西塩釜駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西塩釜駅*
橋上駅舎
橋上駅舎
にししおがま - Nishi-Shiogama
下馬 (0.8km)
(0.8km) 本塩釜
所在地 宮城県塩竈市錦町1-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 仙石線
キロ程 15.2km(あおば通起点)
電報略号 ニカ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
991人/日(降車客含まず)
-2005年-
開業年月日 1925年大正14年)6月5日
備考 業務委託駅(自動券売機 有)
* 1944年 - 1963年の間は西塩竈駅
西塩釜駅の西側(塩釜駅方面)出入口(2004年)

西塩釜駅(にししおがまえき)は、宮城県塩竈市錦町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)仙石線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、橋上駅舎を備えている。

橋上化するまでは1番線側に駅舎があり、2番線へは行くには構内踏切を渡る構造だった。また駅舎と駅前の間には塩釜線(1997年廃止)が通っており、踏切を渡って、階段を登り駅舎に入るようになっていた(駅舎全景写真右手を参照のこと)。 塩釜線路跡など、写真の封鎖されていた部分は現在はジョギングコース(塩竈市内の観光案内パンフレットより)となっている。

ラッシュ時のみの係員配置(東北総合サービス委託、小鶴新田駅から派遣)で、有人時間帯も窓口での出札は行わず改札業務のみで、その他の時間帯は無人駅である。自動券売機2台、自動改札機設置。本塩釜駅管理。

1981年11月1日までは、当駅までが複線だった。それまで列車容量の関係で西塩釜折り返しや本塩釜折り返しの電車も存在していたが、東塩釜まで高架複線完成後、それらの電車は東塩釜折り返しとなった。

高架開通までの西塩釜 - 本塩釜は単線で、簡易な鉄橋をガタガタ音を立てて渡る姿が見られた。その鉄橋の下には居酒屋やスナックが軒を連ねていた。

のりば[編集]

1 仙石線(下り) 本塩釜松島海岸高城町方面
2 仙石線(上り) 多賀城仙台あおば通方面

利用状況[編集]

  • 2005年度の乗車人員は1日平均991人である。(2006年度以降は未公表)

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
仙石線
快速
通過
普通
下馬駅 - 西塩釜駅 - 本塩釜駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]