紀元前378年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世紀: 前5世紀 - 前4世紀 - 前3世紀
10年紀: 前390年代 前380年代 前370年代 前360年代 前350年代
: 前381年 前380年 前379年 紀元前378年 前377年 前376年 前375年

紀元前378年は、ローマ暦の年である。当時は、「メドゥリヌス、フィデナス、ラナトゥス、シクルス、プルウイルス、マケリヌスが護民官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元376年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前378年と表記されるのが一般的となった。

できごと[編集]

ギリシア[編集]

シチリア[編集]

  • ディオニュシオス1世 (Dionysius I of Syracuse) の3度目の対カルタゴ戦争は、悲惨な成り行きとなった。クロニオン (Cronium) の戦いで壊滅的な敗北を喫したディオニュシオス1世は、賠償金として1000タレントの支払いと、ハリュコス川 (the Halycus River) 以西のカルタゴへの割譲を強いられた。

誕生[編集]

死亡[編集]

出典・脚注[編集]