キュノスケファライの戦い (紀元前364年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キュノスケファライの戦い
戦争
年月日紀元前364年
場所キュノスケファライ
結果:テバイの勝利
交戦勢力
テバイ テッサリア
指揮官
ペロピダス フェライのアレクサンドロス
戦力
重装歩兵7,000
騎兵300
傭兵若干名
テバイ軍の倍以上
損害
不明 戦死者3,000以上

キュノスケファライの戦い(英:Battle of Cynoscephalae)は紀元前364年ペロピダス指揮下のテバイ軍とフェライ僭主アレクサンドロス率いるテッサリア軍が戦った会戦である。

アレクサンドロスは勢力拡大を目論んで周辺諸国への侵略を行っており、テッサリアの国々はテバイに救援を求めた。そしてテバイからはペロピダス率いる軍が派遣された。

ペロピダスはかつてアレクサンドロスの元に無防備で交渉に行った時に捕えられ、それ以来アレクサンドロスを恨んでいた。ペロピダスはアレクサンドロスの姿を見つけるや否やアレクサンドロスめがけて突進したが、アレクサンドロスは味方の重装歩兵の後ろに隠れて逃げた。怒りに燃えたペロピダスはなおも彼を追ったため、深追いしすぎた。そして味方から孤立してしまい、敵の槍と矢を浴びて戦死した。しかし、この頃にはもはやテバイ軍の勝利が確定しつつあり、戦いはテバイの勝利に終わった。

この戦いも後もテバイはアレクサンドロスと戦い、最終的に征服地の返還とボイオティア連合への加盟、つまりテバイの従属的な同盟国になることを強いた。

参考文献[編集]