羽衣学園短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
羽衣学園短期大学
大学設置 1964年
創立 1923年
学校種別 私立
設置者 学校法人羽衣学園
本部所在地 大阪府堺市西区浜寺南町1-89-1
学部 人間生活学科(旧:家政学科)
  服飾デザイン専攻[1]
  食物専攻[1]
  家庭経営専攻[1]
文学科[2]
  国文専攻[2]
  英文専攻[2]
国際コミュニケーション学科[2]  
ウェブサイト 羽衣学園短期大学公式サイト
テンプレートを表示

羽衣学園短期大学(はごろもがくえんたんきだいがく、英語: Hagoromo Gakuen Junior College)は、大阪府堺市西区浜寺南町1-89-1に本部を置いていた日本私立大学である。1964年に設置された。大学の略称は羽衣短大。学生募集は2004年度まで。翌年度より羽衣国際大学への全面改組により短期大学は学生募集を停止し、2007年1月11日 正式廃止[3]

概要[編集]

大学全体[編集]

教育および研究[編集]

  • 文学科国文専攻において、「大阪の文化と文学」と称した科目が置かれていた。(1983年に「大阪の文学」として置かれたことにはじまり、1993年よりこの名称に改められる。)「日本古典芸能」では、狂言に関する内容のカリキュラムも置かれていた。また、全国の短大でも数少ない中国語や中国文化に関する科目が置かれていたところにも特色がある[4]

学風および特色[編集]

  • 高等女学校の伝統を継承していることから、かつて女子のみの教育が行われてきたが、後に男女共学化された。
  • 国際交流が盛んに行われていた。
  • 1999年10月より放送大学との単位互換制度が開始された。

沿革[編集]

  • 1923年 羽衣高等女学校を母体として設立
  • 1964年 羽衣学園短期大学開学。
    • 文学科:学生数28[5]
    • 家政学科:学生数72[5]
  • 1968年 文学科を専攻分離。
    • 国文専攻
    • 英文専攻
  • 1983年 家政学科を専攻分離。
    • 被服専攻(1994年:服飾デザイン専攻に変更)
    • 食物専攻
  • 1986年 家政学科に家庭経営専攻が新設される。
  • 1996年 国際教養学科が増設される(在学者数は110[6]
  • 1999年 国際教養学科を国際コミュニケーション学科に、家政学科を人間生活学科にそれぞれ改称。後者の専攻別募集を中止し以下のコース制とする
    • 生活デザイン
    • 人間健康
    • 栄養クッキング
    • 生活経営
  • 同年度より秋期学生募集を開始。
  • 2000年 男子学生の募集が開始される。
  • 2004年度をもって学生募集を終える。以後、羽衣国際大学へ移行。
  • 2007年1月11日 正式廃止[3]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 大阪府堺市西区浜寺南町1-89-1

象徴[編集]

  • 羽衣学園短期大学のカレッジマークは学名通りトリの羽衣をイメージしたものとなっている。
  • 大学歌は安西冬樹が作詞・信時潔が作曲したものとなっていた。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 文学科[2]
    • 国文専攻[2]:「日本語・日本文化」・「中国語・中国文化」の各コースがあった。
    • 英文専攻[2]:「英語コミュニケーション」・「学ぶ英語文化、情報コース・幼児児童に英語教育するインストラクターを養成する児童英語教育コースがあった。
  • 家政学科→人間生活学科(人間栄養・生活経営・生活デザイン・栄養クッキングの各コースがあった)
    • 服飾デザイン専攻[1]
    • 食物専攻[1]
    • 家庭経営専攻[1]
  • 国際コミュニケーション学科[2]:「経営ビジネス」・「観光情報」の各コースがあった。

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

教職課程

附属機関[編集]

  • 国際関係総合研究所

研究[編集]

  • 『羽衣学園短期大学研究紀要』[7]

教育[編集]

  • 現代的教育ニーズ取組支援プログラム
    • ○○プロジェクト
  • 特色ある大学教育支援プログラム
    • ○○プロジェクト-->

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 羽衣学園短期大学の学園祭は「ENDLESS CARNIVAL」と呼ばれていた[8]

スポーツ[編集]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 1986年に国文学会が創設され、機関誌である『羽衣國文』が発刊された[10]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

アメリカ[編集]

中国[編集]

日本[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 1998年度入学生をもって学生募集を終了。
  2. ^ a b c d e f g h 2001年度入学生をもって学生募集を終了。
  3. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』285頁より。
  4. ^ a b c d e f g h i j k 2000年度入学生用小冊子より。
  5. ^ a b 昭和40年度版『全国学校総覧』(以下『全国学校総覧|総覧』と略す。)32頁より。
  6. ^ 1997年度版『総覧』83頁より。
  7. ^ CiNii雑誌-羽衣学園短期大学研究紀要-より
  8. ^ 『羽衣学園70年の歩み』100頁より。
  9. ^ a b 『羽衣学園70年の歩み』101頁より。
  10. ^ 『羽衣学園70年の歩み』72頁より。

関連項目[編集]

関連サイト[編集]