誉田御廟山古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
誉田御廟山古墳
Kondagobyoyama Kofun air.jpg
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
位置 北緯34度33分45.36秒
東経135度36分33.16秒
所在地 大阪府羽曳野市誉田
形状 前方後円墳
規模 全長約420m(全国2位)
築造年代 5世紀初頭
被葬者 応神天皇宮内庁治定)
出土品 埴輪
史跡指定 宮内庁治定(恵我藻伏岡陵)
国の史跡(「古市古墳群」のうち「応神天皇陵外濠外堤」として)
テンプレートを表示
拝所
誉田御廟山古墳のステレオ空中写真(1985年) 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

誉田御廟山古墳 (こんだごびょうやまこふん、誉田山古墳とも)は大阪府羽曳野市に所在する古市古墳群の中心となる古墳。約420メートルの墳丘の長さは、百舌鳥古墳群大仙陵古墳に次ぐ巨大前方後円墳である[1] [2]

現在、宮内庁によって応神天皇の陵墓に治定されており、内濠と内堤より内側のみを宮内庁が管理している。外濠と外堤は民有の農地となっていたが、大古墳の一部ととして、1978年(昭和53年)に外濠、外堤のみを独立して史跡に指定された[3]。陵号は「恵我藻伏岡陵(えがのもふしのおかのみささぎ)」。一般的には「応神天皇陵」と呼ばれている。

2008年9月26日大仙陵古墳(仁徳天皇陵)を含む百舌鳥古墳群、誉田御廟山古墳(応神天皇陵)を含む古市古墳群世界遺産の国内暫定リストに追加された。歴史学や考古学の一部学会には、世界遺産登録やその登録条件となる文化財指定が、宮内庁管理下の天皇陵古墳の公開や発掘調査に道を開くものとして歓迎する声がある。

古墳の概要[編集]

5世紀初頭の築造と考えられている。立地条件は、必ずしもよいとは云えない。それは、土質の安定した段丘と不安定な氾濫源という異質の土地にまたがって墳丘を造営しているためという。 また、造営前から二ツ塚古墳が存在しており、それを避けるように造ったため、周濠と内堤が歪んでいる。なお、前方部の一部が崩れているのは734年、及び1510年にこの地で内陸直下型の大地震があったためと考えられており、前方部の崩落部分のほぼ真下を活断層生駒断層帯が走っている(地質調査で付近での活断層の存在が判明し、誉田御廟山古墳の一部を通っていることが推定された。また、地質調査により活断層が前回活動したと推定されている年代と、大地震があったと記録された年が一致)。

宮内庁が管理しているため、立ち入って学術調査が出来ないため確かなことが分かっていない。

規模[編集]

当古墳の規模について、羽曳野市の公式サイトでは以下の数値を公表している[4]

  • 墳丘長:約425メートル
  • 後円部直径:250メートル
  • 後円部高さ:35メートル
  • 前方部幅:300メートル
  • 前方部高さ:36メートル

ただし、どの部分を古墳の裾とするかには議論があり、これらの長さには諸説がある[1][2]。しかしながら全長約420メートルという墳丘長は大仙陵古墳に次ぐ大きさであり、体積の143万3960立方メートルは日本一といわれる[5]

周濠[編集]

周りには二重の堀をめぐらしており、広大な内濠の外には幅約48メートルの中提があり、その外に築造当時は幅約35メートルのもう一重の濠(外濠)のあった形跡があり、それを巡る外提は幅約15メートルあったと推定されている。濠の水深は170~250センチ・メートルと大仙陵古墳と比較してかなり深い。二重の濠と外堤が築造されたのは西側だけであり、東側の外濠や外堤は築造されなかったことが明らかになっている[3]

副葬品[編集]

埴輪の種類が多い。円筒、キヌガサ、家、盾(たて)、甲(よろい)、草摺(くさずり)、水鳥など。内濠から土師器と共に魚形土製品が10個出土している。鯨、烏賊(いか)、蛸、鮫、海豚など。これらの土製品の解釈にはさまざまな説がある。

円筒埴輪や円形埴輪、後円部側の外濠の外部で馬形埴輪なども出土している。直径74センチメートルの笠形の木製の埴輪も副葬されていた。木製製品はこれまで、内堤までと考えられていたが、外堤にも立てられていたことが推測される[3]

陪墳[編集]

指定を受けているものは5基ある。残りが民有地であるため古墳の破壊が続いた。

盾塚(たてづか)

