隣人13号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

隣人13号』(りんじん13ごう)は、井上三太作の、日本の漫画作品。映画化もされた。通称「隣13(りんじゅうさん)」。

概要[編集]

いじめ解離性同一性障害(二重人格)を題材にしたサイコ・スリラーである。ただし、山本英夫殺し屋1』のようにリアリスティックに描いてある訳では無く、カリカチュア化された描き方がなされている。井上作品の特徴ともいえる個性的な脇役も数多く登場する。

舞台は神奈川県藤沢市とその周辺。ただし、主人公がいじめられていた小学校は東京都内にあると見られる。

1993年より漫画雑誌『コミック・スコラ』に連載されたが、1999年には同誌が廃刊となり一時期中断された。その後、インターネット上で続編が掲載され、ソニー・マガジンズより単行本(全3巻)が発刊された。その後、単行本はソニー・マガジンズよりコミック事業を継承した幻冬舎コミックスより発行されている。

ストーリー[編集]

建設作業員村崎十三(じゅうぞう)は、小学生時代にいじめられ、同級生赤井トール硫酸を焼かれた。顔を焼かれた瞬間、臆病な十三の心の中に13号という凶暴な別人格が宿る事となった。

13号は、硫酸をかけた赤井に復讐すべく、赤井の住むアパートに引っ越し、十三を恫喝しつつ今は平穏な家庭を築いている赤井に接近していく。建設現場のリーダーになっていた赤井は相変わらずの性格で、十三が同級生であったこともすでに忘れ去っており、新入りの彼をいじめる。

復讐の実行段階に至っても消極的な十三を13号は恫喝し、少しずつ十三の人格を乗っ取ってゆく。そしてある時、些細なトラブルから隣居の中年男性を惨殺してしまう。警察は中年男性が金銭面でトラブルを抱えていた事を中心に捜査を始めるが、孤高の老刑事ビデさんは長年の勘から十三に目を付ける。

そんなある日、いじめに耐えかねた13号は、赤井に閉じ込められた簡易便所のドアを壊す。この暴挙は赤井を驚かせると同時に、十三同様にいじめの標的となっていた気弱な作業員関肇を感嘆させ、心酔させる。関と親しくなった十三は、関に己の過去と13号が計画する恐るべき復讐を話してしまう。

そして、順調に思われた復讐計画は次第に狂いだしていく……

登場人物[編集]

村崎十三
本編の主人公。小学生時代に様々ないじめに遭遇。理科室で赤井から硫酸をかけられ大怪我を負う。事件後は転校。爛れた顔を隠すために現在はビニール製の仮面を被っている。生い立ちゆえにか善良だがオドオドした性格で、何事にも消極的。オレンジダウンジャケットを着ている。自宅には任侠映画高倉健のポスターが数多く貼られている。
13号
十三の心に巣食う別人格で十三と共に赤井に復讐を誓う。臆病な十三とは対照的に凶暴かつ狡猾で、復讐達成のためなら手段を選ばない。彼の人格になると、身体能力も十三の時に比べ大幅に強化され、車に轢かれても怪我一つしないなど常人のレベルをも遙かに超えたものとなる。十三と体を共にしている為、十三のピンチは手助けをするが、十三の過剰な臆病さにイラ立つ事もある。最終的に消滅。
赤井トール
村崎十三をいじめた張本人。現在は建築会社の作業員をしている。学生時代は暴走族」の総長を務めていた。大人になった現在でも相変わらず弱いものいじめをしている陰湿で狭量な性格だが、反面身内と認めた相手には優しく、子分からは慕われており、家庭ではよき夫、よき父親という一面もある。口癖は「大げさなんだよ」。
赤井のぞみ
トールの妻。元レディース「猫」のリーダー。
赤井勇気
トールとのぞみの息子。後に13号によって殺される。
関肇
十三の建設作業員の同僚で友人。職場では赤井の格好のいじめの標的となっている。十三同様、臆病な性格だが正義感は強い。アニメーターを目指しているが不採用通知ばかりが届く日々が続いており、実家に戻ることを考えつつある。十三に巣食う13号の事実を知っても十三を友達として受け入れたが、秘密を知ってしまったため13号に始末された。新興宗教団体「やすらぎの家」の信者でもある。
死神
トールの暴走族時代の後輩。失神するまで殴られまくるという「犬」入団試験において、最後まで団員を挑発して耐え続け入団。その際、トールにカッターを傷つけられ、現在も向こう傷が残っている。トールのカッコよさに惚れ込み、トールに一生ついていく決意をする。トールが引退後は「犬」の総長におさまる。背の低さに劣等感を抱いており、馬鹿にした新入りのを食いちぎる。
バルーン
坊主頭で巨大な体躯の死神の片腕。いつもは鼻水を垂らしてぼけーっとしているが、危機が迫ると怪力を発揮する。
映画版には登場しない。
二階堂
関が信奉している宗教団体「やすらぎの家」の教祖。後半においては麻原彰晃に酷似した外見に激変している。なお、「やすらぎの家」本部は中華料理屋の二階に存在する。
きつね
「やすらぎの家」の女性信者。教祖の愛人兼片腕的存在で、ロシアに駐在していた。
ビデさん
定年退職間近の老刑事。ニックネームは、本来はヒデさんだったが、ビデを誤用してしまった事からいつのまにか定着してしまった。集団行動を嫌い、あくまでも一匹狼として捜査を進める。同僚からは煙たがれる反面、ある程度の敬意も表されている。
映画版には登場しない。
ヒデ
ビデさんの息子。家庭内暴力を頻発させる暴力団構成員。
ホクロ田
ビデさんの同僚刑事。

単行本[編集]

映画[編集]

2004年井上靖雄監督で、映画化もされた。13号役には、中村獅童。十三(じゅうぞう)役には、小栗旬2005年4月2日公開。R-15指定。

キャスト[編集]

主題歌[編集]

「はがれた夜」(作詞作曲:林龍之介 編曲:鹿島達也 平川地一丁目

スタッフ[編集]