネットオークションで販売した玩具店経営者が著作権法違反で逮捕されている(読売新聞 2011年1月19日付「改造フィギュア販売 2人逮捕」より)。
  5. ^ PVC完成品フィギュアは当初、既存のレジンキャストキットをベースにする、またはレジンキャストキットを先行で発売したのち完成品を発売するという形態が主流であったが、徐々に完成品のみの販売でキットは販売しないという形態に推移していった。また、キットが存在しても個人ディーラーによるイベント限定品である場合がほとんどとなっている。
  6. ^ 語源は「仮面ライダーカブト」劇中用語から。なお、マックスファクトリーでは当初「poloシステム」と言う名称を付けていたが、現在はそれほど普及してはいない。むしろマックス社内でですら「キャストオフ」と呼ばれるようになったくらいである。
  7. ^ スカートをはいたフィギュアの場合、下半身の構造が複雑になってしまい型を作りにくいことから、(衣服を着用した)上半身・下半身・スカートの3パーツに分割して成形し、貼り合わせることは以前から行われていたが、これはあくまで製作工程上の都合によるものであった。しかし、魔改造が認知されるにつれ、衣装を取り外すことを念頭に置き、一体成形したボディに別途作成した衣装を貼り合わせるという、一種の着せ替え人形のような構造の製品が登場するようになってきた。
  8. ^ 作者急逝のため、本文が未完となっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c 『オタク用語の基礎知識』 オタク文化研究会(編)、マガジンファイブ、2006年6月9日、初版、164頁。ISBN 4-434-07396-6
  2. ^ a b c 『オタク語事典』 金田一「乙」彦(編)、美術出版社2009年5月10日、初版、105頁。ISBN 978-4-568-22132-9
  3. ^ a b 『オタクのことが面白いほどわかる本』 榎本秋(編)、中経出版、2009年6月5日、第1刷、180,183頁。ISBN 978-4-8061-3358-2
  4. ^ うっ! (2003年12月13日). “魔改造/ 淫改造”. 同人用語の基礎知識. ぱら☆あみ. 2010年6月22日閲覧。
  5. ^ 日本とは違ったベクトルで個性が爆発しているロシア版「痛車」いろいろ - GIGAZINE 2010年3月19日
  6. ^ 「その発想はなかったわ……」と言わざるを得ない観光バスの魔改造 - GIGAZINE 2010年1月10日
  7. ^ PSPを魔改造した「PSPケータイ」が登場しました - GIGAZINE 2008年8月11日
  8. ^ “『Fallout: New Vegas』デモプレイで目撃したすべてをお伝えします!”. ファミ通.com (エンターブレイン). (2010年5月4日). http://www.famitsu.com/game/news/1234828_1124.html 2011年7月21日閲覧。 
  9. ^ “あれやこれやと魔改造されてしまった「フォルクスワーゲン・ビートル」の写真いろいろ”. らばQ. (2011年3月5日). http://labaq.com/archives/51606871.html 2011年7月21日閲覧。 
  10. ^ “「半分の車+バイク」の魔改造、17歳制作も警察に見つかりすぐお蔵入り。”. Narinari.com. (2011年6月24日). http://www.narinari.com/Nd/20110615773.html 2011年7月21日閲覧。 

外部リンク[編集]