帆立貝式古墳、誉田山古墳の北東の方角にあり、濠の外にある。築造年代は、誉田山古墳より先行する可能性もある。盾が10枚も埋めてあったのでこの名が付いた。

埋葬施設は長大な割竹形木棺(わりたけがたもっかん)で、銅鏡、玉類、短甲、衝角付冑(しょうかくつきかぶと)、鉄製の刀剣や鏃(やじり)、筒型銅器、碧玉製釧(へきぎょくせいくしろ)、竹櫛(たけくし)、盾10枚などが出土した。 また、前方部から、鉄製の刀、剣、矛(ほこ)が61本もまとまって出土した。

珠金塚(しゅきんづか)

方墳で、盾塚の西側にある。墳頂には、組合せ木棺を納めた二つの粘土槨があった。一方の棺には、銅鏡、玉類、短甲、衝角付冑、鉄製刀剣、竹櫛、盾などがあり、もう一方の棺にも銅鏡、玉類、短甲、鉄製刀剣などがあった。甲冑はいずれも鋲留式(びょうどめしき)。玉類の中に金製丸玉のものがあった。鋲留めという新しい技術、金製品もそれ以前には稀なものである。

古市丸山古墳(ふるいちまるやまこふん)

円墳で、直径45メートルあり、円墳としては大規模。拝所の直ぐ近くにある。金銅製の鞍金具などの馬具(国宝、誉田八幡宮所蔵)が出土した。木製の鞍に金銅製の金具が綴じ付けてある。古墳出土の鞍の中でも最優秀品。横に連なった竜文の透かし彫りがある。伽耶(かや)高霊の古墳出土の文様に酷似しており、乗馬の道具が朝鮮半島からの舶載品を含んでいる。

鞍塚(くらづか)

円墳で、盾塚の北にある。箱形木棺から銅鏡、玉類、甲冑、武器、馬具など出土。築造年代は、盾塚や珠金塚より新しい。

拝所[編集]

現在、前方部の正面にある。之は、文久(1861年1863年)の修築以降。それ以前は、誉田八幡宮のある後円部の方から、つまり背面の方に参道があり、後円部の頂上にある六角形の宝殿まで石段が付いていた。一般の人たちも参拝していた。

付随の施設・神社・寺[編集]

  • 古墳敷地内に、宮内庁書陵部の古市陵墓監区事務所がある。
  • 古墳の南側に日本最古の八幡宮である誉田八幡宮、室町時代に描かれた「応神陵」造営から誉田八幡宮の建立や様々な功徳を述べた誉田宗廟縁起絵巻を所蔵している。天皇陵の存在を前提にして発生・発達した神社である。

脚注[編集]

  1. ^ a b 当古墳の規模については、以下のように資料によって数値が異なる。
    • 「墳丘長415メートル、前方部幅330メートル、後円部径267メートル」とするもの。(『図説 日本の史跡』第2巻(同朋舎)、『国史大辞典』(吉川弘文館)(「応神天皇」の項)、『日本歴史地名大系 大阪府の地名』(平凡社))
    • 「墳丘長425メートル、前方部幅300メートル、後円部径250メートル」とするもの。(『日本古墳大辞典』(東京堂出版)、『図説西日本古墳総覧』(新人物往来社))
    • 白石太一郎編『古墳(古代を考えるシリーズ)』(吉川弘文館、1989)は当古墳の墳丘長を約420メートルとする。(pp.76, 93)
    • 大塚初重『「古墳時代」の時間』(学生社、2004)は、当古墳の墳丘長を422メートルとする。(p.87)
    • 沼澤豊は論文「日本古墳の構造研究」(早稲田大学博士学位論文、2011)で、尺度論を元に、当古墳の規模を墳丘長417メートル、前方部幅307メートル、後円部径263メートルとする。(論文のURLは[1]
  2. ^ a b 古墳の墳丘長等の数字が研究者によって異なる原因について、大塚初重は、同じ測量図を見ても、どの部分を墳丘の裾とみなすかが、研究者によって異なるためだと説明している。(大塚初重『「古墳時代」の時間』、学生社、2004、pp.80, 82, 93)
  3. ^ a b c 堀江門也「応神天皇陵古墳外濠外堤」 文化庁文化財保護部史跡研究会監修『図説 日本の史跡 第2巻 原始2』同朋舎出版 1991年 248ページ
  4. ^ 応神天皇陵古墳(羽曳野市ホームページ)2012年06月14日更新版。
  5. ^ 古墳築造に使った土の量(羽曳野市ホームページ)2012年06月05日更新版。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]