出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
天秤ばかり
ばねばかり
電子吊りばかり

(はかり、英語:weighing scale、scale、scales)とは、物の重さ質量を測定する器具道具)である。重さや質量を測るための道具であるが、同時に密度が一定の物質の場合は、そこから体積計算によって求めることも可能な道具である。

一般的に秤には天秤ばかり(balance)とばねばかり(spring balance)の二つに分けられるが、そもそも両者は「何を測るか」が異なる。天秤ばかりはてこ重りを利用することで、重力の大きさに影響されずに「質量」を測定するものであるし、ばねばかりはばねの伸び具合(→弾性)によって「重さ」を測定するものである。重さと質量の違いについては、質量を参照。

天秤ばかりは安定状態に落ち着くまでにやや手間が掛かるほか、装置も総じて大きくなる傾向がある。このため重力が一定の環境下では、多少の誤差はあるものの、扱い易いばねばかりの方が広く使われている。ばねばかりでは、機械要素としての金属ばねを用いる方法(コイルスプリングまたは板ばね)の他、ゴムなどの弾力性のある素材が使われることもあるが、無理な過重をかけると金属ばねは変形したり破損するほか、ゴムでは断裂するほかゴムそのものが経年変化で劣化すると誤差が拡大する。また近年では圧電素子や圧力を加えると電気抵抗が変化する電気伝導素材などを使って電気的に計測する方法も利用され、電子吊りばかりなどの機器も出回っている。

誤差の要素[編集]

これらの秤は、単に重量や質量を計測するというだけではなく、その計測した結果を元に取り引き(商業)が行われることもある。その点で売り買いの公平性を期すために、秤の正確性は重要である。しかし機械装置である以上は向き・不向きがあり、こういった問題点は様々に改良されているが、依然として根本的な解決には至っていない。

誤差の要素として、ばねばかりが過負荷によって弾性が損なわれるなどして正確性が失われるのは先に述べたとおりだが、その一方で天秤ばかりも必ずしも常に正確だとは限らない。特に計測する物品に浮力が掛かる環境下では、天秤ばかりの片方に載せた原器と計測対象に掛かる浮力に違いがある場合に、正確性が損なわれる。これが固体同士であればほぼ無視できるほどの誤差であるが、容器に充填された気体の場合は大気の元で計測しても無視し難い誤差が発生する。例えば空気中にある天秤の片方に気体ヘリウムの詰まった風船を載せ、もう片方に中身の無い風船と原器を載せても、風船中の気体ヘリウムの質量を測ることはできない(風船が浮力により浮き上がってしまうため)。この浮力の問題は、ばねばかりでも同様である。

また正確に計測する上では、設計されたとおりの使用方法で利用する必要がある。例えば水平ではない状況で天秤ばかりを使っても正確には図れないし、平面に置いた計測対象の横にばねばかりを繋いで牽引しても、平面と計測対象との間に働く摩擦力しか測れない。また計測対象を運動させる他の力(磁力など)がある場合にも、正確には測れない。当然ながら、振動の激しい環境でも秤の状態が安定せず、測れない。

秤に関連する事象[編集]

秤は古くから商業で用いられ、公平性の象徴にも扱われる。裁判所の象徴は、天秤およびこれを掲げた女神(正義の女神・剣も携える)であるが、これはの適用に関しての公平性を象徴している。

日本の秤[編集]

日本では室町時代から戦国時代にかけて商業の発達により秤が用いられるように成り、商人・職人組織である座の発達や戦国大名など地域権力による度量衡の統一により秤座が見られるようになった。江戸時代には江戸幕府による統一政策の一環として承応2年(1653年)に江戸の守随家と京都の神家の両秤座に東西の諸国における秤の制作・販売・修補の特権を与えた。江戸期には貨幣経済の浸透により地方においても秤座が展開した。

関連項目[編集]