立命館守山中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
立命館守山中学校・高等学校
Ritsumeikan Moriyama High School.jpg
過去の名称 南井裁縫教室
守山町立守山高等裁縫学校
守山町立守山女子高等学校
守山市立守山女子高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人立命館
設立年月日 1931年(高校)
2007年(中学校)
創立者 南井龍太郎
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 25140C
所在地 524-0041
滋賀県守山市三宅町250
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

立命館守山中学校・高等学校(りつめいかんもりやまちゅうがっこう・こうとうがっこう、Ritsumeikan Moriyama Junior and Senior High School)は、滋賀県守山市三宅町に所在する私立中学校高等学校。通称は「立守」(りつもり)など。

沿革[編集]

  • 1931年 - 呉服店主南井龍太郎により私塾南井裁縫教室が設立。
  • 1951年 - 守山町移管に伴い守山町立守山高等裁縫学校となる。
  • 1959年 - 高等学校昇格に伴い守山町立守山女子高等学校となる。
  • 1970年 - 市制施行に伴い守山市立守山女子高等学校と改称。
  • 2006年 - 学校設置者が守山市から学校法人立命館へ移管され、立命館守山高等学校として開校。以前は女子高であったが、移管とともに普通科を設置し男女共学となった。また開校と同時に文部科学省スーパーサイエンスハイスクールに指定された。
  • 2007年 - 立命館守山中学校(男女共学)が開校し、中高大一貫教育の学校となった。またその際に、平安女学院旧びわ湖守山キャンパス跡地を改修整備した新キャンパスへ校舎を移転した。

開校経緯[編集]

立命館守山高等学校は、守山市立守山女子高等学校を守山市から学校法人立命館に移管する形で開校された。公立学校が私立学校法人に移管される事はほとんど例のないことであるが、移管前の守山女子高校は、市立学校であるにも関わらず生徒の大半が市外から通学していた点、定員割れが続いていた点、毎年約5億円の経費に加えて老朽化した校舎の改築が必要であった点などを抱えており、これらの問題が移管を進めるきっかけとなった。

守山市と立命館が交渉を進める中、学校経営移管について学校内部関係者に公表・説明される以前に一部マスコミに情報が流れた。そのため、一部の生徒や教職員、PTAなどから批判が上がり、一部市民による反対運動も展開されるなどの事態が生じたが、開校が近づくにつれ沈静化した(反対団体が守山市に監査請求を行ったが却下されている)。

地元商店街では開校を祝うペナントも掲げられ、平安女学院大学撤退後、地元関係者らは街の活性化に期待を寄せた。移行期には、女子高からの生徒と立命館となってからの生徒が混在していたが、クラブ活動や生徒会・学校行事等は学校全体で行われていたほか、女子高の最後の生徒として2006年3月に卒業した3年生には大学側が就職希望者への支援を行い、就職率100%を達成した。

なお、高校移転と中学校開校を控えていた旧平安女学院大学守山キャンパスについては、同大学の学生が「平安女学院大学びわ湖守山キャンパス就学権確認訴訟」を起こし、平安女学院を訴えている。その中でごく一部の者が、平安女学院のキャンパス跡地利用問題と絡めて立命館への批判も強めていたが、最高裁において「不受理決定」となり、この訴訟は終了している。

校風[編集]

基本的には、立命館学園の共通の教学理念である、「平和と民主主義」に基づく教育がなされている。

SSHの取り組み[編集]

サイエンスグランプリ 日常で感じる疑問や水環境について(守山市が琵琶湖沿岸に位置することから)生徒の自主性によってなされる取り組み。課題研究の高等版のようなもの。研究内容は自然科学に限定されない。略称:SG 2009年度はサイエンスリサーチという名目で2年生のみに実施された。

過去の設置学科[編集]

  • 情報ビジネス科、生活総合科、英語科(前身の守山女子高等学校の設置学科。2007年度をもって全生徒が卒業)

系列校[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]