紀元前305年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世紀: 前5世紀 - 前4世紀 - 前3世紀
10年紀: 前320年代 前310年代 前300年代 前290年代 前280年代
: 前308年 前307年 前306年 紀元前305年 前304年 前303年 前302年

紀元前305年は、ローマ暦の年である。当時は、「ルキウス・ポストゥミウス・メゲッルス (en) とティベリウス・ミヌキウス・アウグリヌス (de) が共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元449年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世初期以降、この年は紀元前305年と表記されるのが一般的となった。

できごと[編集]

アレクサンドリアの大灯台、着工の年

エジプト[編集]

プトレマイオス1世の命により、アレクサンドリア港の突端にある人工島であるファロス島で、巨大な灯台の建造が始まる。完成は紀元前280年から紀元前247年の間。

メソポタミア[編集]

第四次ディアドコイ戦争の一局面。アンティゴノス1世の命で、息子のデメトリウス1世ロドス島への攻撃を開始。

ギリシア、マケドニア[編集]

ローマ[編集]

第2次サムニウム戦争末期の一局面。共和政ローマの執政官であるマルクス・フルウィウス・パエティヌス (en) とルキウス・ポストゥミウス・メゲッルスが、ボウィアヌム(現・ボヤーノ)でサムニウム軍を決定的に破る。

インド[編集]

中国[編集]

  • の後継者争いに敗れた公子荘は反対勢力を結集し、昭襄王魏冄に反乱を起こした(庶長荘の反乱、季君の乱)。この乱は魏冄らにすぐに鎮圧された。反乱を起こした武王の后はに追放され、昭襄王の兄弟で従わない者は全て滅ぼされた。この乱をきっかけに魏冄の権力はますます強まっていった。
  • 秦の樗里疾が、の蒲を攻めたが、胡衍の取りなしで包囲を解いた。引き返して魏の皮下を攻めたが、降伏しなかったので、引き上げた。
  • 武霊王が胡服騎射の改革の1年後、中山国を攻め、丹丘、爽陽、鴻之塞、鄗、石邑、封龍、東垣を取り、大きな成果を挙げる。中山国は4つのを差し出して和を請う。
道ならぬ恋に悩み、状態となって寝込んでしまったシリアの王子アンティオコス(中央左)を治療する名医エラシストラトス(左端)。彼は脳を研究し、大脳小脳を識別した。絵はジャック=ルイ・ダヴィッド作 『アンティオコスとストラトニケ』

誕生[編集]

死去[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]