ペロピダス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペロピダス(希:Πελοπίδας、ラテン文字転記:Pelopidas、? - 紀元前364年)は、古代テーバイの政治家、将軍である。

ペロピダスは裕福な名門の貴族の生まれであった。紀元前385年スパルタの対マンティネイア英語版戦にテーバイは援軍を送った時、その中にペロピダスとエパメイノンダスもいた。この戦いで彼らは危うく死にかけ、その時ペロピダスは傷を負ったが、親友のエパメイノンダスに助けられた。

覇権国スパルタからの危険を察したペロピダスは紀元前383年(382?)、祖国を離れ、アテナイに潜伏する。併合された祖国独立のための主導的な立場となり、紀元前379年、エパメイノンダスと共にスパルタ派の政敵を破り、テーバイをスパルタの軛より解き放ち、ギリシアの覇権国へ押し上げた。主にエパメイノンダスがテーバイの南のアテナイやスパルタを相手に戦ったのに対し(en:Battle of Tegyra)、ペロピダスはテッサリアなど北の敵と戦った。紀元前364年、彼はフェライ英語版の僭主アレクサンドロスとの戦い(キュノスケファライの戦い)、テーバイに勝利をもたらしたが、それと引き換えに討ち死にした。