紀元前382年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世紀: 前5世紀 - 前4世紀 - 前3世紀
10年紀: 前390年代 前380年代 前370年代 前360年代 前350年代
: 前385年 前384年 前383年 紀元前382年 前381年 前380年 前379年

紀元前382年は、ローマ暦の年である。当時は、「クラッスス、ムギラヌス、コルネリウス、フィデナス、カメリヌス、マメルキヌスが護民官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元372年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前382年と表記されるのが一般的となった。

できごと[編集]

ギリシア[編集]

  • テーバイの将軍で政治家であったペロピダスは、アテナイに逃れ、スパルタの支配からテーバイを解放する活動を率いるようになった。
  • 前年のテーバイの占拠の際に、承認なく独走したしたことを咎められ、ポイビダスは指揮官を解任されたが、スパルタは引き続き、テーバイを確保し続けた。スパルタ王アゲシラオス2世は、ポイビダスの行動はスパルタに利益をもたらしたのであり、行動は国に利益をもたらすか否かで判断すべきだとして、ポイビダスを罰することに反対した[1]

誕生[編集]

死亡[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Fine, John V.A. The Ancient Greeks: A critical history (Harvard University Press, 1983) ISBN 0-674-03314-0